救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 毎日罪を犯しているのに、どうして自分は義人だと言えるのですか?
  • 人間は、誕生したその瞬間から死ぬまで罪を犯し続けます。実際、これは人間の本質のためなのです。人間は、そもそも罪を犯すようにできているです。ですから、聖書には「義人はいない。ひとりもいない」(ローマ 3:10) とあるのです。使徒パウロが神の前で「『キリスト・イエスは、罪人を救うためにこの世に来られた。』ということばは、まことであり、そのまま受け入れるに値するものです」(テモテI 1:15) と告白したのは、このためです。

    しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によってあかしされて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。」(ローマ 3:21-24)

    この神の「」とは、バプテスマのヨハネがヨルダン川でイエスにバプテスマを授けたということです。イエスはバプテスマをお受けになったとき、ヨハネにおっしゃいました。「今はそうさせてもらいたい。このようにしてすべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです。」(マタイ 3:15) 全人類の代表であるバプテスマのヨハネからバプテスマをお受けになったとき、イエスは最も正しく公正な方法で世の罪を被られました。ヨハネはイエスにバプテスマを授けた翌日、言いました。「見よ。世の罪を取り除く神の小羊。」(ヨハネ 1:29)

    では、ここでいう「世の罪」とは、どういう意味でしょう? これは、この地上の最初の人間アダムとイブからこの世界に生きる最後の人間に至る全人類の罪のすべてを指しています。過去の人々は世に属していました。現在の人々は世に属しています。そして、未来に生きる人々もまた、世の一部です。アルファでありオメガであられるイエスは、ヨルダン川でのバプテスマによって世の罪をすべて一度で永遠に負われ、十字架上で死なれて、過去・現在・未来の罪のために一つのいけにえをささげられたのです。そして「このように」、人類は聖められたのです。

    聖書は、「このみこころに従って、イエス・キリストのからだが、ただ一度だけささげられたことにより、私たちは聖なるものとされているのです」(ヘブル 10:10) と明確に告げています。ここは現在完了形が用いられています。神を信じたその瞬間から、人類は完全に聖化され、罪がなくなり、その状態が続くのです。主は万物の支配者であられる神ですから、世界の初めと終わりを鳥瞰なさいます。イエスがバプテスマをお受けになったのは二千年ほど前のことですが、人類が世の初めから終わりまでに犯す罪のすべてを取り除かれたのです。ですから、十字架上で死なれる前に「完了した」(ヨハネ 19:30) とおっしゃったのです。イエスは二千年ほど前に世の罪をすべて取り除かれ、それを洗い流すために十字架上で死なれました。

    肉が弱いために、人間は救われた後でもまだ罪を犯します。しかしながら、イエスはバプテスマによってすべての罪を被られ、そうして負われた罪のために十字架上で裁かれて人類の過去・現在・未来の罪のすべてを贖われたのです。これが、完全で正しい神の救済です。

    罪から来る報酬は死です」(ローマ 6:23) から、人間が未来に犯す罪を取り除いてくださらなければ、誰一人すべての罪を贖われることができなかったでしょう。ヤコブとエサウがまだ母親の胎内にいて、まだ良いことも悪いこともしていないうちに、神は二人を二つの国に分けられ、ヤコブを愛してエサウを憎まれ、「兄が弟に仕える」(創世記 25:23) とおっしゃいました。この部分は、神の救済は人間の行ないとは全く関わりのないもので、神の完全な救済、バプテスマと磔刑を信じる者に与えられることを示しています。

    私たち人間は、生まれた瞬間から死ぬその時まで罪深い存在として地獄に定められているのですが、神は一目で人類の罪を予見なさり、人類を愛していおられるために、イエスのバプテスマと十字架とによって罪のすべてを一度で永遠に洗い流されたのです。私たちは恵まれた時に生きています。預言者イザヤは、「エルサレムに優しく語りかけよ。これに呼びかけよ。その労苦は終わり、その咎は償われた。そのすべての罪に引き替え、二倍のものを主の手から受けたと。」(イザヤ 40:2) 言いました。罪への隷属の時は、イエスのバプテスマと十字架の福音によって終わりました。ですから、福音を信じる者は誰でも、すべての罪から救われることができるのです。「『それらの日の後、わたしが、彼らと結ぼうとしている契約は、これであると、主は言われる。わたしは、わたしの律法を彼らの心に置き、彼らの思いに書きつける。』またこう言われます。『わたしは、もはや決して彼らの罪と不法とを思い出すことはしない』 これらのことが赦されるところでは、罪のためのささげ物はもはや無用です。」(ヘブル 10:16-18)

    神は、もはや日々の罪によっては人間を裁かれません。すでにイエスによって人類の罪をすべて洗い流され、裁いておいでだからです。

    その結果、聖徒は生きていくうえで罪を犯してはいても、罪のない義人として主の再臨を待ち、みことばに従うことができるのです。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.