説教集

主題 6: 異端

[6-1] (イザヤ 28:13-14) キリスト教において偽りのキリスト教徒と異端者

(イザヤ 28:13-14 )
「主は彼らに告げられる。『戒めに戒め、戒めに戒め、規則に規則、規則に規則、ここに少し、あそこに少し。』 これは、彼らが歩くとき、うしろざまに倒れ、手足を折られ、わなにかかって捕えられるためである。それゆえ、あざける者たち――エルサレムにいてこの民を物笑いの種にする者たちよ。主のことばを聞け。」
 
 
聖書における異端

聖書は「異端者」という言葉をどのように定義しているか。
聖書は異端者を、イエスを信じているにもかかわらず、心に罪がある人だと定義している。
 
最近、特に発展途上国では、多くの偽りの新聞記者がいます。彼らは、新聞記者のふりをしますが、被害者がしたことを暴露すると脅迫して、通常は被害者から金銭をゆすり取ります。偽りという言葉は、本物のように見えるものですが、本物ではないものを意味します。言い換えれば、それは真の自己が外観とは完全に異なるものを指します。
「異端者」と「偽り」という言葉は、特にキリスト教の教会で非常に頻繁に使用されます。
異端者とは何か、そして「偽り」と呼ばれることの明確な定義は、ほとんどありません。また、聖書に厳密に基づいて、これらの概念を教える人も多くいません。
こうした状況下で、私は聖書が「異端」と定義するものを明らかにして、主題にいくらかの光を投じる義務があると感じています。また、日常生活における異端の例をいくつか指摘し、それによって私たちが一緒に考えられるようにしたいと思います。神を信じる人はだれでも、人生で少なくとも、一度は異端について考えなければなりません。
テトスへの手紙 3:10-11 は、異端者は堕落しており、自分で悪いと知りながら、罪を犯している分派を起こす者であると定義しています。異端者とは、自分を罪人であると非難する人のことです。したがって、イエスを信じても、心に罪がある者は、神の前に異端者です。
イエスは、バプテスマを通して罪をすべて取り除かれました。しかし、異端者は、罪人に救いをもたらす真の福音を信じることを拒み、それから罪人の仲間入りをするように責めます。
みなさんは異端者ですか。まっすぐで、ほんとうに忠実な生活を送りたいなら、これについて考えなければなりません。
水と御霊の福音をまだ聞いていないなら、イエスを信じているにもかかわらず、自分を罪人として責めておられませんか。自分を罪人とみなすなら、イエスの完全な救済と、水と御霊の福音を侮辱して、イエスに害を及ぼしているのです。
神の前で自分を罪人と呼ぶことは、自分が神の子どもではないことを認めることです。「主よ、私は罪人です」とイエスに告白する者は、自分の信仰を考え直さなければなりません。
イエスが世の罪をすべて取り除かれ、永遠の滅びからみなさんを完全にお救いくださったとき、みなさんはどのようにイエスを信じ、まだ罪人であると主張することができるのでしょう。イエスがバプテスマを通して、みなさんの罪を取り除かれ、十字架でみなさんのために徹底的に裁かれたのに、みなさんはどのようにして神の救済の自由な賜物を否定し、自分を罪人と定義できるのでしょう。
そのような人々は、神のみことばとは別に、罪人になることを志願しているため、異端者です。神の前で異端を犯さないようにするには、水と御霊の福音を知らなければなりません。
イエスを信じていても、新しく生まれていない人はだれでも、まだ心に罪があるので、異端者です。
神は、私たち自身を含む世の罪をすべて取り除いてくださったので、この救済の祝福を無視するなら、私たちは神の前に異端者です。神は聖であられるため、私たちは心に罪があるなら、異端者です。本当に義人になりたければ、イエスのバプテスマと十字架での血の福音を信じなければなりません。
 
 
聖書における異端の起源

祭司にとって最も重要な資格とは何なのか。
彼は新しく生まれていなければならない。

列王記第一 12:25-26 を見てみましょう。「ヤロブアムはエフライムの山地にシェケムを再建し、そこに住んだ。さらに、彼はそこから出て、ペヌエルを再建した。ヤロブアムは心に思った。『今のままなら、この王国はダビデの家に戻るだろう。』」 ヤロブアムは、ソロモンの部下の一人でした。ソロモンが晩年に堕落したとき、ヤロブアムは、王に反逆し、後にソロモンの子レハブアムの時代に、イスラエルの十部族の王になりました。
ヤロブアムがイスラエルの王になったときの最初の懸念は、自分の民が宮のあるユダに戻るかもしれないということでした。
したがって、ヤロブアムはこれを妨げるための考えを、思いつきました。彼は、ベテルとダンで金の子牛を二つ造り、その民に金の子牛を礼拝するよう命じました。列王記第一 12:28 には、次のようにあります。「そこで、王は相談して、金の子牛を二つ造った。」 一つをベテルに据え、一つをダンに安置し、ひどい罪であったにもかかわらず、それらを礼拝するように民に告げました。ヤロブアムは、礼拝に導くために祭司を勝手に任命さえしました。
「このことがあって後も、ヤロブアムは悪い道から立ち返ることもせず、引き続いて、一般の民の中から高き所の祭司たちを任命し、だれでも志願する者を任職して高き所の祭司にした」 (Ⅰ列王記 13:33)。それが異端の起源です。
今でも、異端者は神の働きを志願する者を祭司職に任命します。神学校を卒業した人はだれでも、水と御霊によって新しく生まれていなくても、牧師、伝道師、宣教師、長老になることができます。
新しく生まれていない人が、どのようにして牧師になることができるのでしょう。そのような人が聖職者として任命されると、その人を選ぶ教会は、異端者の生産のための工場になります。
異端の起源について、もう一度考えてみましょう。第一に、ヤロブアムは自分の政権を維持するために、神の代わりに金の子牛を安置しました。第二に、彼は祭司になることを志願した人を任命しました。言い換えれば、彼は一般の民を祭司として任命したのです。同じ習慣が今でも続いています。
異端の歴史は、ヤロブアムの時代の後も続きました。水と御霊によって新しく生まれていない者は、決して聖職者になることを許されるべきではありません。
神学校を卒業しただけの人はだれでも、牧師や伝道師になれるのでしょうか。彼らは、神に認められていないという事実にもかかわらず、神に仕えることは正しいのでしょうか。決してそうではありません。神に認められた者だけが、神のしもべになることを許されるべきです。神に認められている者とは、水と御霊によって新しく生まれた者です。
ヤロブアムの罪が神の怒りを引き起こしたのは、列王記第一 12:25-26 と列王記第一 第 13 章に記録されています。私たちはみな、この歴史を知っておくべきであり、誰かがそれをよく知らないなら、その人は聖書に戻って見つけ出すべきです。
みなさんの伝道で、神の代わりに金の子牛を代用しているかどうか、もう一度考えてください。みなさんは、万が一、みなさんの信者が水と御霊によって新しく生まれる福音に戻らないように、地上の祝福に重点を置いていませんか。
イエスを信じるなら、病気を癒されると、みなさんは信者に言いますか。富に恵まれると信者に言いますか。新しく生まれていない者をみなさんの教会の牧師や会員に任命し、みなさんの宗派が唯一の正統派だと主張しますか。もしそうなら、みなさんは神の前でヤロブアムの罪を犯し、神の怒りを引き起こしています。
 
