佈道

主題 3: 水と御霊の福音

[3-3] (Ⅰヨハネ 5:1-12) イエス・キリストは、水と血と御霊によって来られた

(Ⅰヨハネ 5:1-12)
「イエスがキリストであると信じる者はだれでも、神によって生まれたのです。生んでくださった方を愛する者はだれでも、その方によって生まれた者をも愛します。私たちが神を愛してその命令を守るなら、そのことによって、私たちが神の子どもたちを愛していることがわかります。神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。なぜなら、神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。このイエス・キリストは、水と血とによって来られた方です。ただ水によってだけでなく、水と血とによって来られたのです。そして、あかしをする方は御霊です。御霊は真理だからです。あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。もし、私たちが人間のあかしを受け入れるなら、神のあかしはそれにまさるものです。御子についてあかしされたことが神のあかしだからです。神の御子を信じる者は、このあかしを自分の心の中に持っています。神を信じない者は、神を偽り者とするのです。神が御子についてあかしされたことを信じないからです。そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。」
 
 
イエスは何によって来られたのか
水と血と御霊

イエスは、水によって来られたのでしょうか。そうです。イエスは、バプテスマによって来られました。「水」は、ヨルダン川でバプテスマのヨハネによるイエスのバプテスマを象徴しています。それは、イエスが世の罪をすべて取り除いた贖いのバプテスマでした。
イエスは、血によって来られたのでしょうか。そうです。イエスは、人の肉のかたちで来られ、世の罪をすべて取り除くためにバプテスマを受けられ、それから十字架で血を流されることによって、罪から来る報酬を支払いました。イエスは、血によって来られました。
イエスは、御霊によって来られたのでしょうか。そうです。イエスは、神であられますが、罪人の救い主となられるために、人の肉のかたちで御霊として来られました。
多くの人々は、イエスが水と血と御霊によって来られたことを信じていません。ごく少数の人々だけが、イエスがほんとうに王の王であり、神の神であると信じています。大多数の人は、いまだに「イエスはほんとうに神の御子なのだろうか、それとも、人の子なのだろうか」と疑問に思っています。そして、神学者や聖職者を含む多くの人々が、イエスを神でも救い主でも絶対者でもなく、人間として信じています。
しかし神は、イエスが王の王であり、真の神であり、真の救い主であると信じる者は誰でも、神によって生まれるとおっしゃいました。神を愛する者は、イエスを愛し、ほんとうに神を信じる者は、同じようにイエスを信じます。
人々は、新しく生まれていない限り、世に打ち勝つことはできません。このように、使徒ヨハネは、真のキリスト教徒だけが世に勝つことができると告げたのです。忠実な者が世に勝てるのは、水と血と御霊を信じているからです。世に打ち勝つ力は、個人の意志や努力、情熱からは生じません。
「たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません」 (Ⅰコリント 13:1-3)。
ここで「愛」とは、イエスが水と血と御霊によって来られたという意味を指しました。聖書では、「愛」という言葉は、常に「真理への愛」 (Ⅱテサロニケ 2:10) を指しています。実際、神の愛は、神のひとり子を通して示されました(Ⅰヨハネ 4:9)。 
 
 
水と血を信じる者だけが世に勝つことができる

世に勝つことができるのは誰なのか
イエスのバプテスマと血と御霊の贖いを信じる者

ヨハネの手紙第一 第 5 章 5-6 節には、「世に勝つ者とはだれでしょう。イエスを神の御子と信じる者ではありませんか。このイエス・キリストは、水と血とによって来られた方です」 とあります。
キリスト教徒のみなさん、サタンと世に打ち勝ったお方は、イエス・キリストです。イエスの水と血と御霊のみことばを信じる者も、世に勝つことができます。イエスは、どのようにして世に勝ったのでしょう。水と血と御霊の贖いを通してです。
聖書では、「水」とは「イエスのバプテスマ」を指します (Ⅰペテロ 3:21)。イエスは、人の肉のかたちで、この世に来られました。イエスは、世の罪人を救うために来られ、すべての罪人の罪を取り除くためにバプテスマを受け、そうした罪を贖うために十字架で死なれました。
十字架の血とは、イエスが人の肉のかたちで、この世に来られたという事実を指しています。イエスは、罪人を救うために罪深い肉のような形で来られ、水でバプテスマを授けられました。したがって、イエスは水と血との両方によって私たちのところに来られました。言い換えれば、イエスはバプテスマの水と、死の血との両方で、世の罪をすべて取り除かれたのです。
サタンは、どのようにして世を支配したのでしょう。サタンは、人類に神のみことばを疑わせ、彼らの心に不従順の種を植えつけました。サタンは、人々を神のみことばに従わないように欺くことによって、自分のしもべに変えようとします。
しかしながら、イエスがこの世に来られ、バプテスマの水と、十字架の血で、すべての罪を消し去られました。イエスは、サタンに打ち勝ち、世の罪をすべて消し去ったのです。
これは、イエス・キリストが罪人の救い主であったために起こりました。イエスは、水と血とによって来られたため、救い主になられました。
 
 
イエスは贖いのバプテスマで世の罪をすべて取り除いた 
 
イエスが世に勝ったというのは、どういう意味なのか
世の罪をすべて取り除いたという意味

イエスは、世の罪をすべて取り除くためにバプテスマを受けられ、罪を贖うために死なれたので、私たちをすべての罪から救うことがおできになったのです。イエスが、ヨルダン川ですべての人間の代表であるバプテスマのヨハネからバプテスマを受けられたので、世の罪がすべてイエスの上に移されました。イエスは、十字架で罪から来る報酬のために十字架で命をささげました。死とよみがえりで、サタンの力に打ち勝ったのです。イエスは、死で私たちの罪から来る報酬をすべて支払ってくださいました。
 
 
イエスはバプテスマの水と十字架の血によって罪人のところに来られた 

イエスはどのようにしてサタンの力に打ち勝ったのか
バプテスマと血と御霊を通して

使徒ヨハネは、贖いが水だけによるのではなく、水と血とによるのだと告げました。したがって、イエスが私たちの罪をすべて取り除かれ、私たちの罪を永遠に消されたように、すべての罪人は、神を信じ、みことばに忠実であることによって罪から救われるのです。
イエスが世に来られた時、ただ私たちの罪を取り除いただけではなく、十字架で死ぬために血を流されて、罪の贖いをなさいました。イエスは、ヨルダン川でのバプテスマで私たちの罪をすべて取り除かれ、十字架でそうした罪の代価を支払われました。イエスの死で私たちの罪を贖われました。「罪から来る報酬は死です」 (ローマ 6:23) と告げた神の正しい律法は成就されました。
イエスが告げた「世に勝つ」とは、どういう意味だったのでしょう。世に勝つ信仰とは、イエスが水と血とによって与えてくださった贖いの福音への信仰です。イエスは、人の肉のかたちで来られ、水のバプテスマと十字架の死で救済をあかしなさいました。
イエスは世、つまりサタンに勝ったのです。原始教会の弟子たちは、ローマ帝国やこの世の誘惑にも従わず、殉教に直面しても堅く立っていました。
これはすべて、イエスが水(イエスは私たちの罪をすべて取り除くためにバプテスマを受けられた) と十字架の血(私たちの罪から来る報酬を死ですべて支払った) によって来られたという彼らの信仰の結果でした。
イエスは、御霊 (人の肉のかたちで来られた)のうちに来られ、贖われている私たち全員が世に打ち勝てるように、バプテスマと十字架の血で罪人の罪を取り除かれました。
 
