説教集

主題 2: 律法

[2-1] ( ルカの福音書 10 章 25-30 節 ) 律法で物事を行えば、それが私たちを救うことになるのか?

( ルカの福音書 10 章 25-30 節 )
「すると、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスをためそうとして言った。『先生。何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。』 イエスは言われた。『律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。』 すると彼は答えて言った。『「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」 また「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」とあります。』 イエスは言われた。『そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。』 しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。『では、私の隣人とは、だれのことですか。』 イエスは答えて言われた。『ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。』」
 

人間の最大の
問題点とは何ですか?
多くの誤った幻想を
抱いて生きている点です。

ルカの福音書 10 章 28 節には、「それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」とあります。
人は多くの誤った幻想を抱いて生きています。この点では、彼らは特に脆弱であるようです。知性があるように見えても簡単に騙され、自分の邪悪な面に気づかないままです。人は自分を知らずに生まれてきましたが、それでも知っているかのように生きています。人は自分を知らないので、聖書は繰り返し人が罪人であることを教えてくれます。
人は自分の罪の存在を話します。人は善を行なうことができないようですが、自分を善人だと思い込みたがります。口では罪人だと言いながら、自分の善い行ないを自慢して見せびらかすのです。
自分には善がなく、善を行う能力もないことを知らないので、他人を騙そうとし、時には自分自身をも騙そうとします。「さあ、私たちは完全な悪であるはずがない。私たちの中には何かしら善があるはずだよ。」
その結果、他の人を見て、「ああ、あの人があんなことをしなければよかったのに。そうしないほうが彼のためになるのに。彼がこんな風に話していたら、もっと良かったのに。こんな風に福音を伝えた方が、彼のためになるでしょ。彼は私より先に贖われたのだから、もっと贖われた人のように振る舞うべきなのに。私はつい最近贖われたけれど、もっと学べば、彼よりもずっと上手くやれるよ。」と自分に言い聞かせるのです。
彼らは、傷つくたびに心の包丁を研ぎます。「待っていればいいさ。私があなたとは違うことがわかるはずだ。今は自分の方が先だと思っているかもしれないけどな。聖書には、『後に来る者が先になる。』と書いてあるのだ。それは私のことなのさ。今に思い知らせてやる。」 人は自分を欺きます。
自分が相手の立場だったら同じ反応をするはずなのに、その人を裁きます。説教壇に立つと、自分の服装を意識しすぎて、ふとした拍子に吃驚してしまいます。人には善を行う能力があるかと尋ねられると、ほとんどの人は口では「ない」と答えます。しかし、心の中では、自分にその能力があると錯覚しています。ですから、死ぬまで一生懸命に徳を積もうとします。
彼らは、自分の心には「善」があり、善を行う能力があると思っています。また、自分自身が十分な善人であると思っています。信仰歴の長さに関係なく、特に神への奉仕においてより大きな進歩を遂げた人々の間では、「私は主のためにあれもこれもできる。」と考えています。
しかし、主を除外したら、本当に善いことができるのでしょうか? 人間に善はあるのでしょうか? 私たちは本当に善い行ないをして生きていけるのでしょうか? 人間には善いことをする能力はありません。自分で何かをしようとすると、必ず罪を犯します。ある人は、イエスを信じた後、イエスを押しのけて、自分で善人になろうとします。私たちの中には悪しかありませんから、悪を実践するしかないのです。自分では(救われた人でも)、罪を犯すしかありません。それが私たちの肉の現実なのです。

