救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 「水と御霊」に関するあなたの解釈が正しいのなら、十字架上の盗賊救済はあり得なかったでしょう。十字架上の盗賊が例外とみなされるなら、神は公正ではありません。なぜなら天国に入るための規則をご自分で曲げておられるからです。十字架につけられた盗賊の救済をどう説明なさいますか?
  • 当時、ユダヤ人はみな予言された救世主を待っていました。ですから、神がモーセを通して与えられた「律法といけにえの制度」を他の誰よりもよく知っていました。彼らは、救世主は神の贖いの律法に基づいて来られ、自分たちをすべての罪から解放してくれると信じていました。

    しかしながら、彼らはバプテスマのヨハネによるイエスのバプテスマが神からのもので、世の罪のすべてをイエスの上に移すためのものである (マルコ 11:27) とは信じず、イエスは人々を惑わす者であるとして十字架につけたのです。

    ローマ人は、ローマの法によって、鞭打たれたり十字架につけられたりすることがありませんでした (使徒 22:25-29, 23:27) から、十字架上の盗賊はローマ人ではなくユダヤ人であったことがわかります。また、その「イエスさま、あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」(ルカ23:42) ということばから、彼らが神を恐れたユダヤ人であったことがわかります。ユダヤ人の盗賊はすでに、神がモーセに与えられた律法といけにえの制度を知っていました。ですから、彼は、救世主が神の贖いの律法に基づいて来られると信じていました。

    神のもとに来た者は、自分は罪人であり、罪のために地獄に行かなければならないのだと告白しなければなりません。盗賊は、「われわれは、自分のしたことの報いを受けているのだからあたりまえだ」(ルカ 23:41) と言って、自身の罪を告白しました。また、その「イエスさま、あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」(ルカ23:42) ということばから、彼が神を恐れていたこと、天の御国に入ることを願っていたことがわかります。

    彼は、「だがこの方は、悪いことは何もしなかったのだ」(ルカ23:41) と言いました。盗賊は、イエスのなさったことの何を知っていたでしょう? 彼は、イエスが御霊によって孕まれ、処女マリヤから生まれ、全人類の代表であるバプテスマのヨハネからバプテスマを授けられて世の罪をすべて取り除かれ、十字架につけられたと信じていました。彼は、地上での行ないの報いとして十字架につけられてはいても、イエスが自分を含めてすべての人々のために何をなさったかを信じたユダヤ人でした。

    ヨハネのバプテスマによって罪を告白した人々は、バプテスマによって自分たちの罪がイエスの上に移されると聞いて、神の義を認めました。しかしながら、ヨハネの悔い改めのバプテスマを受けなかった人々は、イエスのバプテスマも信じなかったために、神のみこころを拒みました (ルカ7:28-30)。

    それに対して、救われた盗賊は、イエスのなさったことがすべてふさわしく正しいと告白しました。他のユダヤ人はそうしませんでした。盗賊は、人々の間で確信されていたこと (ルカ 1:1) すべてを聞いたユダヤ人の一人だったのでしょう。盗賊が、イエスが義で、予言された救世主であるとついに言うことができたのは、イエスがバプテスマによって自分の罪をすべて取り除かれたのだと、十字架上で信じるようになったためです。そこで、彼は救われました。彼はまた、水と御霊の福音を信じて救われました。神は正しい方ですから、いのちの御霊の原理に則ってイエスのバプテスマと十字架を信じる者を救われます。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.