説教集

主題 1: 罪

[1-2] ( マルコの福音書 7 章 20-23 節 ) 人間は生まれながらの罪人

( マルコの福音書 7 章 20-23 節 )
「また言われた。『人から出るもの、これが、人を汚すのです。内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。』」
 

人々は混乱し、自らの幻想の下で生きている

誰が一番救われる可能性が
高いのですか?
自分が最悪の罪人だと
思っている者です。

まず最初に、みなさんに質問したいと思います。みなさんは自分自身をどのように見ていますか? 自分は良い人間だと思いますか、それとも悪い人間だと思いますか? どう思いますか?
人はみな、自らの幻想の下で生きています。自分が思っているほど悪い人でも、良い人でもないかもしれません。
では、誰がよりよい信仰生活を送ることができると思いますか? それは、自分のことを「良い人間」だと思っている人でしょうか? それとも、自分のことを「悪い人間」だと思っている人でしょうか?
後者です。もう一つ質問しましょう。より多くの罪を犯した人と、わずかな罪しか犯していない人とでは、どちらが贖われる可能性が高いでしょうか? 数え切れないほどの罪を犯したと認める人の方が、贖われる可能性が高いのです。自分が重大な罪人であることを認めているからです。そのような人は、イエスが備えてくださった贖いのみことばをより受け入れやすいのです。
自分を見つめなおすと、人間は罪の塊に過ぎないことがわかります。人間とは何でしょうか? 人は、「悪を行なう者どもの子孫」にすぎません。イザヤ書 59 章によると、人の心にはあらゆる咎があると書かれています。ですから、人が罪の塊であることは明らかです。しかしながら、人間を罪の塊と定義すると、多くの人は反対するでしょう。しかし、人を「悪を行なう者どもの子孫」と定義するのは正しい定義です。自分自身を正直に見つめれば、人間が邪悪な存在であることは明らかです。自分に正直な人は、これと全く同じ結論に達するはずです。
しかし、ほとんどの人は、自分が本当に罪の塊であることを認めようとしないようです。多くの人は、自分が罪人であると考えないために、快適に暮らしています。私たちは悪人なので、罪深い文明を作ってしまいました。もしそうでなければ、恥ずかしくて罪を犯せないでしょう。しかしながら、私たちの多くは、罪を犯しても恥ずかしいとは思いません。
しかし、彼らの良心は知っています。誰にでも、「恥ずべきことだ」という良心があります。アダムとエバは、罪を犯した後、木の間に身を隠しました。今日、多くの罪人は、私たちの卑劣な文化、つまり罪の文化の中に身を隠しています。彼らは神の裁きを避けるために、罪人仲間の中に身を隠しています。
人は自分の幻想に惑わされています。自分は人よりも徳が高いと思っています。ですから、何か悪いニュースを聞くと、「どうして人間がそんなことをするのだ!息子が自分の親にそんなことをするなんて。」と怒ります。自分ではそんなことはしないと思っているのです。
信者のみなさん、みなさんが自分自身を知ることはとても難しいことです。自分自身をほんとうに知るためには、まず罪の赦しを受けなければなりません。自分の人間性についての正しい知識を得るには長い時間が必要で、死ぬまでこのことを知ることのできない人が非常に多いのです。
 

汝自身を知れ

自分自身を知らない者は
どうやって生きているのですか? 
罪深い自分を隠そうと
偽善的な生活をしています。

時には、自分のことを本当に知らない人に出会うことがあります。ソクラテスは、「汝自身を知れ」と言いました。しかしながら、私たちの多くは、自分の心の中にあるもの――すなわち、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさ...などを知りません。
自分を知らない人は、唇にまむしの毒を持っているのに、善良なことを口にします。その理由は、その人が自分はどうしようもない罪人として生まれてきたことを知らないからです。
この世には、自分の本質を知らない人が非常に大勢います。彼らは自分自身を欺き、自分の欺瞞に完全に包まれた生活を送っています。自分の欺瞞のために、自らを地獄に投じていることを理解していません。
 