私たちはいつも
何をしていますか?
善ですか、悪ですか?
悪です。

私たちの讃美歌集「イエスの御名を賛美せよ」の中に、「♪イエスなしでは、つまずくだけ。私たちは、帆のない海を渡る船のように価値のない存在♪」という歌詞があります。イエスがいなければ、私たちは悪の存在なので、罪を犯すしかありません。救われて初めて正しい行ないができるようになります。
使徒パウロは、「私は、自分でしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。」(ローマ 7:19)と言っています。イエスと一緒にいる人は問題ありませんが、イエスと関係のない人は、神の前に善い行ないをしようとします。しかしながら、努力すればするほど、悪を実践することになるのです。
ダビデ王も同じような性格でした。彼の国が平和で繁栄していた頃、ある晩、彼は屋上に上がって散歩をしました。そこで魅力的な絵を見て、官能的な喜びに陥ってしまったのです。主を忘れた時の彼はどうだったのでしょうか? 彼は実に邪悪でした。バテ・シェバと姦淫し、夫のウリヤを殺しましたが、彼は自分の中にある悪を見ることができませんでした。彼は自分の悪に気づかず、自分の行動に言い訳をしていました。
そしてある日、預言者ナタンが彼のところに来て言いました。「ある町にふたりの人がいました。ひとりは富んでいる人、ひとりは貧しい人でした。富んでいる人には、非常に多くの羊と牛の群れがいますが、貧しい人は、自分で買って来て育てた一頭の小さな雌の子羊のほかは、何も持っていませんでした。子羊は彼とその子どもたちといっしょに暮らし、彼と同じ食物を食べ、同じ杯から飲み、彼のふところでやすみ、まるで彼の娘のようでした。あるとき、富んでいる人のところにひとりの旅人が来ました。彼は自分のところに来た旅人のために自分の羊や牛の群れから取って調理するのを惜しみ、貧しい人の雌の子羊を取り上げて、自分のところに来た人のために調理しました」(サムエル記Ⅱ 12:1-4)。
ダビデは、「そんなことをした男は死刑だ。」と言いました。彼の怒りは大いに沸き立っていたので、「その男は自分のものをたくさん持っているのだから、まさにそのうちの一頭を取ることができるはずだ。でも、その代わりに、貧しい人のたった一頭の子羊を取り上げて、自分の客のために食べ物を用意したのだ。その男は死刑だ。」と言いました。そして、ナタンはダビデに、「あなたがその男です。」と言いました。私たちがイエスに従わず、イエスとともにいなければ、新しく生まれた人でも、このような悪いことをしてしまうのです。
それは信仰者であってもすべての人に共通することです。私たちは、イエスがいないと常につまずき、悪を実践しています。だからこそ、私たちの中にある悪に関係なく、イエスが私たちを救ってくださったことを、今日改めて感謝します。「♪十字架の陰の下で安らぎたい♪」 私たちの心は、キリストの贖いの陰で安らいでいますが、陰を離れて自分自身を見てしまうと、決して安らぐことはできません。
 

