救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 信者の受けるバプテスマと、イエス・キリストのバプテスマと死・よみがえりとの関係を説明してください。
  • まず第一に、ヘブル人への手紙第 6 章 2 節に記されている「きよめの洗いについての教え」を見る必要があります。聖書によると、バプテスマには三種類あります。バプテスマのヨハネが授けた悔い改めのためのバプテスマ、イエスがバプテスマのヨハネから受けられたバプテスマ、そして、信者の儀式としての水のバプテスマです。

    信者の受けるバプテスマは、イエスのバプテスマへの信仰の告白です。つまり、イエスが人類の罪をすべて取り除くためにバプテスマをお受けになり、また、それらの罪を贖うために十字架上で死なれたことを信じるという信仰を告白するためにバプテスマを受けているのです。さて、マタイの福音書第 3 章 15 節にある「今はそうさせてもらいたい。このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです」が理解できるでしょう。ここで「このように」とは、全人類の代表であるバプテスマのヨハネからバプテスマを授けられることによって、イエスご自身が世の罪をすべて負われることを意味しています。

    これは、不可避の罪の罠から人類をお救いになろうという、神の深いご計画でした。神であられる主は、「私たちのすべての咎を彼に負わせ」 (イザヤ 53:6) て、人類に義をお与えくださいました。ここで「」とは、ギリシャ語で「公正さと正義」を意味する「dikaiosune」です。ここから、イエスが手を置くという形でバプテスマを受けられて、全人類の咎を最も公正で正しい方法で負われたことがわかります。

    聖徒は、イエスのバプテスマ、十字架上での死、そしてよみがえりへの深い信仰によって救われています。罪を人類の心から切り離したイエスのバプテスマの霊的割礼 (ローマ 2:29) の力が、心から罪を洗い流したのです。ですから、使徒ペテロは聖霊降臨祭の日、人々に「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう」(使徒 2:38) と言いました。

    すべての罪人は、イエスの名を信じて心に罪の赦しを受けなければなりません。イエスの名は、どういう意味でしょう? 「その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」(マタイ 1:21) イエスという名は、ご自分の民をその罪のすべてから救ってくださる「救い主」という意味です。主は、どのようにして人類をすべての罪から救われたのでしょう? 主は、バプテスマと十字架上での死によって、人類をすべての罪から救われました。

    イエス・キリストの使徒たちが福音を説いたとき、彼らはイエスのバプテスマと十字架とをよく理解させるようにし、真の福音を教え、それから、信じた人々にバプテスマを施しました。同様に、聖徒はイエスのバプテスマと死とを心に深く信じると、公に告白するためにバプテスマを受けるのです。バプテスマを受けるとき、信者は、「主よ、ありがとうございます。あなたはバプテスマによって私の罪をすべて被られ、私に代わって死なれ、お救いくださるためによみがえられました。あなたの福音を信じます」と告白します。聖徒は、イエスのバプテスマと十字架上の死への信仰の象徴として、イエスがバプテスマのヨハネからバプテスマをお受けになったのと同じように、聖職者から水の中でバプテスマを授けられました。ですから、初期の教会の聖徒は福音への信仰を告白し、罪の赦し、贖いを受けた後で、信仰のあかしとしてバプテスマを受けたのです。

    バプテスマの儀式は、救われるために必要な条件ではありません。信仰を明確にする点ではとても重要ですが、水のバプテスマは救済とは関係がありません。人は、水と血の福音を信じることによってのみ救われるのです。聖書は、イエスのバプテスマを信じたとき、人はイエス・キリストにバプテスマによってつけられると告げています (ローマ 6:3;ガラテヤ 3:27)。

    では、人はどうしてバプテスマによってキリストにつくのでしょう? これは、イエスのバプテスマを信じたときにのみ可能になります。肉、古い自分がイエスにつき、ともに十字架につけられるのは、バプテスマへの信仰によってのみ可能になるためです。したがって、イエスはバプテスマによって人類の罪をすべて被られたのですから、その死は人類の不正に対する裁きであったのです。ですから、私たちもまた十字架上でイエスとともに死んだのです。つまり、死ぬまで罪を犯さざるを得ない肉が罪に対して死に、イエスのバプテスマによってイエスと結ばれて、すべての不正から救われているのです。

    イエスのバプテスマと死によってイエスにつく者とされた人々はまた、よみがえりにも結ばれています。イエスのよみがえりは、人間にとっては罪に対する死からのよみがえりであるばかりではなく、これはまた、神の子供、神の前に純粋で罪のない聖化された者として新たに生まれることを可能にしたのです。

    イエスのバプテスマを信じないで、罪をその上に移していないなら、イエスの死とよみがえりは人類の救済には無関係であり、無意味だったでしょう。信仰によって罪のすべてをイエスの上に置いた人々は、十字架上の死をイエスとともにし、それによって、義人として新たに生まれることが可能になったのです。しかしながら、イエスのバプテスマを信じず、罪をイエスの上に置かなかった人々は、イエスの死とよみがえりには何ら関わりがありません。

    信者のバプテスマは、婚姻の儀式によって夫と妻を法的な夫婦と認めるのと同じ程度に信頼できるものです。聖徒のバプテスマは、そうした内の信条を公に告げるものです。神・聖徒、それに世界の前でイエスのバプテスマと十字架への信仰を告げるとき、信仰はさらに堅くなります。

    イエスがバプテスマのヨハネから授けられたバプテスマの真の意味を誤解して、イエスのバプテスマとその意味するところを信じなくても救われると思い込むことがあってはなりません。これは、悪魔の狡猾な計略に過ぎません。自身のバプテスマを信じるのではなく、イエスのバプテスマを心で深く信じることによって、人は罪の赦しを受け、天国に迎えられるのです。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.