人は一生、罪を犯し続ける
なぜ彼らは
地獄に行くのですか?
自分自身を
知らないからです。

マルコの福音書 7 章 21-23 節を見てみましょう。「内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」 人の心は、生まれた時から悪い考えに満ちています。
ある人の心がコップでできていて、汚れた液体、つまり私たちの罪でいっぱいになっていると想像してみましょう。この人が前後に動くとどうなるでしょうか? もちろん、汚れた液体(罪)はどこにでもこぼれます。その人が移動すると、罪は繰り返しあちこちにこぼれるでしょう。
罪の塊である私たちは、そのような生活を送っています。私たちはどこに行っても罪をこぼします。罪の塊であるがゆえに、私たちは生涯を通じて罪を犯すことになります。
問題は、私たちが罪の塊、つまり罪の種であることを自覚していないことです。私たちは罪の塊であり、生まれた日から心の中に罪を抱えています。
罪の塊が今にも溢れ出しそうです。しかしながら、人々は自分が実は本質的に罪深い人間だとは思っていません。他人が自分に罪を犯すように仕向けたのだから、自分は悪くないと思っているのです。
罪を犯していても、自分を再びきれいに洗うための必要な条件は、罪が消滅することだけだと考えています。罪を犯すたびに、「自分のせいではない。」と言い聞かせて拭き続けるのです。拭いたからといって、こぼし続けてもいいということになるのでしょうか? 私たちは、何度も何度も拭き続けなければならないでしょう。
コップに罪が詰まっていると、どんどんこぼれてしまいます。外側を拭いても意味がありません。いくら徳のある行ないで外側を拭いても、コップの中に罪がある限り無駄です。
私たちは生まれながらにして多くの罪を抱えているので、どんなに罪をこぼしても心が空っぽになることはありません。そのため、私たちは生涯にわたって罪を犯すことになります。
自分が罪の塊であることに気づかない人は、自分の罪深い性質を隠し続けています。罪はすべての人の心の中にあり、表面をきれいに拭いても消えることはありません。少しでも罪をこぼしたら、布で拭きます。またこぼしてしまったら、モップで拭いて...タオルで拭いて...そして雑巾で拭きます。私たちは、何度も何度も拭いていれば、きよくなるだろうと期待し続けますが、ただ何度もこぼしてしまうのです。
これはいつまで続くのでしょうか? 人が死ぬまで続きます。人は死ぬ間際まで罪深い行動をとります。だからこそ、私たちはイエスを信じて贖われなければならないのです。贖われるためには、まず自分を知る必要があります。

イエスの愛を
感謝して受けることができるのは
誰ですか?
多くの過ちを犯したことを
認める罪人です。

例えば、二人の人がいるとしましょう。私たちは、汚れた液体が入った二つのコップに例えることができます。どちらのコップも罪でいっぱいです。一人は自分を見て、「ああ、私はこんなに罪深い人間なのだ。」と言います。そして、あきらめて、自分を助けてくれる人を探しに行きます。
しかし、もう一人の方は、自分は本当に悪ではないと思っています。自分の中にある罪の塊を見ることができず、自分はそれほど罪深い人間ではないと思っています。その人は一生、こぼれたものを拭い続けます。片方を拭いて、もう片方を拭いて...すぐに反対側に移ります。 
なるべく罪を犯さないように、こぼさないようにと慎重に生きている人は非常に大勢います。しかし、彼らの心にはまだ罪があるのですから、それが何の役に立つのでしょうか? 気をつけていても、天国に近づくことはできません。「気をつける」ことで、かえって地獄への道を歩むことになるのです。
みなさん、「気をつける」ことは地獄につながるだけです。私たちはこの教訓を心に留めておくべきです。気をつけている人は、罪がそれほどこぼれないかもしれませんが、罪人であることに変わりはありません。
人間の心の中には何があるのでしょうか? 罪ですか? 不品行ですか? そうです。悪い考えはどうですか? あります。盗みはありますか? あります。傲慢さはどうですか? あります。
特に、教えられたわけでもないのに、罪深い、邪悪な行動をしている自分を見ると、自分が罪の塊であることを認めざるを得ません。
若い頃は、それほど顕著ではないかもしれません。しかし、年を重ねるにつれ、どうでしょうか? 高校、大学と進学していくうちに、自分の中にあるものはすべて罪であることがわかってきます。そうではありませんか? 正直なところ、自分の罪の性質を隠すことはできません。そうではありませんか? 私たちは罪を犯さずにはいられないのです。そして、「こんなはずではなかった。」と後悔します。しかしながら、本当の意味で変わることはできません。なぜでしょうか? それは、私たちが生まれながらにして罪の塊だからです。
気をつけているだけでは、きよくなりません。私たちが知っておかなければならないのは、完全に贖われるために、私たちは罪の塊として生まれてきたということです。イエスが備えてくださった贖いを感謝して受け入れる罪人だけが救われるのです。
「自分はあまり悪いことをしていないし、罪も犯していない。」と思っている人は、イエスが自分の罪をすべて取り除いてくださったことと、その人が地獄に行く運命にあることを信じていません。私たちはみな、生まれながらにしてこの罪の塊を自分の中に持っていることを知らなければなりません。
もし、「この小さな罪さえ贖ってもらえれば、私は大して悪いことをしていないのだ。」と思っているとしたら、その後は罪から解放されるのでしょうか? そんなことはありえません。
贖われる人は、自分が罪の塊であることを知っています。イエスがヨルダン川でバプテスマをお受けになって私たちの罪をすべて取り除かれ、私たちのために死んでくださって罪の代価を支払ってくださったことをほんとうに信じています。
贖われていてもいなくても、私たちはみな、幻想の中で生きてしまいがちです。私たちは罪の塊なのです。それが私たちです。私たちは、イエスが罪をすべて取り除いてくださったと信じることで、初めて贖われるのです。
 

