無料の本、電子ブック、
オーディオブック

  • ISBN8983147040
  • ページ264

Japanese 25

ヤロブアムの罪に従った異端者 (Ⅰ)

Rev. Paul C. Jong

目次

はじめに 
1. 神の前で異端者とされる人々 (列王記 I 11:1-13) 
2. 自身の肉の考えの枠組みの中でイエスを信じるキリスト教徒 (列王記 I 12:25-33) 
3. 肉の欲求に従うと自然に異端者となる (列王記 I 12:1-18) 
4. どちらの福音を信じますか? (列王記 I 13:33-34) 
5. マモンを神に置き換えた今日のキリスト教徒は神の前で具像崇拝者である (列王記 I 11:1-13) 
6. 神はどのようにして 異端者を救われるか (列王記 I 19:1-21) 
7. バプテスマのヨハネが全人類の代表と信じよ (マタイ 11:1-19) 
8. 神に呪われる人々―― 七つのタイプ (マタイ 23:1-36) 
9. 悪い水を塩で癒す (列王記 II 2:19-22) 
 
今日のキリスト教徒は、主が私たちにお与えくださった水と御霊の福音の真理が何であるかを知りません。したがって、彼らはキリスト教教義を信じ続け、水と御霊の福音を信じません。そのため、問題の事実は、イエスへの信仰を持っているという彼らの主張にもかかわらず、彼らは黄金の子牛を信じて従い続けているということです。
私たちは、キリスト教の中で金の子牛を神として崇拝する人々を見分けなければなりません。そして、真理の神の御前に戻って、私たちは神に義のいけにえをささげなければなりません。神が喜んで受けるいけにえとは、水と御霊の福音への信仰を持って罪の赦しを受けた後、人々が信仰によってささげる義のいけにえです。神の御前では、水と御霊の福音を信じる信仰によって、神がお与えくださった義のいけにえをささげているかどうかを真剣に考えなければなりません。
電子ブックのダウンロード
PDF EPUB