救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • ヨハネによる悔い改めのバプテスマとは、何ですか?
  • バプテスマのヨハネは神のしもべで、イエスより六ヶ月早く生まれ、マラキ書では旧約最後の預言者となると預言されています。

    あなたがたは、わたしのしもべモーセの律法を記憶せよ。それは、ホレブで、イスラエル全体のために、わたしが彼に命じたおきてと定めである。見よ。わたしは、主の大いなる恐ろしい日が来る前に、預言者エリヤをあなたがたに遣わす。彼は、父の心を子に向けさせ、子の心をその父に向けさせる。それは、わたしが来て、のろいでこの地を打ち滅ぼさないためだ。」(マラキ書 4:4-6)

    イエスが誕生なさったころ、イスラエル人は神の契約のみことばを放棄し、異国の神々を拝んでいました。彼らは盲目で傷のある動物をいけにえとしてささげ、神殿を商売の場所にしていました。イエス・キリストもまた、モーセの律法と預言者たちによって予言されています。律法は人類に罪の知識を与え、自身がどんなに罪深い存在であるかを示すのです (ローマ 3:20)。律法に記されている法のただ一つにでも従わないことは、罪です。

    旧約では、律法の条項のどれかにそむいた罪人は、罪のためのいけにえを幕屋の前に連れて来て、両手をその動物の頭に置いて罪を移し、それからそれを殺すことによって罪を赦され、再び神と結ばれたのです。祭司はその血の一部を取り、それを全焼のいけにえの祭壇の角に塗り、残りは全部、祭壇の土台に注ぎました。

    しかしながら、イスラエル人は、日々無数のささげ物をしてもすべての罪から救われることはできませんでした。そこで、神は彼らのために永遠の法として、贖いの日を定められました。第七の月の十日に、神は人々の一年の罪を赦されるのです。その日、大祭司アロンは二頭の山羊を取り、山羊のためにくじを引きました。一つのくじは主のため、もう一つのくじはアザゼルのためでした。それから、主のための山羊の頭に手を置いて、イスラエル人の一年分の罪をすべてその上に移しました。その後でアロンはその山羊を殺し、血をとって『贖いのふた』の前に七回まきました。

    聖所での贖いを済ませると、もう一頭の山羊をささげました。生きている山羊の頭に手を置き、イスラエル人の一年の罪をすべて告白しました。この方法によって、一年分の罪はすべてその上に移されました。山羊は係の者によって荒野に放たれます。イスラエル人は、このようにして一年の罪を贖われました。

    しかしながら、旧約の律法に基づいてささげられたいけにえでは、毎年いけにえをささげ続ける人々を完全にすることはできませんでした。これは、やがて来る良いもの、救世主の正しい行ないの影にすぎませんでした (ヘブル 10:1)。イスラエル人は、救い主イエス・キリストを待ちませんでした。それどころか、彼らは旧約の預言者たちのことばを放棄し、異国の罪深い世の神々を拝みました。

    そこで、神はイスラエル人の心を元通りにして自分のもとに戻らせ、イエス・キリストを迎えるように心を備えるために、バプテスマのヨハネを遣わすと予言なさったのです。バプテスマのヨハネは、イエスにバプテスマを授ける前、ユダの荒野でイスラエル人に悔い改めのバプテスマを授けました。

    ヨハネが人々に水でバプテスマを授けたのは、イエスを待って信じるように導くためでした。救い主は、世の罪をすべて取り除くために手を置く方法によってバプテスマを授けられ、それから人々をすべての罪から救うために十字架につけられるであろうことを教えました。ヨハネは、イエスが現われて、過去の不完全ないけにえを廃止なさり、ご自分のからだで永遠のいけにえをささげる、つまり、イスラエル人が旧約のいけにえの制度に従って、傷のない罪のためのいけにえを連れてきて手をその上に置き、それを殺すことによって贖われたように、イエスは人類の罪のすべてをバプテスマによって被られると教えました。

    多数のイスラエル人が罪を告白し、悔い改め、バプテスマを授けられました。「悔い改め」とは、「心を主に戻す」という意味です。旧約の律法を思い出して、人々はヨハネの所に来ると、自分たちは死ぬまで罪を犯し続けるしかない、どうしようもない罪人であると告白しました。彼らはまた、律法に従った良い行ないによっては天の御国に入ることはできないと告白し、罪を一度で永遠に罪を拭い去って天の御国の門を開かれるイエス・キリストに心を戻しました。

    バプテスマのヨハネがイスラエル人に与えたバプテスマは、次のようなものでした。ヨハネは人々に、生活の中でどれだけの罪を犯したかを告白させ、悔い改めさせ、やがて大祭司でありまた全人類の代表である自分から他の人々と同じようにバプテスマを受けられ、人々をすべての罪からお救いになるために十字架につけられるイエス・キリストを待たせました。これが聖書に記された真の悔い改めです。

    ですから、ヨハネは人々に告げました。「私は、あなたがたが悔い改めるために水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力のある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値うちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と火のバプテスマをお授けになります。」(マタイ 3:11)

    バプテスマのヨハネは、人々の心をイエスへと向け、イエスが世の罪のすべてを取り除かれ (ヨハネ 1:29)、彼らの身代わりとなって死なれるとあかししました。ですから、イエスご自身は、ヨハネが人々に正しい道を示すために来たのだとあかしなさいました。(マタイ 21:32)

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.