 
異端者は金の子牛の神を礼拝する
 
今日でも、金の子牛を礼拝する異端者が非常に大勢います。彼らは、ソロモンが神に全焼のいけにえをささげたとき、神がソロモンを祝福したと言います。列王記第一 3:3-5 には、次のようにあります。「ソロモンは主を愛し、父ダビデのおきてに歩んでいたが、ただし、彼は高き所でいけにえをささげ、香をたいていた。王はいけにえをささげるためにギブオンへ行った。そこは最も重要な高き所であったからである。ソロモンはそこの祭壇の上に一千頭の全焼のいけにえをささげた。その夜、ギブオンで主は夢のうちにソロモンに現われた。神は仰せられた。『あなたに何を与えようか。願え。』」
彼らは、「ソロモンの一千頭の全焼のいけにえ」という詐欺的な約束の下で、信者からお金をだまし取ります。そうした愚かな信者は、自分のお金を奪い取られます。そして、金の子牛を神として礼拝する者は、お金を奪われ、途方もない教会の建物を建てるための寄付として使われます。それは彼らの教会が小さすぎるからではなく、彼らが信者からお金を奪い取りたいからです。
自分たちの会衆が礼拝する金の子牛を準備することは、異端者が自分たちの会衆からお金を奪い取るために思いついた、唯一の口実でした。神を信じる私たちは、決して愚か者だと考えられてはいけません。みなさんが金の子牛の礼拝でお金をささげるなら、それは神にささげられるのではなく、ヤロブアムのように貪欲に満ちた偽りの聖職者たちのポケットに入れられます。そのような異端者の罠に決して陥ってはいけません。
では、なぜ神はソロモンの一千頭の全焼のいけにえを喜ばれたのでしょう。ソロモンは自分の罪を知っており、そうした罪のために死ななければならないと認め、信仰をもっていけにえをささげたからです。彼は神の救済に感謝して、全焼のいけにえをささげました。ソロモンは、水と御霊の贖いを考えて、毎日一千頭の全焼のいけにえをささげました。
さて、みなさんは、偽りの聖職者に惑わされないように、異端の真の意味を覚えておくべきです。
 
 
新しく生まれることなしに伝道する者は異端者

新しく生まれることについて異端者は何を言うのか。
彼らは幻想や夢、様々な種類の霊的経験によって新しく生まれると言う

自分自身が信仰のうちに新しく生まれていないのに、他の人に新しく生まれることを教える者がいます。彼らはすべて異端者です。彼らは、水と御霊の福音について知らないので、新しく生まれることができないのに、新しく生まれるように他の人に言います。私たちは笑うしかありません。
偽りの聖職者は、水と御霊の福音をゆがめて、偽りの福音を説きます。彼らは、毎日自分の罪を洗い流すように人々に言います。
彼らは言います。「山に行って祈り、断食をし、神の働きに献身し、夜明けの間に祈って、従順になり、教会を建てるためにたくさんのお金をささげなさい。ただし、自分の罪に気をつけて、注意しなさい。」
かつて、誰かが自分は新しく生まれたのだとあかしするのを聞きました。その人は夢の中で、一列に並んでいて、自分の番が来たときに、イエスが自分の名前を呼んだのだと言いました。それが自分の新しく生まれたためのあかしであると言いました。しかし、彼の確信は正しいのでしょうか。イエスはそうおっしゃいませんでした。
イエスは、ヨハネの福音書第 3 章でおっしゃいました。「人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国にはいることができません」 (ヨハネ 3:5)。神は、水と御霊によって新しく生まれている者だけが、真の聖職者になることができるとおっしゃいます。夢や空想、霊的恍惚、または、悔い改めの祈りを通して新しく生まれたと信じる人はだれでも、異端者です。
最近では、多くの人々が、記された神のみことばを信じず、水と御霊によって新しく生まれる代わりに、宗派の教義を守っています。水と御霊によって新しく生まれる福音を説くことを拒む者は、偽りのキリスト教徒であり、異端者です。
 
 
改革派と既存のキリスト教

真の福音はいつ他の宗教と混ざり合い、歪められ始めたのか。
ローマ皇帝コンスタンティヌスが西暦313年にミラノ勅令を発布した時から。

キリスト教の宗派は、いつ形成されたのでしょう。長老派、メソジスト派、バプテスト派、ルーテル派、ホーリネス教団、フルゴスペル教団などの異なる宗派は、いつ始まったのでしょう。改革は、わずか約500年前に起こりました。
初代のキリスト教徒は、イエスがこの世におられたときに、イエスに従った者でした。「キリスト教徒」とは、「キリストに従う者」を意味します。
最初のキリスト教徒は、使徒とその弟子たちでした。使徒と教会の父たちは、西暦 313 年まで真の福音に従いました。しかしながら、コンスタンティヌス大帝のミラノ勅令の後、キリスト教徒と異邦人は一緒に混ざり始めました。結果、1000年以上の間続いた暗黒時代でした。
その後、16 世紀初め、マルティン・ルターは、「義人は信仰によって生きる」 (ローマ 1:17) と述べて、宗教改革を宣言しました。少し後、1500 年から 1600 年の間に、ジョン・カルヴァンやジョン・ノックスのような改革者が、カトリックから遠ざかりました。改革が成し遂げたのは、これだけです。
改革は、ローマ・カトリック教会とは別の新しい教会を設立する努力にすぎませんでした。改革者は、カトリック主義自体を根本的に否定しようとしませんでした。
彼らの目的は、水と御霊によって新しく生まれることへの信仰を促進することではなく、ローマ・カトリック教会の弾圧と腐敗から自分自身を解放することでした。ローマ・カトリック教会は、この運動をプロテスタント主義と呼びました。それは、抗議する者を意味します。
当時、ローマ・カトリック教会は、大金で免罪符を買ったら、死んだ先祖を天国に送ることができると言って、人々にそのような免罪符を買うように促しました。ルターは、カトリックが根本的に間違っていることを理解していませんでした。彼は、ローマ・カトリック教会が聖ペテロ大聖堂の建設に建設資金を調達する免罪符を、売ることを止めようとしただけでした。
その結果、現代のプロテスタント教会には、カトリック教会の多くの名残が見られます。幼児洗礼、ローマ・カトリック教会の告白に似た悔い改めの祈り、聖なる儀式、神学校を卒業した者だけを伝道師として認め、雄大で壮大な教会です。これらはすべて、ローマ・カトリック教会の名残です。
1500年代初めの改革から数えて、プロテスタントの歴史は、わずか 500 年ほどです。今年は改革の 502 周年です(2019年現在)。マルティン・ルターが、わずか502年前に自分の母教会を抗議したことに、みなさんは気づかないかもしれません。このように、プロテスタント主義は、その比較の若者を考慮して、正当性を主張することはできません。キリスト教の改革はまだ続いています。そして、それは継続的に続くはずです。
しかしながら、心に留めておくべき点が一つあります。水と御霊によって新しく生まれた者だけが、天の御国に入ることができることを決して忘れてはなりません。それを宣べ伝えましょう。みなさんは、イエスの福音、水と御霊によって新しく生まれる福音を宣べ伝えますか。そうでなければ、みなさんは神のしもべではありません。神が私たちに信じるよう望んでおられるのは、「水と御霊によって新しく生まれる」福音です。それが、イエスがヨハネの福音書第 3 章でニコデモに教えたことです。
聖書は、水と御霊によって新しく生まれる福音についてのみ語っていますか、それとも社会の利益のために働き、聖なる生活を送るなど、他のことについて語っているのでしょうか。もちろん、後者も重要です。しかしながら、みなさんは水と御霊によって新しく生まれた後に、そうすることができます。神のみこころは、私たちが福音を信じることです。
 