神は、律法の前に信仰の義を与えてくださった

信仰と律法のどちらに
先に従うべきですか?
信仰です。

使徒パウロは、神は最初から私たちに信仰の義を与えてくださったと述べています。アダムとエバ、カインとアベル、セツとエノク、ノア、アブラハム、イサク、そして最後にヤコブとその十二人の息子たちにも与えられました。律法がなくても、神のみことばへの信仰から来る義によって、彼らは神の前に義とされました。また、みことばへの信仰によって祝福され、安息が与えられました。
時は流れ、ヤコブの子孫はヨセフのためにエジプトで 400 年間も奴隷として暮らしました。その後、神はモーセを通して彼らをカナンの地に導き出されました。しかしながら、400 年間の奴隷生活の中で、彼らは信仰の義を忘れていました。
そこで神は、その奇跡によって紅海を渡らせ、彼らを荒野へと導かれました。シンの荒野にたどり着くと、シナイ山で彼らに律法をお与えになりました。十戒と 613 の詳細な条項が書かれた律法を与えられたのです。神は、「わたしはあなたの神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。モーセをシナイ山へ行かせ、わたしのところに上って来させなさい。わたしはあなたに律法を授けよう。」とおっしゃいました。そして、イスラエルに律法をお与えになりました。
律法をお与えになったのは、「罪の意識が生じる」(ローマ 3:20)ためです。それは、神が何を望まれ、何を憎まれるかを知らせ、神の義と神聖さを明らかにするためでした。
エジプトで 400 年間奴隷にされていたイスラエルの民は全員、紅海を渡りました。彼らは、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神にお会いしたことがありませんでした。彼らは神を知らなかったのです。
その 400 年の間、奴隷として生活していた彼らは、神の義を忘れていました。当時の彼らには指導者がいませんでした。ヤコブとヨセフが彼らの指導者でしたが、彼らはずっと前に亡くなっていました。ヨセフは、息子のマナセとエフライムに信仰を伝えることができなかったようです。
そのため、彼らは神の義を忘れていたので、再び神を見つけてお会いする必要があったのです。神はまず信仰の義をお与えになり、信仰を忘れた彼らに律法をお与えになったことを心に留めておく必要があります。律法をお与えになったのは、彼らを神のもとに立ち返らせるためでした。
イスラエルを救い、ご自分の民となさるために、割礼を受けるようにとおっしゃいました。
神が彼らを召された目的は、律法を定めて神の存在を知らせることと、次に、彼らが神の前に罪人であることを知らせることでした。神は、彼らが神の前に来て、神がお与えになった「いけにえの制度」によって贖われることで、神の民となることを望んでおられました。そして、神は彼らをご自分の民となさったのです。
イスラエルの民は、来たるべきメシヤを信じることで、律法のいけにえの制度によって贖われました。しかし、そのいけにえの制度も時代とともに消えていきました。それはいつのことだったのか見てみましょう。
ルカの福音書 10 章 25 節には、イエスをためしたある律法の専門家のことが書かれています。その律法の専門家はパリサイ人でした。パリサイ人は、神のみことばによって生きようとする極端な保守派でした。彼らはまず国を守り、それから神の律法によって生きようとしました。また、狂信者というのもいて、彼らは非常に気性が荒く、イスラエルのローマからの独立というビジョンを達成するためには、暴力に訴える傾向がありました。

イエスは誰に
お会いしたかったのですか?
羊飼いのいない罪人です。

今でも彼らのような宗教家はいます。彼らは、「世界の抑圧された人々を救おう!」といったスローガンを掲げて社会運動を展開しています。彼らは、イエスが貧しい人や抑圧された人を救うために来られたと信じています。ですから、神学校で神学を学んだ後、政治に参加し、社会のあらゆる分野で「虐げられた人々を救おう」とするのです。
彼らは、「私たちはみな、聖なるあわれみ深い律法によって生きよう...主のみことばによって、律法によって生きよう。」と主張する人たちです。しかし、彼らは律法の実際の意味を理解していません。律法の神の啓示を認識しないまま、律法の文字通りに生きようとするのです。
ですから、キリスト以前の約 400 年間、イスラエルには神のしもべである預言者がいなかったと言えます。そのため、羊飼いのいない羊の群れになってしまったのです。
彼らは、律法を持たず、真の指導者もいませんでした。神は、当時の偽善的な宗教指導者を通してご自身を現すことはなさいませんでした。国はローマ帝国の植民地となっていました。そこでイエスは、ご自分に従ってきて荒野に行ったイスラエルの民に、空腹のまま送り出すことはしないとおっしゃいました。羊飼いのいない群れに同情なさったのは、当時、苦しんでいる人が大勢いたからです。
律法の専門家などそのような立場の人たちは、本来、既得権を持っている人たちであり、パリサイ人たちはユダヤ教の正統派の血筋を引いていました。彼らは非常にプライドが高かったのです。
ルカの福音書 10 章 25 節で、この律法の専門家は、イエスに尋ねました。「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」 彼は、イスラエルの民の中で自分より優れた者はいないと思っていたようです。そこで、この律法の専門家(贖われていなかった者)は、主に挑んで言いました。「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」 
律法の専門家は私たち自身の反映にすぎません。彼はイエスに、「何をしたら永遠のいのちを自分のものとして受けることができるでしょうか。」と尋ねました。イエスは、「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」と返事なさいました。
そこで律法の専門家は、「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」 また、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」 と答えました。 
イエスは彼に、「そのとおりです。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」とおっしゃいました。
彼は、自分が悪であり、善を行なうことのできない罪の塊であることを知らないまま、イエスに挑戦しました。そこで、イエスは彼に、「律法には、何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」とお尋ねになったのです。