神は、「ほんの少しの罪」しかない者を贖われなかった

主を欺くのは誰ですか?
日ごとの罪の赦しを求める者です。

神は、「ほんの少しの罪」しかない者を贖われません。神は、「神よ、私はほんの少しの罪しかありません。」と言う人には見向きもなさいません。神があわれみを示されるのは、「神よ、私は罪の塊です。私は地獄に落ちます。どうかお救いください。」と言う人です。あるいは、「神よ、あなただけが私を救ってくださるなら救われます。繰り返し罪を犯さずにはいられないことがわかっているので、もう悔い改めの祈りはできません。どうか私をお救いください。」と言う完全な罪人です。
神は、完全に頼る人を救ってくださいます。私も毎日悔い改めの祈りをささげていましたが、悔い改めの祈りをしても罪から解放されることはありませんでした。そこで、神の前にひざまずいて、「神よ、どうか私をあわれんで、すべての罪からお救いください。」と祈りました。このように祈る人は救われます。神の贖いと、バプテスマのヨハネによるイエスのバプテスマを信じるようになります。彼らは救われます。
神は、自分が罪の塊、悪を行なう者どもの子孫であることを知っている者だけを救ってくださいます。「私はこんな小さな罪しか犯していません。どうかお許しください。」と言っている人は、まだ罪人であり、神は彼らをお救いになりません。神が救ってくださるのは、自分が完全な罪の塊であることを自分で認めている人だけです。
イザヤ書 59 章 1-2 節には、「見よ。主の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない。あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。」と記されています。
私たちは罪の塊として生まれたので、神は私たちを好意的にご覧になることができません。それは、神の御手が短く、その耳が遠く、私たちが赦しを求める声をお聞きになることができないからではありません。
神は、「あなたがたの咎が、あなたがたと、あなたがたの神との仕切りとなり、あなたがたの罪が御顔を隠させ、聞いてくださらないようにしたのだ。」とおっしゃいます。私たちの心には多くの罪があるので、たとえ天国の門が大きく開かれていても、天国に入ることはできません。
もし、罪の塊でしかない私たちが、罪を犯すたびに赦しを求めるなら、神は繰り返し御子を殺さなければならないでしょう。神はそのようなことを望んでおられません。「毎日、自分の罪を抱えてわたしのところに来てはならない。わたしは、あなたがたのすべての罪を贖うために、あなたがたのところに息子を遣わした。あなたがたがすべきことは、息子がどのようにしてあなたがたの罪を取り除いたかを理解し、それが真理であることを受け入れるだけでよい。そして、水と御霊の福音を信じて救われなさい。これが、わたしの創造物であるあなたがたに与えた最大の愛である。」とおっしゃいます。
これは、主が私たちに語っておられることです。「わたしの息子を信じて、罪の赦しを受けなさい。あなたがたの神であるわたしは、あなたがたのすべての罪と咎を贖うために、わたしの息子を遣わした。わたしの息子を信じて救われなさい。」
自分が罪の塊であることを知らない人は、どんな小さな罪でも主に赦しを求めます。彼らは自分の罪の恐ろしさを知らずに主の前に出て、ただ「この小さな罪を許してください。もう二度としませんから。」と祈るだけです。
また、そのような祈りで主を欺こうとします。私たちは一度だけ罪を犯すのではなく、死ぬまで罪を犯し続けます。私たちは死ぬまで罪を犯すことをやめられず、自分の肉が罪の律法に仕えているので、人生の最後の日まで赦しを求め続けなければならないでしょう。
私たちは毎日数え切れないほどの罪を犯しているので、一つの小さな罪を赦されても罪の問題を解決することはできません。ですから、私たちが罪から解放される唯一の方法は、自分の罪をすべてイエスの上に移すことなのです。