 
異端者の教え

異端者とは誰か
イエスを信じているにもかかわらず罪人である者

偽りのキリスト教、異端の信仰が世で繁栄し始めたのはいつでしょう。
イスラエルの民は、列王記第一 第 12 章から第 13 章に記されているように、ヤロブアムの時に二つの王国が分かれるまで、一つの神を礼拝していました。その時から、キリストがこの世に来られる前に、異端の信仰が繁栄し始めました。こうした日々にも、実践する異端者が非常に大勢います。
聖書は、イザヤ書第 28 章とテトスへの手紙 3:10-11 で、彼らの偽りのキリスト教徒の教えについて教えています。聖書において異端者とは、イエスを信じているにもかかわらず、心にまだ罪がある者だと教えています。そのような人はだれでも、異端者です。
そして、彼らはイザヤ書 28:9-10 に記されているように教えます。「彼はだれに知識を教えようとしているのか。だれに啓示を悟らせようとしているのか。乳離れした子にか。乳房を離された子にか。彼は言っている。『戒めに戒め、戒めに戒め、規則に規則、規則に規則、ここに少し、あそこに少し。』と。」
異端者は、戒めに戒め、規則に規則を加えます。これは何を意味するのでしょうか。それは、「気をつけて、気をつけて、イエスへの信仰を通して新しく生まれたという人々には、気をつけてください」という意味です。彼らは、みなさんが異端に陥らないように、耳を傾けず、行かないようにと言います。
しかしながら、彼らが自分たちの信仰が正統な信仰であると確信しているなら、なぜ彼らは自分たちの信仰が神のみことばと異なると言う人々を退けられないのでしょう。それはとても哀れです。彼らは、正統なキリスト教徒であると主張していますが、彼らが異端と呼ぶものに勝つ言葉を持っていません。真のキリスト教徒は、神のみことばで異端者に勝つことができます。
最近、正統のキリスト教徒は、自分たちの確信が異なるという理由だけで、新しく生まれた者を「異端者」として非難します。私たちが水と御霊の福音を信じるとき、どうして異端者になることができるのでしょう。
異端者と呼ばれる者が水と御霊の福音を宣べ伝えるなら、彼らは真の正統なキリスト教徒です。同様に、正統なキリスト教徒が水と御霊の福音を宣べ伝えなければ、彼らは異端者です。
「正統」と「異端」の違いは、彼らが水と御霊の福音を宣べ伝えるかどうか、イエスを信じて心に罪があるかどうか、という点にあります。神のみことばを信じ、水と御霊によって新しく生まれているなら、どうして彼らは異端者になることができるのでしょう。
イエスのバプテスマと十字架での血を信じ、罪を完全にきよめることは、異端なのでしょうか。水と御霊の福音を信じないのは、「正統」なのでしょうか。
聖書から遠ざかり、それでも「正統」なキリスト教徒であると主張する教派主義者は、非常に大勢います。彼らは、十字架の血だけを説き、イエスのバプテスマ(水)を否定するため、聖書に明確に記されているように、水と御霊によって新しく生まれることから離れてしまいます。
最近のローマ・カトリック教会とプロテスタント教会の違いは何でしょう。改革派がローマ・カトリック教会に反抗したように、また彼らがローマ・カトリック教会から出て、プロテスタント主義を築いたように、私たちは盲目のキリスト教徒と偽りの聖職者たちにも反抗するべきです。そうして初めて、真の福音に目を向け、真の信仰を持つことができ、水と御霊の福音を通して完全に救われるのです。

異端者になることを避けるために何をしなければならないのか。
水と御霊によって新しく生まれなければならない。

聖書は、イエスのバプテスマと十字架での血の福音を信じる者だけが、真の信仰に従うと教えています。イエスは、ヨハネの福音書 3:1-12 で、ニコデモにそのようにおっしゃいました。
異端者は、常に自分たちの信者に、自分の信仰で信心深いように促します。彼らは夜明けの時に祈って、もっと頑張るように自分に促します。それは、盲人が走るように促すようなものです。
どれほど懸命に祈ろうと、水と御霊によって新しく生まれていないなら無意味です。私たちは、水と御霊によって新しく生まれている者が義人であると言うとき、異端者はローマ人への手紙 3:10で立ち向かいます。「義人はいない。ひとりもいない。」 この節で、彼らは信者を異端者として分類します。
しかしながら、現実には、異端者は彼らのほうです。その節の真の意味は、聞くほど単純ではありません。こうした異端者は、聖書全体を読んでいません。使徒パウロは、世に義人はいないと述べました。彼は、イエス・キリストが来られ、神の救済で全人類を罪から救う前に、この世に義人は誰もいなかったと、ただ旧約聖書の告げる節を引用しました。しかしながら、イエスによって救われている者は、義人になっています。
章全体を読むと、真理がわかります。異端者は自分の信者に、自分たちとは信仰が異なる人々に注意するよう警告するだけです。彼らが正統派として認めている教会を除いて、彼らは自分たちの信者が他の場所で礼拝することを禁じています。ですから、彼らの会衆は、水と御霊の福音を宣べ伝える教会に行くことを敢えてしません。
彼らは、真の福音に耳を傾けなくなり、新しく生まれることができません。これらは、実際に地獄の息子と娘を育てる偽りの指導者たちの教えです。彼らは、このために神によって裁かれます。異端者は、神に立ち返らなければなりません。
異端者とは誰でしょう。彼らは、水と御霊の福音を信じて贖われた人でしょうか、それともイエスを信じていると主張していても、水と御霊によって新しく生まれていない人でしょうか。
テトスへの手紙 3:11 は、イエスを信じていても 「自分で悪い」 ままである人を異端者であると告げています。
彼らは信者に、水と御霊によって新しく生まれる福音が宣べ伝えられるリバイバル集会には行かないように教え、それは危険だと言います。「正統派」が対立する信仰を、どうして恐れることができるのでしょうか。彼らは、真理を持っていないので恐れています。「戒めに戒め、戒めに戒め。」 異端者の教えとは、そのようなものです。
異端の聖職者は、この本から少し、あの本から少し、哲学者の言葉から少し、文学から少し引用し、それらを自分の考えと混ぜ合わせ、すべてを魅力的に聞こえさせます。
彼らは、自分たちの信者が無知であると信じて、世俗的な教えで彼らを教育しようとします。真の教会とは、神のみことばを説き、神のみことばで信者を教育します。人々は、世のやり方で教育を受けるために教会に来るのではありません。むしろ、彼らは、世で聞くことのできない天のことを聞くために、教会に来るのです。彼らは、イエスのみことばを聞くようになります。
人々は、罪人として自分たちの教会に入りますが、彼らは罪のない義の信者として教会から出たいのです。異端の聖職者は、彼らに何を教えるでしょう。彼らは信者に、神のしもべが真の福音を宣べ伝えるリバイバル集会には行かないようにと言います。彼らは、自分たちの信者が水と御霊によって新しく生まれるのを妨げます。
それはとても愚かです。彼らは、自分たちの信者を欺くことができるかもしれませんが、決して神を欺くことはできません。

偽りの聖職者は信者を水と御霊によって新しく生まれさせることができるのか。
いいえ。新しく生まれた者だけが他の人を新しく生まれさせることができる。

異端者たち、あなたがたが神の真のしもべであるなら、御霊があなたがたを責めているのを聞くことができないのですか。引き返さなければなりません。神の真のしもべが水と御霊によって新しく生まれる福音を説くリバイバル集会に、あなたがたの信者が参加するのを妨げるのをやめるべきです。
異端者は、信者たちに神学だけを教育するため、他の理論に出会うと打ちのめされます。それはとても哀れです。偽りの聖職者は、神のみことばなしに聖職を務めるのが得意です。彼らは、自分たちの誤った信仰にのみ基づいて説教し、相談し、仕事をします。神のみことばなしで仕事をし、説教する者は、異端者であり、雇い人です (ヨハネ 10:13)。
内的自己と外的自己は異なるため、偽りの聖職者は異端者です。一部の人々は、確立された宗派に適合しない教会を、異端の教会だと定めます。しかしながら、ほとんどの教会は聖書の真の教えから遠く離れて活動しているため、こうした教会の一部は、宗派に属したくないと考えています。
異端者は、自分たちが罪の問題を解決したことがないにもかかわらず、信者たちに贖われるように言います。彼らは、ヤロブアムの罪を犯しているのです。心にまだ罪があっても、神の働きをしようとする人がいるなら、自分たちの罪と神の聖さがまったく相容れないことを悟らなければなりません。その人たちは、自分たちが異端者であることを知らなければなりません。
したがって、教会で説教していたり、義務を負っている人がまだ罪人であるなら、その人が異端者であることを悟るべきです。その人は、キリストの救済の福音、水と御霊によって新しく生まれる福音を知らないので、異端者です。異端者から聖書を学び、同じように他の人に教えれば、その人は異端者になります。
実によって木を知ることができます。まだ罪人である者は、罪人を結ぶ定めにありますが、イエスのバプテスマと血を信じて、義人になった者は、義の実を結ぶことしかできません。「同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます」 (マタイ 7:17)。
 