 
そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型であり、イエス・キリストの復活によるもの <Ⅰペテロ 3:21 > 
 
救済の型とは何なのか
イエスのバプテスマ
 
ペテロの手紙第一 第 3 章 21 節には、次のようにあります。「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。」 使徒ペテロは、イエスが救い主であり、バプテスマの水と、血によって来られたことをあかししました。
結果として、私たちは、水と血とによって来られたイエスを信じるべきなのです。そして、イエスのバプテスマの水が私たちの救済の型であるということも知っておくべきです。使徒ペテロは、バプテスマの「水」、「血」、そして「御霊」が、贖いに「絶対的な要素」であると告げました。
イエスの弟子たちの中には、イエスのバプテスマなしで、十字架の血を信じた者はいませんでした。血だけを信じることは、真の信仰の半分だけを持つことです。半分あるいは不完全な真理に基づく信仰は、時とともに消えていきます。しかし、水と血と御霊の福音を信じる者の信仰は、時とともに強くなっていきます。
しかしながら、血だけの福音の声は、最近の世界ではますます強くなっています。なぜなのでしょう。人々は真理のみことば、水と御霊の贖いについて何も知らないので、新しく生まれることができません。
かつて西洋の教会は、迷信に巻き込まれました。彼らは、しばらく繁栄しているようでしたが、サタンのしもべが信仰を迷信に変えるように仕向けました。
迷信とは、一枚の紙に十字架を書いたり、木で十字架を作ったりすれば悪魔が逃げること、そしてイエスの血への自分の信仰を告白するなら、サタンを追い払うことができるなどと信じることです。こうしたことや他の迷信的な信念を通して、サタンは人々を欺き、イエスの血を信じなければならないだけだと、信じさせました。サタンは、イエスが罪人のためにしたのは、十字架で血を流したことがすべてだと言って、血を恐れるふりをしたのです。
しかしながら、ペテロと他のすべての弟子たちは、イエスのバプテスマと十字架の血の真の福音についてあかししました。しかし、最近のキリスト教徒は、何をあかししているのでしょうか。彼らは、イエスの血についてだけをあかししています。
聖書に記されたみことばを信じ、御霊と、イエスのバプテスマ、その血の救済への信仰を持つべきです。イエスのバプテスマを無視し、イエスが私たちのために十字架で死なれたという事実だけをあかしするなら、私たちの救いは完全ではあり得ません。
 
 
神の水の救済に対する「あかしのみことば」 

神が私たちを救った証拠とは何か
水と血と御霊

ヨハネの手紙第一 第 5 章 7 節で、主は、「あかしするものが三つあります」 とおっしゃいます。第一は御霊、第二はイエスのバプテスマの水、そして第三はイエスが十字架で流された血です。この三つすべてが、一つとなります。イエスは、私たち全員をそうした罪から救うために、この世に来られました。イエスだけが、バプテスマと血と御霊の三つすべてで、こうなさったのです。
「あかしするものが三つあります。」 神が私たちを救ったことを証明するものが三つあります。その三つの証拠とは、イエスのバプテスマの水と血と御霊です。この三つのものは、イエスがこの世で私たちのためになさったことです。
この三つのうちの一つを省略すると、救済は完全にはなりません。あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。
私たちのところに人の肉のかたちで来られたイエス・キリストは、神であり、御霊であり、御子であられます。イエスは、人の肉のかたちで、御霊としてこの世に来臨され、世の罪をすべて取り除くために、水でバプテスマを受けられました。そして肉の身にすべての罪を背負われ、十字架で死ぬために血を流されて、私たち罪人をお救いくださったのです。イエスは、すべての罪を贖いました。それが、水と血と御霊による完全な贖いの福音なのです。
これらのうちの一つでも除外されたなら、それは私たちをすべての罪からお救いくださった神の救済を拒むことになります。私たちが現代の大多数の信者に同意することになったら、「あかしするものが二つあります。血と御霊です」と言わなければならないでしょう。
しかし、使徒ヨハネは、あかしするものが三つある――イエスのバプテスマの水、十字架の血、御霊――と述べました。使徒ヨハネは、そのあかしにおいて非常に明白でした。
罪人を贖う信仰とは、御霊と水と血への信仰です。人が世に打ち勝つことを可能にする信仰とは、どのようなものでしょうか。そして、私たちはどこでそのような信仰を見つけることができるでしょう。それは聖書の中にあります。水と血と御霊によって来られたイエスを信じることです。これらへの信仰を持ち、救済と永遠のいのちを受けてください。