人間の本質とは
何ですか?
罪の塊です。

聖書には人間の罪が列挙されています。「実に、あなたがたの手は血で汚れ、指は咎で汚れ、あなたがたのくちびるは偽りを語り、舌は不正をつぶやく。正しい訴えをする者はなく、真実をもって弁護する者もなく、むなしいことにたより、うそを言い、害毒をはらみ、悪意を産む。彼らはまむしの卵をかえし、くもの巣を織る。その卵を食べる者は死に、卵をつぶすと、毒蛇がとび出す。そのくもの巣は着物にはならず、自分の作ったもので身をおおうこともできない。彼らのわざは不義のわざ、彼らの手のなすことは、ただ暴虐。彼らの足は悪に走り、罪のない者の血を流すのに速い。彼らの思いは不義の思い。破壊と破滅が彼らの大路にある。彼らは平和の道を知らず、その道筋には公義がない。彼らは自分の通り道を曲げ、そこを歩む者はだれも、平和を知らない」(イザヤ 59:3-8)。
私たちの指は咎で汚れており、生涯にわたって行なうことはすべて罪深いことです。やることすべてが悪です。また、私たちの舌は、「偽りを語ります。」 口から出て来るものはすべて嘘です。
「彼が偽りを言うときは、自分にふさわしい話し方をしているのです」(ヨハネ 8:44)。新しく生まれていない者は、「私はあなたに本当のことを話しています...。私が言っていることは本当です。私の言っていることは真実です...。」と言うのが好きです。しかしながら、彼らの言うことはすべて嘘です。それは書かれているとおりです。「彼が偽りを言うときは、自分にふさわしい話し方をしているのです。」
人々はむなしい言葉に信頼を置いて、嘘をつきます。人は害毒をはらみ、悪意を生みます。彼らはまむしの卵をかえし、くもの巣を織ります。神は、「その卵を食べる者は死に、卵をつぶすと、毒蛇がとび出す。」とおっしゃいます。みなさんの心の中には、まむしの卵があるとおっしゃいます。まむしの卵です。みなさんの心には悪意があります。だからこそ、水と血の福音を信じて贖われなければならないのです。
私が神の話を始めると、「あらあら、神の話はしないでもらえますか。何かをしようとするたびに、私の中から罪がこぼれ落ちるのです。ただ溢れ出てくるのですよ。一歩踏み出すのにも罪がこぼれてしまいます。私にはどうすることもできません。私は罪でいっぱいです。もうどうしようもありません。だから、私に聖なる神の話をするのはやめてもらえませんか。」と言う人がいます。
この人は、自分が罪の塊であることは確かに知ってはいますが、神が愛の福音によって自分を完全に救ってくださったことを知りません。自分が罪の塊であることを知っている人だけが救われるのです。
実は、誰もがそうなのです。誰もがどこに行っても絶えず罪をこぼしています。すべての人が罪の塊なので、罪があふれてくるのです。そのような存在から私たちが救われるには、神の力を借りるしかないのです。これは驚くべきことだと思いませんか? 動揺していても、喜んでいても、快適であっても、罪をこぼしてしまう人は、私たちの主イエス・キリストによってのみ救われるのです。イエスは私たちをお救いくださるために来られました。
イエスは、みなさんの罪を完全に消し去ってくださったのです。自分が罪の塊であることを認めて、救われなさい。