 
異端の聖職者は説教で何を説くのか

異端の聖職者は説教で何を説くのか。
世俗的な神学と人間の教え

偽りの聖職者は、あれやこれに注意しています。なぜ彼らは、そんなに慎重なのでしょう。彼らは、水と御霊によって新しく生まれるという健全な信仰を持っていないので、彼らの嘘が明らかにされないように注意しなければなりません。
異端者は、ここに少し、あそこに少しを取ります。彼らは人々を欺き、福音の真の意味を知らずに教えます。
「戒めに戒め、戒めに戒め、規則に規則、規則に規則、ここに少し、あそこに少し」 (イザヤ 28:13)。
規則に規則、彼らは言います。「この言葉は、ギリシャ語でそういう意味で、ヘブライ語ではこういう意味です。そして、これこれの理論があります。」 また、純粋に白黒の言葉で表現された救済の理論に出会った場合、注意するよう人々に警告します。彼らは言います。「マルティン・ルターは、こう言って、ジョン・カルヴァンはそう述べていますが、ジョン・ノックスは、ああいうことを述べています。そして私たちは、こうしたことがすべて理にかなっていると考えられます。」
彼らは、自分が何について話しているのか、何を信じているのかを知りません。真の信仰を持つ人は、真理を白黒で表現できます。真の信者は、新しく生まれた者と新しく生まれていない者との違いを明確に話すことができます。私たちは、水と御霊によって新しく生まれる福音を明確に宣べ伝えます。
しかし、異端者は混沌の世界にいます。彼らの信仰は、コウモリのようなものです。コウモリが日中は洞窟の中を、そして夜は外の世界だけを好むのと同じように、異端者は、この理論やあの理論、あれやこれを信じるのを好みます。彼らは、真理が何であるかを決して知りません。異端の聖職者が地獄に行くとき、その信者は最後までその人に同行します。非常に大勢の人が偽預言者を信じているので、彼らは地獄に行ってしまうのです。
みなさんの牧師は、水と御霊によって新しく生まれているでしょうか。その人は、聖書に記されているように、新しく生まれる福音のみことばを宣べ伝えているでしょうか。その人がそうしているなら、みなさんは本当に幸運であり、その人がそうでなければ、みなさんは呪われます。みなさんが新しく生まれていないなら、水と御霊の福音を聞き、それを説明する本をお読みになり、新しく生まれなければなりません。
異端者は、水と御霊によって新しく生まれる福音を嫌います。彼らは、次のように説きます。「イエス・キリストは、私たちの罪を消しに来られ、そうなさった。イエスは、今日もまだ私たちの罪を洗い流しており、将来もそうし続けるだろう。」 どうしてこれが本当にあり得るのでしょうか。彼らは、自分たちが義人であると言いますが、罪を犯します。彼らは、ある瞬間に義人となり、次の瞬間には罪人です。
彼らのものは、偽りの神学です。それは真実ではありません。現在は義人であり、後に罪人である者はだれでも、異端者であり、偽預言者です。自分を非難する者、自分を汚す者はだれでも同じです。
 
 
神の呪いは異端者の信者たちの上に

異端者は何に最も重点を置いているのか
行ない

異端者は一貫していません。したがって、彼らは、自分たちの信者が彼らのところに行って、どのように新しく生まれることができるのかを尋ねるとき、彼らの信者を水と御霊によって新しく生まれるように導くことができません。むしろ、彼らは自分たちの信者に、人々は幻想によって新しく生まれることができ、新しく生まれる時は自分がそうであると気づかないのだという、おかしな考えを与えます。まったく、とんでもないことです。
イエスは、ヨハネの福音書第 3 章でおっしゃいました。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国にはいることができません。」 しかしながら、最近、新しく生まれた義人がとんでもない異端者であると呼ばれています。
異端の聖職者は、彼らが謙虚だからといって自分自身を義人と呼ぶことができないと言います。彼らは、自分たちの信者に次のように言います。「宣教師が水と御霊によって新しく生まれる祝福について話す予定のリバイバル集会には出席してはいけません。新しく生まれたら、異端者になります。あなたがたは、この教会によって非難されるでしょう。あなたがたが私たちと一緒にいたいのなら、罪人のままでいなさい。そうすれば、神はふさわしい時にあなたがたを義人となさるでしょう。」 それが彼らの言うことです。彼らが本当に言いたいことは、新しく生まれるかどうかを決めるのは、みなさん次第だということです。
異端者は、信者に言います。「あなたは私たちと一緒にいなければなりませんが、新しく生まれることはあなたの責任です。ですから、自ら努力してみなさい。今のままでいて、時が来たら神の前に行くだけで、あなたは真実を知るでしょう。その後、どうなるかはわかりません。しかし、これは正統な教会なので、私たちと一緒にいなければなりません。」 これは本当だと思いますか。
こうした異端の聖職者は、ここから少し、あそこから少しを取り、自分の理論を作り上げます。そして、それが彼らにとって唯一の真理となります。彼らは、水と御霊について語る神のみことばを知りません。
異端者は、自分の考えによって聖書を解釈します。私たちは、みことばそのものに従って、聖書を解釈しなければなりませんが、彼らはそれを独自の方法で解釈します。そういうわけで、キリスト教に非常に多くの神学者がおり、宗派がある理由です。
異端の宗派と神学者が非常に多いので、無数の異端の本があります。偽りの聖職者は、説くとき、この本から少し引用し、あの本から少し引用します。しかしながら、真の聖職者は聖書だけから説きます。
異端者は、自分たちの信者から多くの狡猾な方法でお金をゆすり取ります。彼らは、新しく生まれていないので、この世でよく食べて生き、地獄に行ってしまうのです。これが、神が彼らのために用意された終わりなのです。
神は最初、彼らを我慢なさいます。しかし、水と御霊によって新しく生まれる祝福を受け入れることを、断固として拒む者に対しては、神は彼らを地獄に送られます。
神は、異端者を裁かれます。異端者は、神を非常に熱心に信じており、最初は大量の聖書解説と神学的著作を使い果たします。しかし、その後、少しずつ、彼らは信者が決して新しく生まれることができないように、人の教えから説き始めます。
異端者はまた、地上での働きをはるかに重視する傾向があります。水と御霊によって新しく生まれる福音を宣べ伝えない牧師は、神の前に異端者です。
彼らは、いたずらに信者たちに圧力をかけます。彼らは、40 日間の終夜の祈り、100 日間の早朝祈祷、山の祈り、定期的に断食すること、教会の建設のための貢献、一千頭の全焼のいけにえ、リバイバル集会のための貢献などを強制します。彼らは、それぞれの信者がどれだけ貢献したかを示すグラフを作成します。彼らの働きの実を見るだけで、彼らが異端者であることがわかります。
神の呪いは、彼らの信者にも降りかかります。新しく生まれることなく、説教する聖職者とその信者たちはすべて、神の呪いの下にあります。
 
 
異端者は信者の考えを読もうとする

なぜ異端者は信者の考えを読もうとするのか。
彼らは新しく生まれることなく、偽善をもち、心に御霊がない宣教師だから。

異端の聖職者は、毎日泣きます。彼らは年上の執事や女子執事、長老、通常の執事、さらには素人をも喜ばせなければなりません。それが、彼らの毎日やっている方法です。
彼らは毎日、偽善者として振る舞います。「聖なるあわれみ深く…。」 彼らは、罪に満ちていますが、聖なるものについて語らなければなりません。そのため、日を追うごとに偽善的になります。
宣教師は、かつて言いました。「御霊がうちに宿ることなしに聖職を行なうのは呪いだ。」 これが意味するのは、贖われることなく、神の働きをすることは、異端であるということです。それは呪われた人生です。もしみなさんがこうした異端者の一人なら、水と御霊によって新しく生まれなければなりません。
イエスを信じていても、新しく生まれていない人はだれでも、異端者です。これに加えて、だれもが水と御霊によって新しく生まれる福音に立ち返らなければなりません。水と御霊によって新しく生まれた義人だけが、他の人に福音を宣べ伝えることができるのです。
 