神の救済はイエスのバプテスマなしで完全なのか
いいえ

昔、私が新しく生まれる前、私も十字架の血と御霊だけを信じたキリスト教徒でした。イエスは、御霊として来臨され、十字架で私のために死なれ、私をすべての罪から救ってくださったと信じていました。私は、この二つのことだけを信じ、厚かましくもそれを人々に説いていたのです。
イエスがなさったように、失われたすべての魂のために働き、死ぬために、私は神学を勉強して宣教師になることを計画していました。いろいろな壮大なことを計画していました。
しかし、私が二つのことだけを信じている限り、心には常に罪が残っていました。その結果、世に勝つことができませんでした。罪から解放されなかったのです。私は血と御霊だけを信じていたとき、まだ私の心には罪がありました。
イエスを信じていたにもかかわらず、まだ心に罪があった理由は、水、つまり、イエスのバプテスマについて知らなかったことです。バプテスマの水と血と御霊への完全な信仰によって贖われるまで、私の救いは完全ではありませんでした。
私が、肉の罪に打ち勝つことができなかった理由は、イエスのバプテスマの意味を知らなかったことです。今でも、多くの人々がイエスを信じていても、まだ肉の罪を犯しています。彼らはまだ心に罪があり、イエスへの初めの愛をよみがえらせるために、あらゆることをしようとします。
彼らは、自分の罪を完全に水できよめられていないので、最初の熱意の情熱をよみがえらせることができません。その人たちは、イエスがバプテスマを受けたときに、自分たちの罪がすべてイエスに移されたことを認識せず、堕落した後で再び信仰を取り戻すことができません。
私は、みなさん全員にこの点をはっきりさせたいと思います。私たちは、イエスを信じるとき、信仰をもって生き、世に勝つことができます。しかしながら、不完全な私たちがこの世で罪を犯したとしても、イエスのバプテスマと流された血で罪から完全に解放なさった救い主として、イエスを信じる限り、私たちは勝利することができるのです。
しかしながら、バプテスマの水なしに、イエスを信じるなら、完全に救われることはできません。使徒ヨハネは、世に勝つ信仰とは、バプテスマの水と血と御霊によって来られたイエス・キリストへの信仰であると告げました。
神は、バプテスマと血を信じる者を贖うために、ひとり子を私たちのところに遣わされました。イエスは、バプテスマで私たちの罪をすべて取り除かれました。神のひとり子イエスが御霊のうちに(人の肉のかたちで)私たちのところに来られました。そして、罪から来る報酬を支払うために十字架で血を流されました。こうして、イエスはすべての人間を罪からお救いになったのです。
世に打ち勝つように私たちを導く信仰とは、イエスが水と血と御霊によって私たちのところに来られ、私たちをすべての罪から完全に解放なさったという真理を信じることから来るのです。
バプテスマの水と十字架の血がなければ、真の救済はなかったでしょう。三つの要素のどれか一つでもなければ、真の救済を受けることはできません。真の救済は、水と血と御霊なしには得られません。したがって、水と血と御霊を信じなければなりません。これを知ってください。そして、みなさんは真の信仰を持つでしょう。
 
 
私は、あなたに水と血と御霊のあかしがなければ真の救済ではないと言う 
 
救済のあかしとなる三つの本質的な要素とは何なのか
水と血と御霊

上の問いについては、次のように考える人がいるでしょう。「イエスは私の救い主。十字架の血を信じているし、殉教者として死にたいと思う。心に罪があるけれど、それでもイエスを信じている。私は、熱心に悔い改め、毎日、善良で正しく、慈善行為のために一生懸命やっている。イエスのために人生とすべての所有物をささげてきた。結婚もしていない。神は、どうして私をご存じないことがあるだろう。イエスは、私のために十字架で死なれた。私たちの聖なる神は、人として来臨され、私たちのために十字架で死んでくださった。私は、神を信じ、神のために犠牲を払い、神のために私の仕事を忠実にした。私は価値がなく、まだ心に何かしら罪があるが、そのためにイエスは私を地獄に送られるだろうか。いいや、そうはなさらないだろう。」 
この人のように考える人々は非常に多いです。彼らは、イエスが世の罪をすべて取り除くためにバプテスマを授けられたことを信じていません。こうしたイエスを信じている名前だけのキリスト教徒がまだ罪を持っているとき、彼らはどこへ行くのでしょう。地獄へ行きます。彼らは、単なる罪人です。
自分の好きなように考え、神も同じように考えなければならないと思い込んでいる彼らは、地獄に行きます。さらに、イエスが十字架で死なれた時にすべての罪を取り除いたのだから、世には罪がないと言う人々がいます。しかしながら、これはただ血と御霊について話しているだけです。これは、人々を完全な贖いへと導く信仰ではありません。
私たちは、イエスがバプテスマで私たちの罪を取り除かれ、私たちのために裁かれ、十字架で死なれ、死から三日目によみがえられたと信じるべきです。
そのような信仰がなければ、完全な贖いは可能ではなかったでしょう。イエス・キリストは、バプテスマを受けられ、十字架で死なれ、よみがえられました。イエス・キリストは、水と血と御霊によって来られました。イエスは、世の罪をすべて取り除かれました。
地上で、救済をあかしする三つの重要な要素:御霊と水と血があります。
第一に、聖霊は、イエスが神であり、人の肉のかたちとなって来られたとあかししています。
第二の要素は、「水」のあかしです。水とは、ヨルダン川でのバプテスマのヨハネによるイエスのバプテスマであり、それを通して、私たちの罪がイエスに移されました。私たちのすべての罪は、イエスがバプテスマを受けた時に、イエスに移されたのです (マタイ 3:15)。
第三のあかしは、イエスが私たちの身代わりとなって罪の裁きの責任を受け入れることを表す「血」です。イエスは、新たないのちをお与えになるために、私たちのために死なれ、私たちに対する父なる神の裁きを受け入れ、三日目に復活なさいました。
父なる神は、贖いのあかしとして、御子のバプテスマと血とを信じる者の心に御霊を遣わされます。
新しく生まれている者は、世に勝つみことばを持っています。贖われた者は、サタンや、偽預言者の嘘、絶えず襲う世の障害、あるいは圧力に打ち勝ちます。私たちがこのような力を持っている理由は、心に三つのあかし、イエスの水と血と御霊を持っているからです。
 
私たちは、どのようにして世とサタンに打ち勝つのか
三つのあかしを信じることによって

私たちは、御霊と水と血を信じているため、サタンと世に打ち勝つことができます。イエスのバプテスマと血を信じる者は、偽預言者のあらゆる欺瞞に打ち勝つことができます。この打ち勝つ力のある私たちの信仰とは、水と血と御霊の中にあります。これを信じますか。
イエスのバプテスマと血、そしてイエスは神の御子であり、私たちの救い主であるという信仰を通して、みなさんが贖いへの信仰を持っていないなら、新しく生まれることも世に勝つこともできません。そのような信仰が、みなさんの心にあるでしょうか。
みなさんの心には、御霊と水があるでしょうか。みなさんは、自分の罪がすべてイエスの上に移されたと信じているでしょうか。みなさんの心に十字架の血があるでしょうか。
イエスの水と血への信仰が心にあるなら、世に打ち勝つでしょう。イエスがみなさんのために十字架で死なれ、身代わりとなって裁きを受けてくださったと信じるなら、打ち勝つでしょう。
使徒ヨハネは、この三つの本質的な要素をすべて心に持っていたので、世に勝つことができました。ヨハネはまた、信仰におけるすべての兄弟たちの仕事で障害や脅威に耐えていた彼らに、贖いについて語りました。ヨハネは、あかししました。「これは、あなたがたも世に勝つことができる方法です。イエスは、御霊と水と血とによって来られました。イエスが世に勝ったように、忠実な者も世に勝つことができます。これが、忠実な者が世に勝つ唯一の道なのです。」 
ヨハネの手紙第一 第 5 章 7-8 節には、次のようにあります。「あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。」 多くの人は、いまだに血と御霊についてのみを話していますが、イエスのバプテスマの水を省いています。もし彼らが「水」を除くなら、まだサタンに欺かれているのです。彼らは、自己欺瞞の陰から出て、悔い改めるべきです。新しく生まれるというイエスのバプテスマの「水」を信じるべきです。
イエスの水と血を信じることなしには、誰ひとり世に勝つことはできません。もう一度言いますが、誰ひとりできません。私たちの強力な武器として、イエスの水と血とを使って戦わなければなりません。みことばは御霊の剣、光です。
すべての罪を洗い流したイエスのバプテスマを信じない人々が、まだあまりに多いのです。二つのことだけを信じる人々が、まだあまりに多いのです。ですから、イエスが「起きよ。光を放て」 とおっしゃっても、彼らは、まったく光を放つことができません。彼らはまだ心に罪があります。彼らはイエスを信じていますが、まだ地獄に行ってしまうのです。
 