あなたは律法を
どう読んでいますか?
私たちは、決して律法を
守ることのできない罪人です。

「あなたはどう読んでいますか。」 この聖句で、イエスは、みなさんや私を含め、人はどのようにして律法を知り、理解するのかを問いかけておられます。
最近の多くの人がそうであるように、この律法の専門家もまた、神が自分に律法をお与えになったのは自分が守るためだと考えていました。そこで彼はこう答えました。「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
律法には欠点がありませんでした。神は私たちに完璧な律法をお与えになりました。「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」 また、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」というのです。心を尽くし、力を尽くして神を愛することは正しいことですが、それは決して守ることのできない聖なる戒めです。
「あなたはどう読んでいますか。」というのは、律法は間違いなく正しいものですが、それをどのように理解しているのかという意味です。律法の専門家は、神が、自分が従うためにお与えになったものだと思っていました。しかしながら、神の律法が私たちに与えられたのは、私たちの咎を完全に暴いて、自分の欠点を悟らせるためでした。「あなたは罪を犯した。殺してはならないと告げたのに、殺してしまった。なぜわたしに従わなかったのか。」
律法は人の心にある罪を暴きます。例えば、私がここに来る途中で、畑に熟したメロンがあったとします。神は律法によって、「そのメロンを採って食べてはならない。そんなことをしたら、わたしの恥になる。」と律法で警告されました。「はい、父よ。」「その畑は○○さんのものだから、絶対に採ってはならない。」「はい、父よ。」
絶対に採ってはならないと聞いた瞬間に、採りたくなる気持ちが湧いてきます。バネを押し下げると、その反動で跳ね返ってきます。人の罪もそれと同じです。
神は私たちに、決して悪い行ないをしてはならないとおっしゃいました。神がそうおっしゃることができるのは、神が聖であり、完全であり、そうなさる能力を持っているからです。一方、私たちは「決して」罪を犯さないことも、「決して」純粋な善人になることもできません。私たちは心の中に善を持っていることは「決して」ありません。律法は「決して」という言葉で規定されています。なぜでしょうか? 人は心の中に欲望を持っているからです。欲望を行動に移さずにはいられないのです。心の中に姦淫があるから、姦淫をするのです。
私たちは、聖書を注意深く読むべきです。最初に挑戦したときは、私はみことばを徹底的に分析しました。イエスが私のために十字架で死んでくださったことを読み、涙が止まらなくなりました。こんなに悪い人間だったのに、私のために十字架で死んでくださったのだ...。心がひどく痛んで、私はイエスを信じました。すると、「信じるならば、みことば通りに信じよう。」と思いました。
出エジプト記 20 章を読むと、「あなたには、わたしのほかに、ほかの神々があってはならない。」とありました。私はこの戒めに従って、悔い改めて祈りました。私は自分の記憶をたどって、主の前に他の神々があったことがないか、主の御名をみだりに唱えたことがないか、他の神々の前で拝まなかったかを思い出しました。私は、先祖を祭る儀式の中で、何度も他の神々を拝んでいたことに気づきました。私は、他の神々を持つという罪を犯していたのです。 
そこで私は悔い改めて祈りました。「主よ、私は偶像を拝んでいました。私はそのために裁かれなければなりません。どうか私の罪をお許しください。もう二度としません。」と祈りました。その後、一つの罪が片づいたように思えました。
そして、神の御名をみだりに唱えたことがあるかどうかを思い出してみました。すると、神を信じ始めた頃、タバコを吸っていたことを思い出したのです。友人たちは私に、「タバコを吸うなんて、神に恥をかかせているんじゃないのか? キリスト教徒がタバコを吸っていいのか?」と言いました。
それは、主の御名をみだりに唱えているのと同じことではないでしょうか? そこで私はもう一度祈りました。「主よ、私はあなたの御名をみだりに唱えてしまいました。どうかお許しください。私はタバコをやめます。」 禁煙しようとしましたが、一年の間、火をつけたり消したりしていました。禁煙するのは本当に難しく、ほとんど不可能でした。しかし、最後には完全に禁煙することができました。これでまた一つ罪が片づいたような気がしました。
次は、「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」でした。これは、日曜日に他のことをしてはいけないという意味で、仕事をしたり、お金を稼いだりしてはいけないということでした。そこで、それもやめました。
そして、「あなたの父と母を敬え。」というものがありました。離れているときは敬うことができますが、近くにいるときは心の痛みの原因となっていました。「ああ、私は神の前で罪を犯してしまいました。主よ、どうか私をお許しください。」 私は悔い改めて祈りました。
でも、もう両親は亡くなっていて、尊敬することもできませんでした。私には何ができるのでしょうか。「主よ、この価値のない罪人をお許しください。あなたは私のために十字架で死んでくださいました。」 私はどんなに感謝したことでしょう。
そうすることで、自分の罪を一つずつ処理したつもりになっていました。他にも、殺してはならない、姦淫してはならない、盗んではならないなどの律法がありました。一つも守っていないことに気づく日まで、私は毎晩徹夜で祈りました。ですが、悔い改めて祈るのって、あんまり楽しくないんですよね。そのことについて話しましょう。
イエスが十字架にかけられた時のことを考えると、その辛さを共感することができました。そして、その言葉通りに生きられない私たちのために死んでくださったのです。私は、イエスがいかに私を愛しているかを考えて一晩中泣き、本当の喜びを与えてくださったイエスに感謝しました。
教会に通い始めた最初の一年は、おおむね簡単だったのですが、その後の二、三年は、悔い改めて涙を流すことが難しくなってきました。というのも、何度もやっているうちに、涙を流すためにもっと考えなければならなくなったからです。
それでも涙が出ないときは、しばしば山に祈りに行き、三日間断食しました。すると、涙が戻ってきたのです。涙に浸って、社会に戻ってきて、教会で泣きました。
周りの人からは、「山での祈りで、ずいぶんきよくなったね。」と言われました。しかし、涙はどうしてもまた乾いてしまいました。三年目からは本当に辛くなりました。自分が友人や仲間のキリスト教徒にした悪事を思い出しては、また泣きました。それが四年も続くと、また涙が乾いてきました。私の目には涙腺があったのですが、それが働かなくなってしまったのです。
五年後、どんなに頑張っても泣けませんでした。鼻水が出るようになりました。さらに数年後、自分が嫌になったので、神が再び聖書に目を向けさせてくださいました。
 