 
異端者は平和のためだけに叫ぶ

異端の聖職者はどのように信者を満足させるのか。
彼らは常に自分たちの信者が罪人であるにもかかわらず、天国に入ることができると言って、平和を求めて叫ぶ。

イザヤ書 28:14-15 には、次のようにあります。「それゆえ、あざける者たち――エルサレムにいてこの民を物笑いの種にする者たちよ。主のことばを聞け。あなたがたは、こう言ったからだ。『私たちは死と契約を結び、よみと同盟を結んでいる。たとい、にわか水があふれ、越えて来ても、それは私たちには届かない。私たちは、まやかしを避け所とし、偽りに身を隠してきたのだから。』」
ここで、あざける者たちとは誰でしょう。彼らは、自分の誤った信仰を混ぜ合わせて、神のみことばを宣べ伝える人々です。宣教師の考えが何であれ、神学が何と言おうが、その人は聖書の真の解釈を言わなければなりません。しかし、異端の聖職者は、彼らがふさわしいと考える方法で聖書を宣べ伝えます。こうしたことが、あざける者たちです。
「私たちは死と契約を結び、よみと同盟を結んでいる。たとい、にわか水があふれ、越えて来ても、それは私たちには届かない。」
異端者は、にわか水が自分たちのところに越えて来ないと言います。彼らは人々に心配しないように言います。破壊と地獄が彼らを待っていますが、彼らは、心配せずに自分たちにとって破壊と地獄は存在しないと言います。ですから、生きることを願うのであれば、そのような異端者から離れなければなりません。
異端者は、みなさんが水と御霊によって新しく生まれる必要はないと言います。それは、本当なのでしょうか。いいえ、絶対に違います。みなさんは、水と御霊によって新しく生まれない限り、天の御国に入ることができません。
天国に入らなくても、大丈夫なのでしょうか。これは、地獄で燃えてもいいかどうかを尋ねることと同じです。言うまでもなく、両方の質問に対する答えは、ノーです。水と御霊によって新しく生まれる福音を信じて、一緒に天の御国に入りましょう。
異端の聖職者は、彼ら自身がイエスを信じているので、罪人のままでいても大丈夫で、地獄に行くことはないと言って、人々を惑わします。
みなさんが罪人であっても、イエスはみなさんの面倒を見てくださるのでしょうか。罪人は天国に行けるのでしょうか。みなさんが罪人であるにもかかわらず、みなさんは地獄に行くことを避けられるのでしょうか。心に罪があったとしても、イエスを信じるときに地獄に行く必要はないと、聖書に書かれているのでしょうか。
異端者は、死が彼らのところに届かないように、彼らは死と契約を結んでいると言います。彼らは、たとえ信者が心に罪を持っていても、地獄で裁かれることを避けることができると言います。みなさんは、このように本当に起こると思いますか。
異端者は、死と地獄は自分たちを待っていないと言って、人々に自信を与えます。異端の聖職者は、新しく生まれていない者を執事、長老、宣教師に任命します。しかし、彼らは水と御霊の福音を信じていないので、全員が地獄に行くことを知っていなければなりません。彼らがすべきことは、自分たちの信者に水と御霊の福音への信仰を植え付けることです。
信者たちは、たとえ彼らが罪人であったとしても、まだ天国に入る資格があるのでしょうか。罪人は天国に行けるのでしょうか。聖書は、罪人が天国に行くことができると告げているのでしょうか。いいえ。罪のある義人はいるのでしょうか。いいえ。こうしたものは、異端と偽りの神学の教えです。
聖書は、「罪から来る報酬は死です」 (ローマ6:23) と告げています。それは神の律法です。神は、すべての罪人を地獄に直接送られます。しかしながら、この恐ろしい運命とは対照的に、水と御霊によって生まれたすべての者は天国に歓迎されます。
「たとい、にわか水があふれ、越えて来ても、それは私たちには届かない。私たちは、まやかしを避け所とし、偽りに身を隠してきたのだから。」 異端の聖職者は、そのような意味のことを話して、心に罪があるとしても地獄には行かないだろうと固く信じています。彼らは、間違った虚偽の神学の後ろに隠れているので、神は彼らを助けるために何もなさいません。彼らは、神学だけを信じています。彼らは、神のみことばの代わりに神学を信じているため、異端者であり、地獄に行く定めにある罪人です。こうした人が非常に大勢いるのは、どれほど悲しいことでしょう。
 
 
異端者はお金だけに興味がある

異端の聖職者の目的とは何か。
信者から可能な限り多くのお金をゆすり取ること

異端者と偽りの聖職者は、お金だけに興味があります。彼らは、貪欲です。「この人が私の教会に来たら、どれくらいのお金をささげるだろうか。」 彼らは、その人が支払う十分の一を考えます。これは、金の子牛を礼拝するようなものです。「成功者にならせてください。たくさんのお金を稼がせてください、主よ。」 偽りの聖職者は、そのように祈るように人々に教えます。
彼らは、「イエスを信じるなら、たくさんのお金を稼ぎ、不妊のときに妊娠し、事業も成功するでしょう」と言います。
非常に多くの人々が、こうした偽りの聖職者に騙されており、彼らはお金をゆすり取られ、自分たちの苦しみのために地獄に行きます。これは、なんと不正なことでしょう。異端の呪いを受けた人が正気に戻ると、その人は自分の詐欺師にどれだけのお金を寄付していたかを知って驚くでしょう。その人は、彼らに従い、彼らのために懸命に働いていたことにおいて、自分の愚かさを非難するでしょう。
異端者とは特に、彼らが合法的な宗教とみなすものの熱心な実践者です。彼らの信者は、早朝祈祷、山の祈り、特別献金、什一献金、毎週のささげ物に献身しています。彼らの信者たちからお金を取る理由は、たくさんあります。
彼らの信者は、懸命に働いていますが、水と御霊の福音を誰も教えていないので、彼らの心にはまだ罪があります。それについて尋ねる人もいますが、彼らはまっすぐな答えを決して得ることはありません。水と御霊によって新しく生まれていない人はだれでも、異端者です。
 
 
哀れな異端者とその信者たち

世界で最も哀れな者とは誰なのか。
水と御霊によって新しく生まれることなしに聖職の仕事をする者

「ああ、哀れな異端者たち、まず自分の贖いに取り組むべきだ。」 偽りの信仰の一番のしるしは、ヤロブアムの金の子牛を礼拝することです。旧約聖書の時代に異端者が最初にしたことは、宮を建て、それを金の子牛で満たすことでした (Ⅰ列王記 12:25-33)。
最近では、彼らは大きな教会を建て、信者からお金をゆすり取ります。彼らは、信者に銀行からのローンを受けて、壮大な教会の建設のために貢献するように言います。彼らは、会衆の感情を作り上げ、収集皿を回します。お金、指輪、金の時計は、すぐに皿いっぱいになります。異端者はこのように働きます。それは、異端の教会のすべてにおいて同じです。
外見上、彼らは霊的な事がらに興味があるように見えますが、実際にはお金だけに興味があります。お金だけに関心がある教会には近づかないことをお勧めします。金持ちだけが心から扱われる教会には行かないでください。それぞれの会衆のささげ物の額を発表するのは、間違っています。なぜなら、彼らはより多くのお金をかき集めることを望んでいるからです。
異端者は、彼らの信者に魅力的な言葉を言います。
「イエスを信じれば、あなたは祝福されます。」
「神の働きに献身してください。あなたがすればするほど、あなたはもっと祝福されるでしょう。」
「長老として仕えるなら、あなたは物質的に祝福されるでしょう。」
その結果、彼らの信者は互いに競い合って長老になります。補償金がなければ、だれが長老になりたいと思うでしょう。そして、長老たちも財政的によく貢献することが期待されています。
彼らは、宗派の教義をどれだけ深く信じているか、社会でどれほど際立っているか、どれだけのお金を教会に寄付できるかに基づいて選ばれるのでしょうか。それは本当です。
異端者は、お金だけを気にします。彼らは、大きな教会を建てることに興味を持っています。彼らは、たくさんのお金をささげている限り、彼らの信者が地獄に行くかどうかを気にしません。
異端者は、パンのために働く者です。彼らは、派手な称号で人々をわなにかけます。彼らは、信者たちにランダムに称号を発行します (エゼキエル 13:17-19)。これは、彼らを教会に結び付け、その富を増やすことを意図しています。異端者は、水と御霊の福音を宣べ伝えません。彼らはただ、自分自身を豊かにしようとします。
教会に数ヶ月しか出席していない人でさえ、執事になることができます。さらに、その人が教義をよく知っていて、健全な財政的背景を持っているならば、その人は長老に昇格されます。これはすべて、神を金の子牛に置き換えたヤロブアムの罪の恥ずべき伝統のうちにあります。
異端者は、金の子牛を礼拝します。彼らは、人々が新しく生まれるのを助けません。世俗的な祝福の約束で、彼らを誘惑することによって信者からお金を取ります。彼らの教会が健全な経済的基盤にある限り、信者が地獄で裁かれるかどうかを彼らは気にしません。
 
 
異端者は自分たちの説教に確信がない
 
異端者は、自分たちが言っていることに確信を持っていないため、頻繁に「おそらく」または「多分」と言うのを好みます。彼らは、神のみことばへの信仰を持たず、自分たちが説くことを本当に信じていません。彼らの信仰体系は、神のみことばへの信仰のうちにあるのではありません。彼らは、「そうとも言うことができる」と言います。彼らは、はっきりと確信を持って話すことはありません。彼らが信者たちに嘘を教えるよりも、何も教えなかった方が良いでしょう。
異端者は、人々を水と御霊によって新しく生まれるように導くことができません。彼らは、さらに多くの人々を地獄に定めるだけです。
 