 
イエスのバプテスマと血の福音は 人々が聞き、信じ、救われるように明確にあかしされるべきである

イエスのバプテスマへの信仰は単なる一種の教義なのか
いいえ、教義ではない。それは真理

私たちが福音をあかしするときは、明確でなければなりません。イエスは、御霊と、バプテスマ(私たちの罪をすべて取り除いた)と、血(私たちの罪をすべて贖った)によって来られました。私たちは、この三つのすべてを信じなければなりません。
そうでなければ、福音ではなく、単なる宗教を説いていることになります。ほとんどのキリスト教徒は、今日のキリスト教を単なる宗教と見なしていますが、キリスト教を宗教として分類することはできません。それは真理の上に築き上げられる贖いの信仰、神を仰ぐ信仰です。それは宗教であるはずがありません。
宗教とは、人によって作られたものであり、信仰とは、神が私たちに与えてくださった救済を仰ぐことです。それが違いです。この真実を無視するなら、その人はキリスト教を単なる別の宗教と見なし、倫理道徳の見地から説いているのです。
イエス・キリストは、この世界に宗教を設けるために来られたのではありません。イエスは決してキリスト教と呼ばれる宗教を築かれませんでした。なぜ、みなさんはそれが宗教だと思いますか。それがすべて同じなら、なぜ代わりに仏教を信じないのですか。こんなことを言う私が間違っていると思いますか。
一部の人々は、宗教的な生き方としてイエスを信じて、「何が違うんですか。天国、涅槃(ねはん)、楽園……それらはみな同じもので、ただ呼び方が違うだけです。とにかく私たちはみな同じ場所にいるでしょう」と言うことになります。
キリスト教徒のみなさん、真理の上に堅く立つべきです。そして、私たちは「起きて、光を放つ」べきです。ためらうことなく真理を語るはずです。
「それが天国への唯一の道ではあり得ないよ」と誰かが言ったとき、みなさんは明確な口調で、「いえいえ、これが唯一の道です。水と血と御霊によって来られたイエス・キリストを信じるときにのみ、天国に行くことができるのです」と言うべきです。みなさんは、他の魂が、贖いのみことばを聞き、新しく生まれ、天国に行くように、とても明るく光を放つべきです。
 
 
正しい信仰を持て:イエスのバプテスマと血の贖いを知らず、報われないイエスの恋人たちは滅びる 
 
イエスを信じていてもだれが滅びるのか
イエスのバプテスマを信じない者

身勝手にイエスを信じることを主張するだけでは、イエスに対する片想いの愛であり、キリスト教の狂信者となる近道を行くことになります。
ある日、太平洋を横断していた船が沈み、わずかな生存者が救命ボートで漂流していました。彼らはSOSを送りましたが、荒れた海は、他の船が救助に来るのを妨げました。それから代わりにヘリコプターが来て、ロープを投げ下ろしました。遭難者がロープを体に巻きつける代わりに、両手でロープを握るだけだったら、自分が好きなように神を信じて、イエスに片想いしている人のようなものです。その人は、まだ安全ではないのにこう言います。「私は信じています。救ってください。信じているのだから、救われるのでしょう。」 
イエスのバプテスマと、血の真理を理解していない人は、ロープにつかまっているから救われるだろうと信じています。
しかし、その人は引き上げられる途中でロープから手を放してしまいます。その人は自分の力だけで握っているでしょう。ロープにつかまって行くには、陸はあまりに遠いのです。力が尽きると、ロープを握っていることができず、海に落ちてしまいます。
イエスに片想いしているとは、そのようなものです。神とイエスを信じると言う人は、大勢いるでしょう。その人たちは、御霊によって来られたイエスを信じていますが、それは全体の一部にすぎません。彼らは、ほんとうに完全な福音を信じることも、その中に宿ることもできないので、自分たちが神を「信じる」と何度も何度も言うことを強います。
信じることと、信じようとすることは同じことではありません。彼らは、最後までイエスに従うと言うでしょうが、心に残っている罪のため、最後の日には捨てられるのです。彼らは、イエスがバプテスマと血と御霊によって来られたことを知らずに、イエスを愛します。もし彼らがイエスの血だけでイエスを愛しているなら、彼らは地獄に行くでしょう。
みなさんの魂を真の福音のロープ、水と血の福音で結んでください。イエスが救済のロープを投げ下ろした時、水と血と御霊で結びついた者は救われます。
ヘリコプターにいる救助者は拡声器を通して叫びました。「よく聞いてください。ロープを投げ下ろしたら、わきの下のところで胸に巻いてください。そうして、そのままでいてください。手でロープにつかまってはいけませんよ。ただ胸に巻いて、楽にしていてください。そうしたら、救助されますから。」 
最初の人は、その指示に従い、体にロープを巻きつけ、救助されました。しかし、もう一人は言いました。「大丈夫ですよ。私はとても強いですから。ヘルスクラブで鍛えてるんです。ほら、筋肉が見えますか。私は、何キロメートルでもつかまっていられますよ。」 そうして、ロープが引き上げられたとき、彼は両手でロープにつかまりました。
二人とも初めは引き上げられました。しかし違いがあります。指示に耳を傾け、胸の周りにロープを巻いた人は、滞りなく引き上げられました。途中で意識も失うことがありましたが、それでも引き上げられたのです。
自分の強さを誇りにしていた人は、やがて力尽きたので、結局はロープから手を放してしまいました。その人は、指示に耳を傾けるのを拒否し、無視したために死にました。
完全な贖いを得るためには、すべての魂を罪から救ったイエスのバプテスマの水と、血の贖いを信じなければなりません。心からみことばを信じる者には、救済があります。「わたしはバプテスマのヨハネから受けたバプテスマと、十字架で死ぬために流した血で、あなたがたを完全に救いました。」 
イエスの血だけを信じる者は言います。「心配しないで、信じています。私の人生の終わりまでイエスの血を感謝しますよ。終わりまでイエスに従い、イエスの血の信仰だけが、世と残りの生涯の罪に打ち勝つのに十分以上になるでしょう。」
しかしながら、これは十分ではありません。神がご自分の民にすると認めているのは、三つのあかしをすべて信じる者です。つまり、イエスが、御霊によって来られ、バプテスマを受けられ(イエスは、ヨルダン川でのバプテスマですべての罪を取り除かれた)、すべての罪から来る報酬を支払うために十字架で死なれ、三日目に死者の中からよみがえられたことをすべて信じる者です。
御霊は、三つのすべてを信じ、それをあかしする者にだけ来られます。「そうです。わたしはあなたの救い主です。わたしは水と血によってあなたを救いました。わたしはあなたの神です。」 
しかし、三つのすべてを信じていない者には、神は救済をお与えになりません。たとえ一つでも除外したなら、神は、「いいえ、あなたは救われていない」とおっしゃるでしょう。イエスの弟子はみな、三つすべてを信じました。イエスは、バプテスマが救済の型であり、血が裁きであるとおっしゃいます。
 