律法とは、罪の意識を生じさせるためのもの

律法について、私たちは
何を認識しなければなりませんか?
私たちは決して律法を
守ることができないことです。

ローマ人への手紙 3 章 20 節には、「律法によっては、かえって罪の意識が生じるのです。」とあります。最初、私はこの聖句を使徒パウロの単なる個人的なメッセージと考え、自分の好みの言葉だけを信じようとしていました。しかし、涙が乾いた後、私は宗教的な信仰生活を続けることができませんでした。
それで、何度も罪を犯して、自分の心の中に罪があることを知り、律法で生きることは不可能だと分かりました。私はそれに耐えられなかったのですが、律法は守るために与えられたものだと信じていたので、律法を捨てることもできませんでした。結局、私は聖書に出てくるような律法の専門家になりました。信仰生活を続けることがとても難しくなったのです。
あまりにも罪が多かったので、律法を読みながら、心の中で十戒を犯すたびにその罪に気づくようになりました。心の中で罪を犯すことは、罪を犯すことでもあり、私は知らず知らずのうちに律法の信者になっていたのです。
律法を守っているときは幸せでした。しかし、律法を守れなくなると、惨めになり、イライラし、悲しくなりました。最終的には絶望してしまいました。もし、私が最初から次のように律法の本当の知識を教えられていたら、どんなにスムーズだったことでしょう。「いやいや、律法には別の意味があるのですよ。それは、あなたが罪の塊であることを示しています。あなたは、お金や異性、見た目に美しいものを愛しています。神よりも愛しているものがあります。世の中のものに従いたいと思っています。律法があなたに与えられたのは、守るためではなく、自分が心に悪を持つ罪人であることを認識するためなのです。」
あの時、誰かが真理を教えてくれていたら、十年も苦しまずに済んだでしょう。このように、これを悟るようになる前に、私は十年間律法の下に生きてきました。
第四の戒めは、「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。」です。つまり、安息日に働いてはいけないということです。日曜日に長距離を移動する場合は、車に乗らずに歩いて行くべきだと教えています。私は、自分が説教をする場所まで歩いて行く方が、より適切で名誉なことだと思いました。何しろ、私は律法を説くところでした。そのため、自分が説いたことを実践しなければならないと思ったのです。あまりの難しさに、私はあきらめかけていました。
ここに、「あなたはどう読んでいますか。」と記録されているように、私はこの質問を理解しておらず、十年間苦しみました。律法の専門家も同様に誤解していました。彼は、律法を守り、注意深く生きれば、神の前に祝福されると思っていました。
しかし、イエスは彼に、「あなたはどう読んでいますか。」とおっしゃいました。その人は自分の律法主義的な信仰に従って答えました。そして、イエスはその人におっしゃいました。「はい、その通りです。記されているとおりに解釈しているのですね。それを守ってみなさい。そうすればあなたは生きられますが、そうしなければ死ぬことになります。罪から来る報酬は死です。そうしなければ死ぬのです。(生の反対は死である、ということですね。)」
しかし、律法の専門家はまだ理解していませんでした。この律法の専門家は、私たち一人ひとり、みなさんや私と同じです。私は十年間、神学を学びました。断食をしたり、幻想を抱いたり、異言を話したり...など、あらゆることを試し、あらゆるものを読み、あらゆることをしました。十年間、聖書を読み、何かを成し遂げることを期待していました。しかし、霊的には、私はまだ盲人でした。
だからこそ、罪人は自分の目を開かせてくれる人に出会わなければならないのです。そうすれば、「ああ、私たちは絶対に律法を守ることはできない。どんなに頑張って律法を守ろうとしても、必死になっているうちに死んでしまうだけなのだ。でも、イエスは水と御霊によって私たちを救ってくださった。ハレルヤ!」と悟ることができます。水と御霊は私たちを贖うことができます。それは神の恵みであり、贈物です。ですから私たちは主を賛美します。
私は幸運にも律法主義という絶望的な一線から卒業できましたが、中には一生かけて無駄に神学を学び、死ぬまで真理を悟らない人もいます。何十年も、あるいは何世代にもわたって信じていても、新しく生まれない人もいます。
決して律法を守ることができないことを悟り、イエスの前に立ち、水と御霊の福音に耳を傾けるとき、私たちは罪人を卒業します。イエスにお会いした時、私たちはすべての裁きと罰から卒業します。私たちは最悪の罪人ですが、主が水と血によって私たちを救ってくださったので、私たちは義人になります。
イエスは、私たちがみこころのままに生きることはできないとおっしゃいました。イエスはこのことを律法の専門家におっしゃいましたが、彼は理解できませんでした。そこで、イエスは彼が理解できるようにたとえを話されました。