 
異端者は偽預言者の役割を演じる

御霊に対する冒瀆とは何か。
イエスのバプテスマを信じない罪人として生きながらイエスを信じること

マタイの福音書第 7 章は、イエスを信じていても地獄に行ってしまう人々について教えています。異端者は、終わりの日に神の前で抗議するでしょう。聖書に記されているように、「その日には、大ぜいの者がわたしに言うでしょう。『主よ、主よ。私たちはあなたの名によって預言をし、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって奇蹟をたくさん行なったではありませんか。』 しかし、その時、わたしは彼らにこう宣告します。『わたしはあなたがたを全然知らない。不法をなす者ども。わたしから離れて行け』」 (マタイ 7:22-23)。
彼らは、イエスが人の罪をすべて洗い流したとは信じていません。つまり、水と御霊の福音を信じていません。
彼らは不法を行なっています。これは何を意味するのでしょう。彼らが心にまだ罪があるのに、イエスを信じるように人々に言うことを意味します。みなさんは、これの何がそれほど間違っているのかと思うかもしれませんが、それは神に対する深刻な罪なのです。
罪人が他の人々にイエスを信じる必要性を説くとき、その人は自分が水と御霊によって新しく生まれていないので、彼らを新しく生まれるように導くことができません。したがって、異端者はイエスを信じる罪人を生み出すことしかできません。不法を行なうのは、御霊に対する罪です。
異端者は、神のみことばを信じず、記されているとおりに福音を宣べ伝えません。彼らは自分たちの信者からお金をゆすり取るだけです。彼らはイエスを信じているにもかかわらず、罪人です。彼らは、自分が新しく生まれていないのに他の人を導こうとします。このようにして、彼らは不法を行ないます。
 
 
異端者は義人のまがい物にすぎない

新しく生まれている者とそうでない者をどのように区別するのか。
罪があるかどうかを分析することで区別できる。

自分が罪人であると言う偽りの宣教師にだまされてはいけません。彼らにみなさんのお金を寄付しないでください。苦労して稼いだお金をそうした罪人に与えないでください。
なぜみなさんは罪でみなさんを助けることができない、そうした宣教師にお金を与えたいのでしょうか。教会にお金を与えたいのなら、少なくとも、みなさんの罪が水と御霊の福音を通して消し去られるまで待ってください。
芸術にまがい物があるのと同様に、人生にもまがい物があります。例えば、心の中のすべての罪を洗い流すことのできない、まがい物の宗教があります。どのようにすれば、まがい物の宗教を特定できるでしょう。まがい物とは、外からは本物のように見えますが、実際には本物とはまったく異なるものです。
みなさん自身で決めなければなりません。真の宣教師とは、誰でしょうか。異端者とは誰なのでしょう。正統の信仰とは何でしょう。正統派は、イエスとその贖いの力を信じています。彼らは、心に罪がありません。しかし、異端者の心には罪があります。
すべての人々が、こうした異端者なのでしょうか。そうかもしれません。しかしながら、聖書に戻りましょう。イエスを信じて新しく生まれていない者はだれでも、異端者です。新しく生まれた者が正統派であることは、明らかです。したがって、新しく生まれていない者は、異端者です。異端者とは、イエスを信じていても、まだ心に罪がある者です。
異端者とは、義人のまがい物にすぎません。彼らは、イエスを信じることによって聖なるものとされる方法を知っているかもしれませんが、残念ながら彼らはまだ心に罪があります。彼らは、自分自身を罪人だと信じています。彼らは、まだ天国に行けると主張し、神を礼拝していると言います。彼らは義人のように聞こえますが、まがい物に騙されないようにしましょう。
 

神の裁きは異端者を待つ

純粋な福音はなぜ変えられたのか
偽りの聖職者と異端者が、人々の誤った信仰と純粋な福音を混ぜ合わせたから。

「それゆえに、――万軍の主、イスラエルの全能者、主の御告げ。――『ああ。わたしの仇に思いを晴らし、わたしの敵に復讐しよう。しかし、おまえの上に再びわが手を伸ばし、おまえのかなかすを灰汁のように溶かし、その浮きかすをみな除こう。こうして、おまえのさばきつかさたちを初めのように、おまえの議官たちを昔のようにしよう。そうして後、おまえは正義の町、忠信な都と呼ばれよう。』 シオンは公正によって贖われ、その町の悔い改める者は正義によって贖われる。そむく者は罪人とともに破滅し、主を捨てる者は、うせ果てる。まことに、彼らは、あなたがたの慕った樫の木で恥を見、あなたがたは、みずから選んだ園によってはずかしめを受けよう。あなたがたは葉のしぼんだ樫の木のように、水のない園のようになるからだ。つわものは麻くずに、そのわざは火花になり、その二つとも燃え立って、これを消す者がいない」 (イザヤ 1:24-31)。
神は、私たちが人間を信じるなら、私たちは人間のために、はずかしめを受けると告げています。神は、私たちが自分たちのために選んだ教会のため、はずかしめを受けると告げており、このはずかしめは葉のしぼんだ樫の木のように、水のない園のようになります。
神は、みことばよりもむしろ、人類の教えを信じる偽りの聖職者とその信者たちが麻くずになり、彼らのわざは火花になると教えておられます。両方とも地獄で燃えるでしょう。義人の敵と罪人と同様に、贖われていない偽りの宣教師や異端者は、神の炎で裁かれます。
神学だけに基づいて建てられた教会は、外観は華やかに見えるかもしれませんが、内側は何もありません。神のみことばと、水と御霊によって新しく生まれる福音への信仰に基づいていない教会はどれも、水のない園のようなものです。
それは木かもしれませんが、実を結ぶことができない枯れ木です。井戸に水がない場合、もはや井戸ではありません。
「つわものは麻くずに、そのわざは火花になり、その二つとも燃え立って、これを消す者がいない。」 御霊を持たない者は、他の人より強く見えるかもしれませんが、神の目には、地獄の火に向かう火花のようです。
主はお尋ねになります。「夜回りよ。今は夜の何時か」 (イザヤ 21:11)。永遠のいのちを持つ義人は、夜のやみの中で水と御霊の福音を宣べ伝えるべきです。
神は光であり、サタンは闇です。神は、人々を義へと導かれ、サタンは人々を混沌とした偽りの宮と偽りの神学に導きます。
預言者イザヤの時代、人々の信仰は今と同じくらい混沌としていました。彼らは、神のみことばを人間世界の神学と教訓に混ぜ合わせました。彼らは、人類の混沌とした産物を持っているイスラエルの民を間違った方向にしたため、神はそれらを除くとお決めになりました。
「その浮きかすをみな除こう。こうして、おまえのさばきつかさたちを初めのように、おまえの議官たちを昔のようにしよう。」 神に決して受け入れられない「ささげ物」とは、神の真理と人類の理論の混合物のような、「浮きかす」のようなものです。
神は、混ぜられた供え物を決して受け入れられません。人間の目には純粋に見えるかもしれませんが、人類の誤った信仰と混ざり合っているなら、不純物と混ざってしまい、こうして神に受け入れられません。
神は、イスラエルの民、特に異端者、偽りの宣教師、罪人をお叱りになりました。
出エジプト記や民数記を読むと、最初は神が彼らを叱らなかったことがわかります。神は、イスラエルの民をお助けになり、彼らに祝福をお与えになりました。しかし、ヨシュアの死後、士師記以降、イスラエルの民は侵略されました。
しかしながら、彼らは自分の道を行くことを選択しました。その時、神は、預言者エレミヤを遣わし、イスラエルにバビロンに降伏するようにおっしゃいました。
エレミヤは、人々にバビロンに降伏するように告げました。これには霊的な意味があり、義人は異端に従う者に対して、水と御霊の福音に降伏するよう命じるという、事実を象徴しています。
 
