救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 両親は、結婚する前からボーンアゲイン・クリスチャンだったと言っていました。また、私は生まれたときから信者だったのです。御霊は生まれたときから内にあるのだと思っていました。しかしながら、御霊の宿ることについて聖書に基づいた知識がないために、迷っています。御霊は、ほんとうに水と御霊によって新たに生まれた者にだけ来られるのですか?
  • はい、そうです。御霊を受けるためには、誰もが水と御霊の福音を信じて罪を赦されなければなりません。聖書は、「水」が救済の型であるとしています(ペテロI 3:21)。ここで水は、イエスがヨハネから授けられたバプテスマを指しています(マタイ 3:15)。 第一に、御霊を受けるには、誰もがイエスのバプテスマの意味を知って罪をすべて赦されなければなりません。ガラテヤ人への手紙第 3 章 27 節には、「バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです」とあります。ここで、「バプテスマを受けてキリストにつく者とされた」というのは、信者の受ける水のバプテスマのことではなく、イエスがヨハネから授けられたバプテスマの理由を理解し、信じて罪の赦しを受けたことを意味しています。

    人間は誰もが罪深い体をもって生まれています。ローマ人への手紙第 5 章 12 節には、「そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界にはいり、罪によって死がはいり、こうして死が全人類に広がったのと同様に、──それというのも全人類が罪を犯したからです」とあります。全世界の人間はアダムとイブから罪を相続し、生まれながらに罪人です。

    ですから、詩篇第 51 章 5 節には、「ああ、私は咎ある者として生まれ、罪ある者として母は私をみごもりました」と記されています。イザヤ書第 1 章 4 節には、「ああ、罪を犯す国、咎重き民、悪を行なう者どもの子孫、堕落した子ら」と記されています。人間は、生まれたその日から罪の種をもっています。この世の人はみな、両親から罪を受け継ぎ、罪人としてこの世に生まれています。つまり、肉は生涯罪の実を結ぶ定めにあるのです。

    したがって、誰かの両親がボーンアゲイン・クリスチャンなら、その子供もまた御霊を受けると考えるのは、軽率で迷信的な信仰にすぎないのです。こうした信仰をもつ人は、自分の考えによって御霊を受けようとしますが、そのような信仰によっては御霊は宿られません。

    ですから、イエスがくださった水と御霊の福音を誰もが信じなければならないのです。御霊は神からの賜物なのですから、これが御霊を受ける唯一の道なのです。神のひとり子であられるイエス・キリストは、ヨハネからバプテスマをお受けになって世の罪をすべて被られ、十字架上で裁かれて、そのことを信じる者全員を義人になさいました。これは神の人類についてのご計画であり、神は、みこころにしたがって信じる者に御霊をくださいました。

    この世の誰もが罪をもってこの世に生まれます。ですから、水と御霊の福音を信じて罪の赦しを受け、聖化されてはじめて、賜物として御霊を受けるのです。ですから、人はみな、水と御霊によって新たに生まれてはじめて御霊が来られると知り、信じなければなりません。

    何らかの条件によって、あるいは努力をしたからといって、御霊は来られません。御霊の宿られることは、約束をなさったお方の誠実さによることなのです。つまり、人間の側の行ないや霊的成長によって御霊が来られるのではないのです。御霊の宿られることは、信仰により、神のみこころによって受けるものです。

    みこころは、人類を世の罪からお救いになるためにひとり子イエス・キリストをこの世に遣わされ、ヨハネからバプテスマを受けさせ、十字架上で死なせ、そうして信じる者の心に御霊が宿るようになさることでした。みこころに従い、水と御霊の福音を信じて罪のすべてから救われている義人は、御霊を受けることができます。

    ですから、ボーンアゲインの両親から生まれたからといって御霊を受けていると信じることは、迷信的で軽率な信仰なのです。これは、神のみこころとは関わりなく、自分自身の考えで御霊を受けようとするようなものです。御霊を受けたいのなら、水と御霊の福音を信じる以外の道はありません。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.