 
使徒パウロとペテロもイエスのバプテスマと血の両方をあかしした 

イエスの弟子たちはイエスの何をあかししたのか
イエスのバプテスマと血

使徒パウロは、イエスのバプテスマについて話したのでしょうか。パウロが何度、イエスのバプテスマについて語っているかを見てみましょう。ローマ人への手紙第 6 章 3 節で、「それとも、あなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスにつくバプテスマを受けた私たちはみな、その死にあずかるバプテスマを受けたのではありませんか」 と言っています。また、第 6 章 5 節には、「もし私たちが、キリストにつぎ合わされて、キリストの死と同じようになっているのなら、必ずキリストの復活とも同じようになるからです」 とあります。
さらにガラテヤ人への手紙第 3 章 27 節には、「バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです」 とあります。イエスの使徒はみな、イエスのバプテスマである「水」をあかししました。「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです」 (Ⅰペテロ 3:21)。
 
 
主の贖いの救済はイエスの水と血によって来た 
 
神は誰を義人と呼ばれるのか
心にどんな罪もない者

イエスが人類にお与えくださった贖いとは、イエスのバプテスマの水と、十字架の血とによるものです。その贖いによって、私たちは起きて、光を放つことができます。どのようにしてでしょう。この三つをあかしすることによってです。
「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ」 (イザヤ 60:1)。神は、私たちの上に光を放ち、私たちにも光を放つように命じておられます。私たちは、そのご命令に従うべきです。
私たちは、全力を尽くして福音を宣べ伝えています。しかしながら、まだ聞いていない人が非常に大勢います。イエスを信じてください。それでみなさんは贖われるのです。義人になります。もし心にまだ罪があるなら、まだ義人ではありません。その人は、まだ世の罪に打ち勝っていないのです。
イエスの水(イエスのバプテスマ)を信じなければ、決して心にある罪を消し去ることができません。イエスの血を信じなければ、決して裁きを逃れることができません。御霊によって来られたイエス・キリストを信じなければ、決して救われることができません。この三つのあかしを信じなければ、決して完全に義人になることはありません。
不完全な義は、いわゆる「義」に導くだけです。まだ罪があっても自分を義人であると見なすなら、その人はまだイエスのうちにはいません。現代、いわゆる「義」によって贖いを得ようとする人々がいます。彼らは、この件に関して無駄な記事をたくさん書いています。
人の心にまだ罪があるのに、神はその人を罪のない者だとおっしゃるでしょうか。神は、そのようなことはなさいません。神はご覧になったままに呼ばれます。神は、万物の支配者であられますが、嘘をつくことは決してなさいません。人々は「義」の真の意味を理解していません。何かを「きよい」と言うのは、それがきよい場合だけです。罪があるときに、「義人」とは言いません。
心に罪があるにもかかわらず、イエスはその人を義人であると呼ばれるのだと考えるかもしれません。それは間違っています。
私たちがイエスを、御霊と、水(バプテスマを受けた時に私たちの罪をすべて取り除いた)と、血(人の肉のかたちで来られ、私たちのために死なれた)とによって来られたお方として信じるときだけ、イエスは私たちを義人であると呼ばれるのです。
キリスト教徒のみなさん、いわゆる「義」は、水と血の福音には何の関係もありません。いわゆる「義」あるいは「義人と呼ばれること」は、人によって作られた教義です。みなさんが心に罪があるときに、神はみなさんを義人だと呼ばれるでしょうか。たとえ人がどれほど熱心にイエスを信じていようとも、神は心に罪がある人を義人とは呼ばれません。イエスは、決して嘘をつきません。
それでも、みなさんはまだ自分の心に罪があるとき、神はその人を義人だと呼ばれるでしょうか。それは、神ではなく人々が考えることです。神は嘘を憎まれます。みなさんが「御霊」と「血」だけを信じるなら、神はみなさんを義人だと呼ばれるのでしょうか。決して呼ばれません。
神が義人と呼ばれるのは、一種類の人だけです。それは、心に罪がない者です。私たちの罪をすべて消し去るために、神であられるイエスがこの世に人の肉のかたちとなって来られたこと、ヨルダン川でバプテスマを授けられたこと、十字架で血を流されたこと――この三つをすべて信じる者だけを、神はお認めになります。
贖いの良い知らせを信じる者だけが、神から義人と認められます。彼らは正しく信じる者です。彼らは、神が私たちのためになさったすべてのことを完全に信じています。イエスが来られ、すべての罪を取り除くためにバプテスマを受けられ、十字架で死ぬことによって私たちのために裁きを受けられ、死からよみがえられたことを信じています。
このすべてのことは、神の愛から、なされました。イエスは天から来臨されて、「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」 (マタイ 11:28) とおっしゃいました。イエスは、私たちの罪を取り除いて、このことをなさったのです。
イエスの血だけを信じる人々を、神はお認めになりません。イエスの血だけを信じる人は、心にまだ罪があります。イエスは誰を「贖われた者」と認めてくださるでしょう。
イエスのバプテスマ、イエスの血、それにイエスが神であられるという事実を信じてください。すべてがみなさんの救済に必要です。「わたしは、この世界に来て、バプテスマのヨハネからバプテスマを受けた時に、あなたがたの罪をすべて取り除きました。世の罪はすべてわたしの上に移されたことをあかしします。わたしは、十字架で罪の代価を払いました。こうして、あなたがたを救ったのです。」
三つをすべて信じる者に、イエスはおっしゃいます。「そうです。あなたは救われました。あなたは義人であり、神の子どもです。」みなさんも、イエスのバプテスマと血、御霊をすべて一緒に信じるなら、みなさんも救われます。血と御霊だけを信じる者は、まだ心に罪があります。
神の御国では、真理は一つだけです。そこには正義、正直、愛、そして親切があります。そこには、嘘はみじんもありません。嘘や策略は、天国には存在しません。