信仰生活において
人が堕落するのはなぜでしょうか?
罪のためです。

「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った」(ルカ 10:30)。イエスは律法の専門家にこのたとえ話をなさって、この人が強盗に殴られて半殺しにされたように、自分も生涯苦しむという事実から目を覚まさせようとしたのです。
ある人が、エルサレムからエリコへ下って行きました。エリコは世俗的な世界を表し、エルサレムは宗教都市、つまり律法を誇る者たちが住む信仰の都を表しています。この話は、宗教的な意味合いだけでキリストを信じると、破滅してしまうことを教えています。
「ある人が、エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。」 エルサレムは人口の多い大都市でした。そこには、大祭司、祭司の群れ、レビ人、そして多くの優れた宗教家がいました。律法をよく知っている人も大勢いました。そこで、彼らは律法によって生きようとしましたが、結局失敗してエリコに向かいました。彼らは世(エリコ)に陥り続け、強盗どもとの出会いを避けることができませんでした。
また、この人はエルサレムからエリコに向かう途中で強盗どもに会い、着物を剥ぎ取られました。「着物を剥ぎ取られた」ということは、義を失ったという意味です。私たちが律法によって生きること、律法に応えることは不可能です。使徒パウロは、ローマ人への手紙 7 章 19-20 節でこう述べています。「私は、自分でしたいと思う善を行なわないで、かえって、したくない悪を行なっています。もし私が自分でしたくないことをしているのであれば、それを行なっているのは、もはや私ではなくて、私のうちに住む罪です。」
良いことをして、主のみことば通りに生きていきたいものです。しかし、人の心の中には、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさがあります(マルコ 7:21-23)。
それらが心の中にあって、時々出てくるから、私たちはしたくないことをしたり、すべきことをしなかったりするのです。私たちは心の中でそれらの悪を繰り返しているのです。悪魔がすることは、私たちに罪を犯すために小さな刺激を与えることです。
 

全人類の心の中にある罪の数々

律法によって
生きていけますか?
いいえ、生きていけません。

マルコの福音書 7 章には、「外側から人にはいって、人を汚すことのできる物は何もありません。人から出て来るものが、人を汚すものなのです。」とあります。
イエスは、人の心の中には、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさがあることを教えてくださいました。
人はみな、心の中に殺人を抱えています。殺人をしない人はいません。母親は自分の子供に向かって、「ダメよ、そんなことしちゃ。そんなことしちゃいけないって言ったでしょう、まったくこの子は!何度も言ったじゃないの。今度やったらひっぱたくわよ。やめなさい。」 それは殺人です。みなさんの軽率な言葉で、心の中で子供を殺しているのです。
子供はすぐに逃げてしまうから生きているでしょうが、怒りを全部ぶつけていたら殺していたかもしれません。時には自分でも怖くなります。「なんてことだ。どうしてあんなことをしてしまったのだろう。」 子供を叩いた後の傷を見て、「あんなことをするなんて、気がおかしくなっていたに違いない。」と考えます。私たちの心には殺人があるので、そのように行動せざるを得ません。
