救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 救われるためには十字架とともにイエスのバプテスマをも信じなければなりませんか?
  • イエスのバプテスマを信じなければ、あなたの心には罪があることでしょう。使徒ヨハネは「もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちに、ありません」(ヨハネI 1:8) と言いました。イエスのバプテスマを信じていないために実際は罪がありながら、自分には罪がないと言うのなら、それは自らの良心を欺くことであり、真理が内にない証拠なのです。救われたという確信は、イエスのバプテスマと十字架とを信じて罪の赦しと贈り物としての御霊を受けて、心に生じます。

    使徒パウロは、「もう一つ別に福音があるのではありません。」(ガラテヤ 1:7) と言いました。使徒たちがイエスから受けた水と御霊の福音以外には、人類をすべての罪から救うものはないのです。使徒たちの説いた水と御霊の福音を信じないのなら、必ずや、まだ心に罪があるのです。

    まだ罪をもちながら、どうして救済に確信をもって生きることができるでしょう? まだ新たに生まれていないキリスト教徒は神の前でよい行ないをしたときには救われるものと信じて喜びに満ちているのですが、何か深刻な罪を犯したときには確信をもてず、内心罪の重荷のために恐れているのです。これは、自分なりの考えや感情に基づいたにせの救済で、神から生じたものではありません。こうした人々は、徐々に聖化され、容易に揺らぐ救済を確保するために、毎日罪の悔い改めの祈りをささげがちです。

    この誤った救済を信じている人々は、聖らかな生活を維持し、毎日神に赦しを願い、行ないにおいて律法に従っていれば、いつかは完全に救われるものと考えます。それでも、イエスのバプテスマへの信仰によって自分の罪をイエスの上に置いていないのなら、その人たちは、まだ罪人なのです。

    神のなさった救済は、イエスがヨルダン川でヨハネから授けられたバプテスマによって世の罪をすべて取り除かれて十字架上で消されたという、完全な救済です。

    ですから、使徒ヨハネは、「もし、私たちが自分の罪を言い表わすなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」(ヨハネI 1:9) と言いました。水と御霊の福音を知らずに、それよってすべての罪を赦されていないのであれば、主の前で、自分は主を信じてはいるけれどまだ罪人であり、罪のために地獄に行く定めにあるのだと告白しなければなりません。これが、ほんとうに罪を告白するということです。罪はどんない些細なものであろうと、水と御霊の福音なしには洗い流すことができません。今示したように告白するなら、水と御霊の福音はただちにその人の罪をすべて洗い流し、義人とするのです。

    今は恵みの時です (コリントII 6:2)。イエスのバプテスマと十字架について聞き、信じる人は誰でもすべての罪から救われ、義人となり、主がいつ来られても、自分はすでに天の御国に入る用意ができていると深く信じることができるのです。真の福音以外の教義・理論への信仰では、人をすべての罪から救うことができません。そうしたものは、単に悪魔が人類の頭に入れたずる賢いまやかしにすぎません。人は水と御霊の福音に戻り、心の中の罪の真の救済を受けなければなりません。これは、主とそのみわざとを愛することです。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.