「不法をなす」者とは誰なのか
イエスのバプテスマを信じない者

「その日には、大ぜいの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行なったではありませんか』」 (マタイ 7:22)。
神は、それらの人の働きが神の御国に入る資格があるとは、決して認めません。「しかし、その時、わたしは彼らにこう宣告します。『わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け』」 (マタイ 7:23)。
「私は、あなたのために家を二つささげました。あなたのために命まで捨てました。あなたは私をご覧にならなかったのですか。最後の息を引き取る時まで、決してあなたを否定していませんでした。あなたは私をご覧にならなかったのですか。」 
「それで、あなたの心には罪がありますか。」 
「はい、主よ。少しあります。」 
「では、わたしから離れて行きなさい。罪人は誰ひとりここに来ることはできません。」 
「主よ、でも私はあなたへの信仰のために殉教したのですよ。」 
「殉教したとは、どういうことですか。あなたは、自分の頑固さで死んだだけです。あなたは、わたしのバプテスマと血を認めましたか。あなたがわたしの民であることを、わたしはあなたの心にあかししましたか。あなたは、わたしのバプテスマを信じておらず、わたしは、あなたがわたしの民であることを一度もあかししたことがありません。それなのに、あなたは自分の信じることに執着し、そのために死んだのです。わたしがいつ、あなたのためにあかししましたか。それは、あなたが自ら招いたことです。あなたは自分の贖いのために一人で愛し、努力しました。わかりますか。さあ行きなさい。」 
イエスは、私たちに起きて光を放つようにとおっしゃいました。贖われた人々は、大勢の名前だけのキリスト教徒や偽預言者の前で身を縮め、とても明るく光を放つことはできないかもしれません。しかし、小さな炎が大火災の元となる可能性があります。一人が勇敢に立ち上がって真理をあかしするなら、全世界は輝くでしょう。
イザヤ書第 60 章 1-2 節には、次のようにあります。「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現われる。」 
偽りという暗やみ、すなわち偽の福音が全世界を覆っているので、神は私たちに、起きて、光を放つようにとお命じになっています。イエスを信じる者だけが主を愛することができます。贖われていない者は、決してイエスを愛することができません。どうして愛せるでしょうか。その人たちは愛のことだけを話しますが、真理のすべてを信じない限り、決してほんとうに主を愛することはできないのです。
 
 
罪人の救済をあかしするものは三つある
 
私たちの心において救済のあかしとは何か
イエスのバプテスマ

「あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです。」 イエスは、地上に来られて、水と血とによってみわざをなさいました。イエスは、そうなさって私たちを救われたのです。
「もし、私たちが人間のあかしを受け入れるなら、神のあかしはそれにまさるものです。御子についてあかしされたことが神のあかしだからです。神の御子を信じる者は、このあかしを自分の心の中に持っています。神を信じない者は、神を偽り者とするのです。神が御子についてあかしされたことを信じないからです。そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません」 (Ⅰヨハネ 5:9-12)。
新しく生まれた者は、人のあかしを受けます。私たちは、義人として認められています。贖われた新しく生まれた者が、贖いについての真理を語る時、人々はそれを議論することができません。人々はそれを受け入れます。彼らは、私たちが正しく信じている、また、私たちが信仰において正しいと言っています。私たちがどのように新しく生まれたかを彼らに話すなら、誰も私たちがあかしする真の福音に反対することはできません。彼らは、私たちが正しいと言います。私たちは、人間のあかしを受けます。
しかし、この聖句はまた、「神のあかしはそれにまさるものです。御子についてあかしされたことが神のあかしだからです」 と告げています。神のあかしは、御子についてです。正しいですか。御子についてのあかしとは何でしょう。神が私たちをお救いくださったというあかしは、イエスが御霊と贖いの水、それに十字架の血によって来られたということです。神は、これこそ私たちを救った方法であり、私たちがみな神の民であるのは、このことを信じているからだと、あかしなさいます。
「神の御子を信じる者は、このあかしを自分の心の中に持っています。神を信じない者は、神を偽り者とするのです。神が御子についてあかしされたことを信じないからです。」 
この聖句は、救われた者とは誰であるかを明確に告げています。神の御子を信じる者は、このあかしを自分の心の中に持っているというのです。みなさんの心には、あかしがありますか。それはみなさんの中にも私の中にもあります。神は、私たちのために地上に来られました。(イエスは、聖霊によって処女マリヤの体から人の肉のかたちで来られました。)イエスが 30 歳の時、私たちの罪をすべて背負われるために、バプテスマを受けました。私たちの罪をすべて負われ、十字架で裁かれました。イエスは、私たちに永遠のいのちをお与えになるために、三日目によみがえられました。イエスは、そのようにして私たちを救われたのです。
イエスが復活しなければ、どうなっていたことでしょう。どのようにして墓の中で私のためにあかしできたでしょう。そういうわけで、イエスは私の救い主なのです。これは、私たちが信じているものです。
主がおっしゃったように、イエスはバプテスマと血で私たちを救われました。そして、私たちは信じているので、みなさんも私も救われているのです。あかしは私の中に、それに、みなさんの中にあります。贖われた者は、決してイエスのバプテスマの「水」を無視することができません。私たちは、主が私たちを救ってくださったことを決して省略しません。
「このようにして、すべての正しいことを実行するのは、わたしたちにふさわしいのです」 (マタイ 3:15)。イエスがヨルダン川でバプテスマのヨハネからバプテスマを受けたとき、私たちの罪をすべて取り除かれたことを、私たちは決して否定することができません。贖われた者は、決してイエスのバプテスマの「水」を否定することができません。
 
 
信じているが贖われていない者はイエスのバプテスマを終わりまで否定する
 
だれが神を偽り者とするのか
イエスのバプテスマを信じない者

使徒ヨハネが「神を信じない者は、神を偽り者とするのです」 と告げたとき、どれほど正確だったでしょう。使徒ヨハネが今ここに住んでいたなら、私たち現代のキリスト教徒に何と言ったでしょう。ヨハネは、「イエスがバプテスマを受けた時に私たちの罪がすべて取り除かれた」かどうかを尋ねることでしょう。
バプテスマのヨハネもまた、イエスはバプテスマで私を贖ったとあかししなかったでしょうか。「あなたがたの罪は、イエスが私からバプテスマを授けられたとき、イエスの頭に移され、イエスはその罪を背負われなかったでしょうか。」 こうして、バプテスマのヨハネは、イエスが私たち全員を救うためにバプテスマを受けられたと、はっきりあかししたのです(ヨハネ 1:29、Ⅰヨハネ 5:4-8)。
神を信じない者、言い換えれば、神が私たちを救うためになさったことをすべて信じない者は、神を偽り者としています。私たちが、イエスはバプテスマを受けられた時に、私たちの罪をすべて取り除いたと言うと、彼らは言います。「まさか、そんな。イエスが私たちのすべての罪を取り除くなんてできるはずがない。原罪だけを取り除いたのだから、毎日の罪はまだ、すべて残っているんだよ。」 
ですから、彼らは、贖われるためには毎日の罪のために悔い改めの祈りをささげなければならないのだと主張します。これは、彼らが信じているものです。みなさんも、そのように信じているのですか。私たちの罪がイエスのバプテスマで洗い流されたと信じていない人は、神を偽り者としているのです。
 