つまり、「私が自分でしたくないことをしている」とは、私たちが悪であるがゆえに悪を行なうということです。サタンが私たちを誘惑して罪を犯させるのはとても簡単です。
贖われていない人が、韓国の偉大な僧侶であるソンチョルのように、10 年間小屋に座って壁に向かって瞑想していたとします。壁に向かって座っている間はいいのですが、誰かが食べ物を運んだり、排泄物を持ち去らなければなりません。
彼は誰かと接触しなければなりません。それが男性であれば問題ありませんが、仮に美しい女性だったとしましょう。たまたま彼女を見てしまったら、座っていた時間が無駄になってしまうでしょう。「姦淫をしてはいけない、心の中には姦淫があるが、それを消し去らなければならない。追い払わなければならない。ダメだ!私の心から出て行け!」と思うかもしれません。
しかし、その決意は彼女を見た瞬間に消えてしまいます。その女性が去った後、彼は自分の心を見つめます。5 年間の禁欲的な修行が、すべて無駄になってしまったのです。
サタンが人間の義を奪うのはとても簡単です。サタンは、その人に少しだけ刺激を与えるだけでいいのです。贖われずに罪を犯さないように努力しても、かえって罪に陥ってしまうのです。その人は、毎週日曜日に忠実に十一献金を納め、40 日間断食し、100 日間明け方に祈りを捧げるといったことをするかもしれません。しかし、サタンは人生の一見良いものでその人を誘惑し、惑わします。
「君には会社で重要な地位を与えたいのだが、君はクリスチャンだから日曜日には働けないんだよね? せっかくの地位なのだよ。日曜は三回働いて、教会に行くのは月に一回にしたらどうだ。そうすれば、君は高い名声を享受して、手厚い給料を手にすることができるのだが。どうだね?」 これには、おそらく 100 人中 100 人が心を動かされるでしょう。
それでもダメな場合、サタンは女性への欲望に囚われやすい人に別の罠を仕掛けます。サタンが女性を目の前に置くと、その人は一瞬にして神を忘れて恋に落ちてしまいます。そうやって人間の義をはぎ取られるのです。
律法を守って生きようとすると、最終的には罪の傷、痛み、霊的な貧しさだけが残り、すべての義を失うことになります。「エルサレムからエリコへ下る道で、強盗に襲われた。強盗どもは、その人の着物をはぎ取り、なぐりつけ、半殺しにして逃げて行った。」
つまり、聖なる神のみこころのままに生きてエルサレムにとどまろうとしても、自分の弱さのために何度もつまずき、やがて滅びることになってしまうのです。
みなさんはまだ、神の前で悔い改めて祈ることがあるかもしれません。「主よ、私は罪を犯しました。もう二度としないので、どうかお許しください。これが本当に最後になることを約束します。今回だけはどうかお許しください。」
しかし、それは決して長続きしません。人はこの世界で罪を犯さずに生きることはできません。2、3 回は避けることができるかもしれませんが、再び罪を犯さないことは不可能です。ですから、繰り返し罪を犯さずにはいられないのです。「主よ、どうか私をお許しください。」 これが続くと、彼らは教会や宗教生活から離れていきます。罪のために神から離れていき、最後は地獄に落ちてしまいます。
エリコに行くということは、世に堕ちるということであり、世に近づき、エルサレムから遠ざかるということです。最初はまだエルサレムに近いのですが、罪を犯しては悔い改めるというサイクルを繰り返しているうちに、気がつくとエリコの下町に立っていて、世に深く入り込んでしまっているのです。

