救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 私はイエスを信じていて、完全に罪を赦されていると思います。内に御霊が宿っておられるとも信じています。救われた人は神の宿られる宮であるとされています。道を誤って罪を犯すたびに御霊が私を非難なさり、赦しを受けるために罪を告白する助けをして神との関係を新たにしてくださいます。もしそうしなければ、神から罰されると教えられました。罪を犯すたびに、その罪を告白してはじめて御霊は内に宿られるというのは、ほんとうにそうなのですか?
  • いいえ、そうではありません。御霊は、人間が何か良いことをしたから来られるというようなことはありません。つまり、人間の意思や願いには関わりがないのです。では、どうすれば御霊を受けることができるのでしょう。御霊は、その人が罪を告白して赦されたからといって宿られるのではありません。御霊は、人が水と御霊の福音を信じて罪の赦しを受けると、永遠にその人の内に宿られるのです。御霊は、ごくわずかでも罪のある人の内には宿られません。

    しかしながら、罪を告白して赦しを乞うなら御霊は宿られるのであり、そうしなければ宿られないと考える人が大勢います。これは、まったくの誤りです。聖書は、五旬節の日に御霊が使徒たちの上に来られたとしています。しかし、よろしいですか、使徒たちが御霊を受けたのは祈りによってではなく、水と御霊の福音を信じるようになって罪を赦されたためなのです。

    御霊は神の霊です。御霊は罪の赦しを受けて聖化された義人に来られるのです。聖書で、「聖い」というのは「罪がない」ということだとしているのは、どういうことでしょう。違反を犯すたびに告白し、赦しを祈って罪を取り除くことは、神の目には完全な赦しではありません。神の前で一つ残らず罪を告白することができるなどと、誰が言えるでしょう。

    イエスは神の人類救済のご計画にしたがってヨハネからバプテスマをお受けになり、十字架上で血を流されたと信じる者だけが、完全な罪の赦しと御霊とを賜物として神から受けるのです。それなのに、自分なりの努力によって御霊を受けようとする人々が多いのは、心に完全な罪の赦しを受けていないためです。

    真の御霊は、告白によっては来られません。人が水と御霊の福音を信じて罪をすべて赦されたとき、御霊は自動的にその人のところに来られます。これが、神の前に御霊を受けるための信仰の肝要な要素なのです。
    御霊は、人間の側のどんな努力や行ないによっても来られません。御霊は、人が水と御霊の福音を信じて罪を完全に赦されたときに来られるのです。聖徒は、二千年ほど前にイエスがヨルダン川でヨハネから授けられたバプテスマによって世の罪をすべて被られたと信じて、すべての罪を赦されています。御霊は、こうした信仰を表明した者の内にだけ宿られます。
    御霊は心に罪のある者の内には宿られません。これが真理です。真の福音への信仰の代わりに、罪を犯すたびに告白して御霊を求めるのなら、その人はけっして御霊を受けることができません。これは、そうした行ないが、イエスを信じてはいてもまだ心に罪があることを示しているためです。

    サタンが人間を滅びに定めました。ローマ人への手紙第 8 章 1 節には、「こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません」と記されています。
    確かに罪の赦しと御霊とを受けたと主張したとしても、水と御霊の福音を信じて罪をすべて赦されていないのなら、罪は心に残っています。御霊を受けるためには、水と御霊の福音について正確に知っていなければならないのは、このためです。水と御霊の福音についてもっと詳しくお知りになりたければ、Paul C. Jong の第一巻、『水と聖霊によって新たに生まれる祝福』をお読みください。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.