 
イエスは、バプテスマを受けて十字架で血を流した時に私たちをただ一度で贖われた 
 
誰が嘘つきなのか
イエスのバプテスマを信じない者

イエスは、バプテスマを受け、一度ですべての罪を取り除かれました。神は、イエスのバプテスマと血とを信じる者を救われますが、信じない者を見捨てられます。その人たちは地獄へ行きます。したがって、救われるかどうかは、何を信じるかにかかっています。イエスは、すべての罪の世を救われました。信じる者は救われ、信じない者は、神を偽り者としているので、まだ救われていないのです。
人々は、自分の弱さのために地獄に行くのではなく、信仰の欠如のために地獄に行くのです。「神を信じない者は、神を偽り者とするのです」 (Ⅰヨハネ 5:10)。すべての罪がイエスの上に移されたと信じない者は、まだ心に罪があります。彼らは、自分には罪がないと言うことができません。
以前、ある執事にお会いして、こう尋ねたことがあります。「執事さん、あなたのすべての罪はイエスを信じた時に消えましたか。」
「もちろん、消えました。」 
「では、イエスは世の罪を取り除かれ、『完了した。』とおっしゃったのですから、あなたは救われています。そうですよね。」 
「はい、私は救われています。」 
「では、あなたは罪があってはなりません。」 
「はい。」 
「また罪を犯したら、どうなりますか。」 
「私たちは、しょせん人間です。どうしてまた罪を犯さないでいられるでしょう。ですから、毎日悔い改めて罪を洗い流さなければなりません。」 
この執事は、完全な贖いの真理を知らないため、まだ心に罪があります。
このような人々は、神をあざけり、偽り者としている者です。神であられるイエスは、世の罪をすべて消すことに失敗なさったのでしょうか。それは、非常に一大事です。イエスがすべての罪を消さなかったなら、どうして救済の神となれたでしょう。どうして私たちに神を信じるようにおっしゃることができたでしょう。みなさんは、神を偽り者とするつもりですか。私はみなさんに、そんなことをしてはいけないと助言します。
聖書は、神をあざけってはならないと教えています。これは、神を偽り者とすることも、欺こうともしてはならないということです。神は、私たちのようではありません。
使徒ヨハネは、贖いの福音について明確に述べています。多くの人々は、神が私たちのためになさったこと――イエス・キリストが水と血と御霊によって来られたということ――を信じようとしません。
キリスト教徒には二種類います。聖書に記されているとおりに信じることなく、「私は罪人です」と告白する者と、神が自分たちのためになさったことをすべて信じ、信仰を持って「私は義人です」と告白する者です。どちらが真実を語っていると思いますか。
神がなさったことを信じない者、言い換えれば、水と血と御霊のあかしを認めない者は、嘘つきです。彼らは、間違った信仰を持っています。信じない者は、神を偽り者としているのです。
神を偽り者としてはなりません。イエスは、ヨルダン川に来られ、このようにして(バプテスマを受けて)、すべての正しい(世の罪を取り除く)ことを実行なさったのです。
 
 
不信者は、イエスのバプテスマと神性を否定する 
 
サタンと悪魔は何を否定するのか
イエスのバプテスマ

神の御子を信じる者は、その人の内にあかしを持っています。新しく生まれた者は、イエスがバプテスマを受けた時に自分の罪がすべてイエスの上に移されたこと、イエスの水と血で救われたことを信じています。彼らは、イエスが処女マリヤの体を通して、この世に生まれ、十字架で死なれる前に、ヨルダン川でバプテスマをお受けになったこと、復活なさったことを信じています。
義人は、心にあかしを持っています。私たちの救済の証拠は、水と血と御霊によって来られたイエスへの信仰の中にあります。あかしは、みなさんの中にあります。どうか、みなさんの中にあかしを持ってください。よろしいですか。みなさんの内に救済の証拠、あかしがないなら、それは救済ではありません。
使徒ヨハネは、「神の御子を信じる者は、このあかしを自分の心の中に持っています」 (Ⅰヨハネ 5:10) と述べました。それは、十字架の血だけを信じるあかしを持つということでしょうか。それとも、水を信じるけれど、血は信じないということでしょうか。神に認められるには、三つ全部を信じなければなりません。
そうしてはじめて、イエスは「あなたは救われている」とあかしなさるのです。みなさんは、三つのうち二つだけを信じるなら、あかしを持つだろうと言っているのでしょうか。それは、自分なりのやり方で神を信じることです。それは「自分のあかし」ということになります。
このような人は大勢います。三つのうちの二つしか信じない人は、この世界には非常に多いのです。その人たちは、自分は救われたとあかしし、彼らの心が主張するように、それについて本を著します。彼らは、なんと流暢なのでしょう。とても悔しいです。その人たちは、自らを福音主義者と呼び、自分たちはただの福音主義者ではなく、「宗教者」であると感じています。「水」は信じていませんが、それでも、自分たちの救済を誇っています。彼らは、どれほど論理的でしょう。しかし、彼らの心の中に神のあかしを持っていません。それはただの仮説です。
どうしてそれを救済と呼べるのでしょう。御霊と水と血によって来られたイエスを信じる者だけが、神と人のあかしを持つのです。
使徒パウロは、「なぜなら、私たちの福音があなたがたに伝えられたのは、ことばだけによったのではなく、力と聖霊と強い確信とによったからです」 (Ⅰテサロニケ 1:5) と述べました。人々がイエスの血だけを信じると、サタンは喜びます。「ああ、愚か者どもが、だまされたな、ハッハッハ!」 人々がイエスの血をたたえるとサタンは逃げて行くと信じる人が大勢います。彼らは、サタンが十字架を怖がるだろうと考えます。しかし、みなさんはサタンがただそういうふりをしているだけであることを心に留めておくべきです。だまされてはいけません。
悪魔が人の中に入ると、その人は狂気に陥り、口から泡を吹くことがあります。悪魔にとって、難しいことではありません。悪魔は、人にほとんど何でもさせる力を持っています。悪魔は、脳を少し使うだけでいいのです。神は悪魔に、殺す力を除くあらゆる力をお与えになりました。悪魔は、人間をポプラの葉のように揺さぶり、叫ばせ、口から泡を吹かせることができます。
これが起こると、信者たちはこう言います。「イエスの名によって消え去れ!去れ!」 そして、その人が自分の感覚を取り戻して、通常の自分に戻ると、力を持っていたのはイエスの血だったと言います。しかし、これはイエスの血の力ではありません。それはただ、悪魔がそう見せかけているだけなのです。
サタンと悪魔が最も恐れているのは、イエスのバプテスマによって私たちをきよめられ、その血によって私たちのために裁きを受けられ、三日目によみがえられたイエスを信じる者です。サタンは、イエスのバプテスマと血の救済のあかしの近くにとどまることができません。
ご存じのように、カトリックの神父たちは、時に悪魔払いをします。私たちは、映画でそれを観たことがあります。映画「オーメン」では、神父が木製の十字架を掲げて、それを振りますが、神父は死にます。新しく生まれた者は、このように敗北することはないでしょう。
新しく生まれた信者は、自信を持ってイエスの血と水について語ります。悪魔がその人を苦しめようとしたら、その人は悪魔に「イエスが私の罪をすべて取り除かれたことをご存じですか」と尋ねるでしょう。すると、悪魔は逃げ去るでしょう。悪魔は、「新しく生まれた者」のそばにいるのを嫌います。「新しく生まれた者」がただそこに座ったなら、悪魔は逃げようとします。しかし、神を信じない者は神を偽り者とすると言われています。彼らは、神の御子のあかし、水と血のあかしを信じません。
 
