救済・聖霊・幕屋・ヨハネの黙示録についての聖書学習のための無料キリスト教図書

ホーム  |  サイトマップ  |  お問い合わせ   |  ヘルプ    
聖書学習 無料
キリスト教図書
無料
キリスト教電子ブック
団体概要
 



 キリスト教信仰についてのFAQ

 

  • 地獄はほんとうにあるのですか?
  • 答えは、「はい」です。

    神が地獄を創られるはずはないと主張する人々がいます。その人たちは、神は愛なのだから、地獄は慈愛ある神という概念にそぐわないと言うのです。彼らは語義に基づいて詭弁を弄するでしょう。「この使徒の信仰の表現では、『地獄』という語はただ『よみの国』、死者の住みかのことで、ヘブライ語では『Sheol』、ギリシャ語では『Hades』、ラテン語では『inferno』と言います。同時代の筆者によると、主は死後にそこへ行かれて死者とお会いになったのです。」

    しかしながら、主イエスは、罪人は一人残らず罪のために裁かれて地獄の火に行くのだとはっきりおっしゃっています (マタイ 18:9、マルコ 9:43)。

    もちろん、父なる神は御子イエスによって無条件の愛をくださいました。しかしながら、この愛は盲目の愛ではなく、真理への愛なのです (テサロニケII 2:10)。神は救済の真理、つまり、水と御霊の福音のうちに愛されるのです。イエス・キリストは、バプテスマと磔刑とによって人類の罪をすべて消し去られました。そして今、誰でもこの真の福音のうちにイエスを信じる者に、主は永遠のいのちをお与えになるのです。神の無条件の愛は、「バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです。ユダヤ人もギリシャ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです (ガラテヤ 3:27-29)」というものです。

    神は正しいということに注意してください。神は、「罪から来る報酬は死」(ローマ6:23) とはっきり告げておられます。この「死」とは、第二の死、火の海での永遠の苦しみ (黙示 20:14) であることはご存じですね。ルカの福音書第 16 章 19-31 節でイエスは、肉体的な死の後に二種類の永遠の生があるとおっしゃいました。一つは天国、もう一つは地獄の火の中での永遠の苦しみです。また、黙示録第 20 章と 22 章でも、聖徒の最初の復活と千年王国、罪人の最後の審判のための第二の復活と、二つのグループの永遠の運命、天国と地獄について詳細に描写しています。

    人はみな、アダムという一人の男のために罪人として生まれます。しかし、神は世を深く愛されたために、ひとり子をくださり、主を信じる者は誰でも滅びることなく永遠のいのちをもつようになさいました。しかしながら、神の真理への愛を強情さと悔悟することのない心から拒む恩知らずには、正しい神は地獄の火の永遠の死を宣告なさいます。当然の報いです。

    ですから、次の部分を覚えておかなければなりません。「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも、ともにゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい。」(マタイ10:28)

    リストに戻る


    印刷用画面   |  

     
    Bible studies
        説教
        信仰声明
        福音とは
        聖書用語
        キリスト教に関するFAQ

       
    Copyright © 2001 - 2019 The New Life Mission. ALL RIGHTS reserved.