 
神は異端者を非難なさる

なぜ神は異端者を非難なさるのか。
彼らが神の代わりに偶像に仕えるから。

神のしもべがイスラエルの民を叱ったのは、なぜでしょう。イスラエル人がいけにえの制度を変えて、一般の民を祭司に任命し、いけにえの日付を変えたからです。
彼らは、贖いの日を第七の月の十日から第八の月の十五日に変え、レビ人の外から祭司を任命しました。こうして、彼らは新しく生まれるのを妨げました。
神は、偽りの宣教師をお叱りになりました。神の代わりに金の子牛に仕えた人々は、異端の聖職者になりました。
実際、神は偶像を礼拝したためだけに、彼らをお叱りになったのではありません。みなさんと私も時々、偶像を礼拝するのではありませんか。私たちは頻繁に罪を犯しますが、私たちが神の恵みのうちにあるという理由だけで、私たちの咎は重大な罪とはみなされません。しかし、神を金の子牛に置き換えることは赦されません。そして、いけにえの制度を変えて、一般の民を祭司職に任命するのも同じことが言えます。
こうしたことは、なんと恐ろしい罪でしょう。これらは最も重大な罪です。神を金の子牛に置き換えたことに対して、どうして赦されるのでしょう。聖書には、神の怒りをもたらしたのは、ヤロブアムの罪であったと記されています。
神が旧約聖書で怒りをお示しになったように、神は今、神に敵対する罪人を滅ぼされます。神はイスラエルに、金の子牛を礼拝することから、背を向けなかった者を呪うとおっしゃいました。
 
 
異端者は律法の外でいけにえをささげる

神に仕える前に何をしなければならないのか。
私たちのすべての罪を洗い流さなければならない。

イスラエルの王たちと異端の聖職者たちは、神に敵対し、いけにえの制度を無視した人々を祭司職に任命しました。歪んだ心を持った王ヤロブアムは、レビ族にいない者を祭司として定めました。
レビ族からの者だけが祭司になり、幕屋で働くことができました。より正確には、祭司はアロンの家から出なければなりませんでした。これが神の永遠の律法でした。しかし、ヤロブアムはレビ族の外から祭司を任命し、金の子牛にいけにえをささげました。私たちは、これがどのように神の怒りをもたらしたかを知るべきです。
今日でも、新しく生まれていない者は、教会で牧師、長老、執事になることができます。これは神の律法に反し、神の怒りを招きます。神は不法ないけにえを喜ばれるのでしょうか。異端者は、金の子牛を壊して、神に立ち返り、新しく生まれなければなりません。
イザヤ書 1:10-17 には、次のようにあります。「聞け。ソドムの首領たち。主のことばを。耳を傾けよ。ゴモラの民。私たちの神のみおしえに。『あなたがたの多くのいけにえは、わたしに何になろう。』 と、主は仰せられる。『わたしは、雄羊の全焼のいけにえや、肥えた家畜の脂肪に飽きた。雄牛、子羊、雄やぎの血も喜ばない。あなたがたは、わたしに会いに出て来るが、だれが、わたしの庭を踏みつけよ、とあなたがたに求めたのか。もう、むなしいささげ物を携えて来るな。香の煙――それもわたしの忌みきらうもの。新月の祭りと安息日――会合の召集、不義と、きよめの集会、これにわたしは耐えられない。あなたがたの新月の祭りや例祭を、わたしの心は憎む。それはわたしの重荷となり、わたしは負うのに疲れ果てた。あなたがたが手を差し伸べて祈っても、わたしはあなたがたから目をそらす。どんなに祈りを増し加えても、聞くことはない。あなたがたの手は血まみれだ。洗え。身をきよめよ。わたしの前で、あなたがたの悪を取り除け。悪事を働くのをやめよ。善をなすことを習い、公正を求め、しいたげる者を正し、みなしごのために正しいさばきをなし、やもめのために弁護せよ。』」
この聖句を注意深く読むなら、イスラエルの宗教指導者たちは非常に献身的だったことがわかります。しかし、彼らの献身にもかかわらず、彼らは間違ったいけにえをささげ、神の律法に従わなかったために滅ぼされました。
私たちは、彼らがいけにえをささげたとき、神の律法に従わず、神のみことばにも耳を傾けなかったことを見ることができます。こうした指導者たちは、非常に献身的で、神の前で数え切れないほどのいけにえをささげました。聖書は、幕屋の内側で川のように血が流れたとあります。
しかしながら、神が彼らのしていることをご覧になったとき、神はそれがゴモラの罪のようであるとおっしゃいました。神は、彼らが神の前でいけにえをささげているのをご覧になりましたが、実際、彼らは罪を犯していました。神は、ささげ物を持ってこない方が良いとおっしゃいました。神は、そうしたものを受け取ることを望まれませんでした。
彼らは、金の子牛の前でいけにえをささげたので、神は彼らの罪をお赦しになることができませんでした。神は、もう我慢おできになりませんでした。神は、神がお命じになった方法に従って、いけにえをささげるべきだとおっしゃいました。そうでなければ、彼らはいけにえを全くささげないほうが良かったでしょう。
彼らのいけにえは正しい方法で神にささげられず、その結果、祭司は神に対して罪を犯しました。みなさんは自分の罪を洗い流すことなく、神に仕え、神の働きをすることが、神の前に重大な罪であることを知っておくべきです。
 
 
異端者は学校の教師のようなもの

異端者は何を教えるのか。
新しく生まれる方法ではなく論理を教える。

異端者は、外見的にきよく見えます。そうした人が説教壇を陣取ると、彼らは多くの人が外見に騙されるほど印象的です。彼らはとても論理的に聞こえます。そして、彼らは常に人々に善良であることを忠告することによって説教を結論づけます。それは、どのような説教なのでしょう。彼らの説教と学校教師の授業の違いとは何なのでしょう。
神の教会は、神を礼拝するために新しく生まれた者が集う場所です。このような教会だけが真の教会です。真の神の教会とは、神の前でどのように振る舞うかを教えようとはしません。真の教会の宣教師は、水と御霊の福音を説きます。みなさんがどんなに弱くても、神はみなさんの罪をすべて洗い流されました。
異端の宣教師は、信者たちに重い負担をかけて、「これをしなさい、あれをしなさい」と言いますが、彼らは自分たちを動かすために指を持ち上げる気すらありません。
異端の宣教師は、自分の子供に高価なバイオリンを買い、その子供を留学に送ります。聖職者は、どうしてそうする余裕があるのでしょう。彼はどこでお金を得るのでしょうか。彼がそのようなお金を持っているなら、福音を宣べ伝えるためにお金を使うべきではありませんか。宣教師は、高価な車を運転すべきなのでしょうか。彼は尊厳を得るために高級車に乗らなければならないのでしょうか。高価な車を運転する宣教師は、強盗です。その信者たちが小さな車さえ買う余裕がないときに、宣教師がどうしてデラックスなモデルを持っているのが、正しいのでしょうか。私たちは、異端の宣教師にその行為を見ることによって言うことができます。
異端の宣教師は、多額の金を要求します。いくつかの教会には、月に 10,000 ドル以上も宣教師に支払います。そして、これは公式の賃金だけです。一部の例を挙げると、教育費、書籍代、育児費、訪問費などが支給されます。
それでも、彼らの何人かは彼らが十分に支払われていないことに不平を言います。彼らは、月 10,000 ドルを得て、もっとお金を要求します。10,000 ドルは、それほど低い賃金でしょうか。宣教師は、水と御霊の福音を宣べ伝えるのに十分な収入を得ることで、満足するはずです。
真の宣教師は、神から慰めと平和を得ます。しかし、平和のない異端の宣教師は、金銭的な報酬を求めます。そのような宣教師は実際、金の子牛を礼拝しています。
神の教会は、シオンと呼ばれることもあります。シオンほど美しい教会はありません。神の教会は、水と御霊の福音が説かれる場所です。
イザヤ書 1:21 には、次のようにあります。「どうして、遊女になったのか、忠信な都が。公正があふれ、正義がそこに宿っていたのに。今は人殺しばかりだ。」 イザヤは、「正義がそこに宿っていた」 と言って、神の教会について述べています。
神は、正義であり、公正です。私たちは不完全であり、アダムの子孫であり、罪のために生まれたので、イエスは私たちの罪を水と御霊で洗い流すために、この世に来られました。これが神の公正さです。
旧約聖書では、人々が自分を不完全であると知ったとき、彼らは神のところに来て、いけにえをささげました。「私は、これこれの方法で間違っていました。私のせいでした。」 それから、彼らは日ごとの罪を赦され、贖いの日に一度、年ごとの罪のために赦しを得ることができました。
同様に、新約聖書では、イエス・キリストが人類の罪をただ一度で洗い流すために、この世に来られ、バプテスマを受け、十字架につけられました。
しかし新年の礼拝では、多くの人が、「愛する神よ、去年犯した罪を赦してください。新年に私を祝福してください」 と泣いて悔い改めます。そうした人々は異端者です。
それでは、水と御霊によって新しく生まれる真理とは何でしょうか。イエスは、約2,000年前にこの世に来られ、人類の罪をただ一度で洗い流され、私たちを永遠に罪からお救いくださいました。イエスは、水と血で世のすべての罪から私たちをお救いくださったのです。しかし、毎日赦しを求めたら、イエスは何とおっしゃるでしょうか。
「どうして、遊女になったのか、忠信な都が。公正があふれ、正義がそこに宿っていたのに。今は人殺しばかりだ。」 自分を罪人と呼ぶ者はだれでも、異端者です。
 