誰が救われるのでしょうか?
自分の義を確立しようとすることを
放棄する者です。
 
男はエリコに向かう途中、誰と出会ったでしょうか? 強盗に会いました。律法を知らずに生きている人は、捨てられた犬のような生活をしています。酒を飲み、どこでも寝てしまい、どこでも放尿します。この犬は次の日に起きると、また酒を飲みます。捨て犬は自分の排泄物を食べてしまいます。ですから、そういう人を犬と呼ぶのです。飲んではいけないとわかっていても、飲んでしまい、翌朝悔い改める、ということを何度も繰り返します。
それは、エリコに向かう途中で強盗に出会った人のようなものです。彼は取り残され、なぐりつけられ、半殺しにされています。それは、彼の心には罪しかないということです。これが人間というものです。
人々は、宗教団体であるエルサレムで律法を守って生きようとしながらイエスを信じていますが、心には罪だけが残っています。宗教的な生活をしていても、罪の傷だけが残ってしまうのです。心に罪を抱えた人は、最後には地獄に投げ込まれます。それが分かっていても、どうすればいいのか分からないのです。みなさんも私も、同じような宗教都市にいたことがあるのではありませんか。そうですね。私たちは同じようにそこにいました。
神の律法を誤解した律法の専門家は、生涯をかけて努力したでしょうが、最後は殴られて地獄に落ちてしまいました。彼は私たちの一人、みなさんと私です。
イエスだけが私たちを救うことができます。私たちの周りにはたくさんの知的な人々がいて、彼らは常に自分が知っていることを自慢しています。彼らはみな、神の律法に従って生きているふりをしていますが、自分に正直ではありません。彼らはスペードをスペードと呼ぶことができず、自分に正直ではなく、外見を整えて忠実であるかのように見せています。
その中には、エリコに向かう途中の罪人たち、強盗に殴られて半殺しにされている人たちがいます。私たちは、神の前で自分がどれほど脆い存在であるかを知らなければなりません。
私たちは主の前で、「主よ、私を救ってくださらなければ、私は地獄に落ちてしまいます。どうか私を救ってください。真の福音を聞くことができるならば、雨が降ろうが嵐が吹こうが、どこへでも行きます。私を放っておくと地獄に行きます。どうか、私を救ってください。」と認めるべきです。
自分が地獄に向かっていることを知り、自分の義を追求することを放棄し、主にすがりつく人こそが救われるのです。私たちは自分の努力では決して救われません。
私たちは、強盗に襲われた人のようなものだと理解しなければなりません。