神の御子のあかしとは、何なのか
イエスのバプテスマと血と御霊

神の御子のあかしとは何でしょうか。イエスが御霊によって来られ、水で私たちの罪を取り除かれたということです。イエスは、世の罪をご自身にすべて背負われ、十字架で私たち全員のために血を流されました。それは、水と血と御霊の贖いではありませんか。
人々は水と血の真の福音、贖いの福音を信じていないので、彼らは神の前で嘘をつくのです。この真の福音以外のものは、すべて偽物です。そうした信仰は偽りであり、彼らはそうした偽りの福音をむなしく広めているのです。
ヨハネの手紙第一 第 5 章に戻りましょう。第 11 節は、次のようにあります。「そのあかしとは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、そしてこのいのちが御子のうちにあるということです。」 これは、神が私たちに永遠のいのちを与えられたということ、いのちがそれを受ける者のうちにあるということを告げています。また、このいのちは、御子のうちにあるということです。
永遠のいのちを受ける者とは、イエスのバプテスマと血を信じて贖われている者です。贖われた者は、永遠のいのちを受け、永遠に生きます。みなさんは、永遠のいのちを受けていますか。
第 12 節は、次のようにあります。「御子を持つ者はいのちを持っており、神の御子を持たない者はいのちを持っていません。」 言い換えれば、御子が地上でなさったこと──バプテスマを受けられ、十字架で死なれ、そして復活──を信じる者には、永遠のいのちがあるのです。しかし、これらのうちのただ一つでも除外する人は、いのちを持っておらず、贖われてもいないのです。
使徒ヨハネは、イエスのなさったことへの信仰、すなわち、水と血と御霊への信仰に基づいて、神の民を区別しました。こうしたことは、彼らがそのうちにみことばを持っているかどうかを私たちに教えています。ヨハネは、イエスのバプテスマの水と血と御霊への信仰によって贖われた者を見分けます。
 
 
新しく生まれていない者は、羊とやぎを区別することができない 
 
贖われた者と贖われていない者を誰が区別できるのか
新しく生まれた者

使徒ヨハネは、贖われた義人をはっきりと識別しました。使徒パウロもそうしました。神のしもべは、どのように羊とやぎを正確に区別できるのでしょう。彼らはどのようにして、神の真のしもべと、偽者とを区別できるのでしょう。イエスの水と血を信じて贖われた者は、見る力を受けます。
牧師、福音伝道者、あるいは長老のいずれであっても、贖われた者を識別できないなら、あるいは羊とやぎとを区別できないなら、その人はまだ新しく生まれておらず、その人のうちにいのちがありません。しかし、ほんとうに新しく生まれた者は、違いを明らかに見ることができます。自分のうちにいのちのない者は、違いを見ることも認識することもできません。
私たちは、暗闇の中で色を見分けることができないのと同じです。緑は緑であり、白は白です。しかし、目を閉じるなら、色を見ることも認識することもできません。
しかし、目を開いている者は、色のわずかな変化さえも認識できます。彼らは、どれが緑で、どれが白であるかを言えます。同様に、贖われた者と贖われていない者との間には、明白な違いがあります。
贖いの福音、水と血と御霊の福音を宣べ伝えなければなりません。起きて光を放たなければなりません。私たちが真の信仰を広めるために、周りの人々を集めるとき、私たちは人のことばで話しません。聖書で、ヨハネの手紙第一 第 5 章は、その意味を説明しています。混乱しないように、段階を追って説明すべきです。
私たちが宣べ伝えているみことば、すなわちイエスの水と血と御霊のみことばは、贖いの光です。イエスの「水」を人々に知らせることは、明るく光を放つということです。イエスの「血」を人々に知らせることは、明るく光を放つということです。この真理を知らない人が地上にいないように、私たちはそれを非常に明確にしなければなりません。
新しく生まれた者が起きて光を放たなければ、多くの人々が贖われることなく死ぬでしょうし、神はそれを喜ばれないでしょう。そして神は、私たちを怠け者のしもべだとおっしゃるでしょう。私たちは、イエスの水と血の福音を広めなければなりません。
私が何度もくり返しているのは、イエスのバプテスマが救済のために非常に重要だからです。私たちが子どもに話すとき、私たちは子どもが理解するのを確かなものとするために、あらゆる点を経て何度も物事を説明しなければなりません。
文盲の人に教えようとしたら、おそらく最初は文字から始めます。それから、文字を使って単語を書く方法を徐々に教えていきます。その人が「罰」という言葉を書けるようになったら、私たちはことばの意味を説明し始めるでしょう。これこそまさに、人々がほんとうに理解することを確かなものとするために、イエスについて人々にどのように正確に語るべきかということです。
イエスのバプテスマについて、明確に説明すべきです。イエスは、この世に水と血と御霊によって来られました。みなさんがイエスを救い主として信じて贖われることを祈ります。
水と御霊の贖いは、イエスのバプテスマと、十字架の血への信仰、それにイエスが神であり、救い主であるという信仰から生まれるのです。