 
異端の聖職者は水と御霊によって新しく生まれる福音を宣べ伝えることができない

神は罪人の祈りを聞かれるのか。
いいえ。罪が神との仕切りとなるため、神は罪人の祈りを聞かれない。

私たちの神は、殺人者たちを赦すために、神を信じて求める者をお召しになります。彼らは赦しを求め、罪人であると言っているので、イエスが再び罪のために戻って死ぬことを期待しているのでしょうか。イエスのバプテスマと十字架は、救済の現実です。
ペテロの手紙第一 3:21 で、イエスのバプテスマは救済の型であると告げています。イエス・キリストは、人類を罪から救うために、一度死なれました。人類の罪をただ一度で洗い流し、三日目によみがえられました。イエスは今、神の右の座に着いておられます。
イエス・キリストは、私たちを永遠に罪から救うために、一度バプテスマを受けられ、一度十字架で死なれました。イエスは、30歳のときにバプテスマのヨハネからバプテスマを受けました。イエスは、世の罪から私たちをお救いくださるために、一度死なれたのです。これは、いつでも裁きが下されたという意味ではないでしょうか。
異端者がまだ罪人であると言うなら、彼らはイエスにもう一度来臨していただいて、もう一度十字架につけられるように求めています。実際、彼らが赦しを求めるたびに、そうし続けなければならなかったでしょう。
心の中で水と御霊の福音を信じる者は、永遠に罪から救われ、義人となり、神の祝福と永遠のいのちを受け取るために天国に行きます。義人と出会う人はだれでも、水と御霊を通して救われ、神の祝福された民の一人となることができます。神の前で義人に救済を求める人はだれでも、祝福されます。
イザヤ書 1:18-20 を読みましょう。「『さあ、来たれ。論じ合おう。』 と主は仰せられる。『たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。もし喜んで聞こうとするなら、あなたがたは、この国の良い物を食べることができる。しかし、もし拒み、そむくなら、あなたがたは剣にのまれる。』 と、主の御口が語られた。」
神は、私たちが水と御霊の福音に従順であるならば、その国の良い物を食べることができますが、もし拒み、そむくなら、剣にのまれると告げています。
私たちの神は、おっしゃいました。「さあ、来たれ。論じ合おう。語ろうではないか。あなたがたは欠点があるのか。あなたがたは不義なのか。自分を愛しすぎているのか。戒めに従って生きることができないのか。律法に定められていることができないのか。知っていても実践できないのか。ならば、わたしのところに来なさい。たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。」 これは、神が罪人を正しくお救いになり、義人となさったことを意味します。
神がアダムとエバを創造されたとき、罪はありませんでした。しかし、すぐにサタンが登場しました。サタンは、彼らに神に従わないように誘惑し、彼らに罪を犯させることによって全人類を罪人にしました。サタンは、人類の堕落を引き起こしたのです。初めに、アダムとエバは神の前に罪人ではありませんでした。彼らは、エデンの園で神とともに生きました。しかし、彼らは罪人になりました。ですから今、神は私たちを召されておられます。さあ、来たれ。論じ合おう。ともに語ろうではないか。
「この世界で、あなたはどれほどの罪を犯したのか。死ぬ前にどれだけの罪を犯すのか。」
「ああ、神よ。罪を犯さないことは不可能です。どれほど懸命に努力しても、私たちは聖なる者となることができません。」
「それでは、今までどのくらいの罪を犯したのか。」
「うーん、主よ。私はすべてを思い出せませんが、心に残るものがいくつかあります。その時間を覚えておられますか。あなたは私が話していることをご存じです...。そしてまたその時があります。あなたはご存じです...」
それで神は、おっしゃいます。「続けて、わたしに言いなさい。これで全部だと思うのか。そうしたもの以外にいくつ知っているのか。しかしながら、あなたが覚えているすべての罪、あなたが忘れたすべての罪、そしてあなたが将来犯すすべての罪でさえ、わたしはそれらすべてを永遠に洗い流した。しかし、あなただけではなく、あなたの子供たちとその子どもたち、あなたのすべての子孫の罪まで。わたしは公正な神。わたしはあなたの罪を一度で洗い流したのだ。」
アダムの罪から地上で最後の人の罪まで、人類の罪をすべて洗い流した神は、アルファであり、オメガです。最初であり、最後です。
「わたしは救い主であり、全能の神だ。」
「わたしはあわれみ深い神であり、エホバだ。」
「わたしは、恵もうと思う者を恵み、あわれもうと思う者をあわれむ。」
神の恵みを求め、神に率直になれば、神のあわれみを持つことができます。父は、私たち全員を祝福なさることを望んでおられます。また、私たち全員が義人になることを望んでおられます。神の愛とあわれみのうちに、私たち全員を神の正しい子どもになさることを望んでおられるのです。

私たちが新しく生まれた後、神は私たちに何を望んでおられるのか。
世界中に福音を宣べ伝えることを望んでおられる。

神は、私たちが雪のように白くなることを望んでおられます。イエスは、バプテスマと血を通して、人類の罪をただ一度で洗い流されました。教会がすべての信者の罪といのちの問題を解決できない場合、それは真の神の教会とは言えません。
人々は、聖職者のところに来て、尋ねます。「私には罪があります。何をすればよいでしょうか。私は、悔い改め、何度も悔い改めてきましたが、私の罪は消えませんでした。もはや続けることができません。私は自分の宗教生活を続けられるとは思いません。」 そのような人に、問題に対する正しい答えを与えることができない場合、その聖職者は異端者です。彼は言うかもしれません。「それはあなた次第です。山で祈って来なさい。40 日間の断食を始めなさい。」
異端の聖職者や宗教指導者は、不純物に満ちているため、水と御霊の福音さえ知りません。彼らは自分の魂が地獄に行ってしまうのか、天国に行くのかを知りません。
そうした指導者は、神の前に正しくありません。彼らは偽りのキリスト教徒であり、異端者です。外からイエスを信じているように見えますが、心はまだ罪に満ちています。彼らは罪を洗い流されていません。彼らは、すべての罪を洗い流すことができる水と御霊の福音を宣べ伝えることはできません。彼らにだまされないようにしましょう。
テトスへの手紙 3:10-11 は、異端について述べています。「分派を起こす者は、一、二度戒めてから、除名しなさい。このような人は、あなたも知っているとおり、堕落しており、自分で悪いと知りながら罪を犯しているのです。」 彼らは、イエスを信じていても、新しく生まれていないので、自分たちを罪人であると非難します。彼らは、水と御霊の福音を無視して踏みつけ、地獄に行くしかない罪人であると言います。
彼らは、キリスト教の異端者です。イエスを信じて罪を持つ者はだれでも、異端者です。異端者は、神とは異なります。神は、聖なる方です。しかし、彼らは聖ではありません。水と御霊の福音を信じる者は、すべての罪を清められます。したがって、イエスを信じていても、罪がある者はだれでも、異端者です。私たちは、神を信じていてもまだ罪人であると言う者から離れなければなりません。
まだ福音を聞いていない者、福音を信じることを望みながら、まだ知らないために信じることができていない者に、福音を宣べ伝えましょう。彼らが新しく生まれるのを助けましょう。水と御霊の福音の邪魔をする者を、退けましょう。
私たちは、世界中で水と御霊によって新しく生まれる福音を宣べ伝えなければなりません。アーメン。