救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 異言を話すことは、御霊を受けていることの証拠ではないのですか? そうでなければ、どうして御霊が内におられるとわかります?
  • ただ異言を話すからといって、御霊を受けていると認めることはできません。悪魔に憑かれた人でも異言を話すことができます。悪魔はイエス・キリストの名によって人々に異言を話させることができるのですからね

    異言を話すことが御霊の宿っている証拠だというのなら、それは聖書の観点からすれば全く不正確ですし、御霊に対する冒?の罪を犯すことになります。コリント人への手紙第一第 12 章 30 節には、「みながいやしの賜物を持っているでしょうか。みなが異言を語るでしょうか。みなが解き明かしをするでしょうか」とあります。御霊は神の霊ですから、罪のある所にはおられませんし、心に罪のある者の内に宿られることはできません。

    ただその人が異言を話すからといって御霊を受けているのだとは考えず、まず水と御霊の福音を信じて罪の赦しを受けているかどうかを調べるのです。ただ異言を話すといったような何らかの特別な経験をしたからといって御霊を受けていると考えるのなら、それは、サタンの狡猾な欺きにだまされているのかもしれません(テサロニケII 2:10)。御霊は、みことばによって罪の赦しを受けた者に神がくださる賜物です。

    第二のご質問の答えは、聖霊は神であられ、また、真理の御霊であられます。ですから、御霊は水と御霊の福音と共に働かれます。人間の意思に従って働かれはしません。御霊は罪人が水と御霊の福音を信じるよう導かれ、義人に真理を教え、また、神のみこころである福音を彼らと共に静かに説かれます。御霊は火のような感情や抑えがたい体の震えと共には来られません。神は、水と御霊の真の福音に従って罪を消された義人に御霊をお与えになります。彼らが神の子供になったことをお教えになります。御霊は義人の心の中で、彼らが水と御霊の福音によって罪のない完全な義人になったことをあかしなさいます。

    ですから、異言を話してもまだ心に罪があるのなら、その人の中の霊は絶対に聖霊ではなく、サタンの霊です。御霊を心に受けたいのなら、水と御霊の福音を信じなさい。そうすれば、主は御霊をくださいます。

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.