説教集

主題 8: 聖霊

[8-2] (使徒 8:14-24) 誰もがほんとうに自分の努力で聖霊を手に入れられるのか

(使徒 8:14-24)
「さて、エルサレムにいる使徒たちは、サマリヤの人々が神のことばを受け入れたと聞いて、ペテロとヨハネを彼らのところへ遣わした。ふたりは下って行って、人々が聖霊を受けるように祈った。彼らは主イエスの御名によってバプテスマを受けていただけで、聖霊がまだだれにも下っておられなかったからである。ふたりが彼らの上に手を置くと、彼らは聖霊を受けた。使徒たちが手を置くと聖霊が与えられるのを見たシモンは、使徒たちのところに金を持って来て、『私が手を置いた者がだれでも聖霊を受けられるように、この権威を私にも下さい。』 と言った。ペテロは彼に向かって言った。『あなたの金は、あなたとともに滅びるがよい。あなたは金で神の賜物を手に入れようと思っているからです。あなたは、このことについては何の関係もないし、それにあずかることもできません。あなたの心が神の前に正しくないからです。だから、この悪事を悔い改めて、主に祈りなさい。あるいは、心に抱いた思いが赦されるかもしれません。あなたはまだ苦い胆汁と不義のきずなの中にいることが、私にはよくわかっています。』 シモンは答えて言った。『あなたがたの言われた事が何も私に起こらないように、私のために主に祈ってください。』」
 
 
人は按手を通して聖霊を受けられるのか。
いいえ。水と御霊の福音を信じなければならない。

今日の聖句に基づいて、「人は自分の努力を通して聖霊が宿ることができるのか」どうかというメッセージを伝えたいと思います。初代教会の時代の使徒たちは、神から力を受けて、神によってさまざまな場所に遣わされました。使徒の働きには、いくつかの超自然的な出来事があり、その一つは、使徒たちが信者の頭に手を置いたときの聖霊の降臨です。使徒たちは、人々がイエスを信じていたにもかかわらず、聖霊を受けていなかった者に両手を置いたときに、その人たちは聖霊を受けました。
それでは彼らは、按手を通してどのように聖霊を受けたのでしょう。その時、神のみことばはまだ記されており、神のみわざはまだ完成していなかったので、神は使徒に神の使命を果たす特別な力をお与えになりました。神は、使徒たちとともにおられ、彼らを通して多くの奇蹟と不思議を生じさせました。イエス・キリストが神の御子であり、救い主であると人々に信じさせるために、神が人間の目で見ることができる不思議や奇蹟を行われた特別な時でした。イエス・キリストが神であり、神の御子であり、救い主でもあることを証明なさるために、神は使徒たちとともに聖霊の働きを力強く示す必要がありました。初代教会の時代に聖霊が不思議や奇蹟を通して働かなかったなら、イエスが救い主であると誰も信じなかったでしょう。
しかしながら今日、聖書は完成しているので、目に見える不思議や奇蹟を通して聖霊を受ける必要はありません。代わりに、内に宿る聖霊は、今や信仰にかかっています。言い換えれば、真理の福音を信じることにかかっているのです。神は、御前で真理の福音への信仰を持つ者に、内に宿る聖霊をお与えになります。内に宿る聖霊は、イエスがこの世に来られ、バプテスマと血によって成就されたように、神のみことばを信じる者にのみ起こります。
今日、多くの牧師は、奇蹟の目に見える現象は、内に宿る聖霊のしるしであると、信者に教えています。そして彼らは、信者を同じように聖霊を受けるように導きます。彼らは、異言で話すことは、聖霊の到来のしるしであるという偽りの教えを与えることによって、人々を欺きます。こうした牧師たちは、自分自身を偉大な不思議や奇蹟を行なう使徒であると考えており、感情を通して神を体験したい宗教的な狂信者の注意を引き付けます。
この狂信は、世界中のキリスト教徒に広まり、彼らの多くは自分たちの信仰に従い、超自然的な手段を通して悪霊を受けます。今でも、宗教的な狂信の影響を受けた人々は、按手を通して他の人に聖霊を受けるようにできると考えています。
しかしながら、シモンのように惑わされたように、彼らは主要な節に現れる魔術師のようです。彼らは、自己満足と肉の欲に酔っていますが、彼らのすべての行ないは、人々の間で混乱を引き起こすだけです。このような誤った教えは、神の前に内に宿る聖霊を受ける真の方法から外れています。
今日でさえ、多くの偽預言者は、聖霊のみわざをするふりをして、彼らの不法な宗教的実践を通して、サタンの働きをしています。真のキリスト教徒は、神のみことばに執着しなければなりません。それが、内に宿る聖霊を受ける唯一の方法である知識なのです。聖霊の肉体的経験を重視する、いわゆるペンテコステ派は、不合理な信仰を捨て、神のみことばに立ち返り、確実に内に宿る聖霊へと導く、真理を信じるべきです。
シモンは当時、サマリヤの有名な魔術師でした。イエスの弟子たちが人々に聖霊を受けるようになったのを見て、彼はお金で聖霊を手に入れようとしました。このような信仰を持つ人々は、必然的にサタンの奴隷になり、サタンの働きをするために利用されます。シモンは、聖霊を受けたいと思いましたが、彼の欲望は貪欲に過ぎませんでした。このような信仰は、御霊を受ける真の信仰ではないことがわかります。
シモンは、神の力に対する利己的な憧れの中でのみ、お金で聖霊を手に入れようとしました。この理由で、シモンは神のしもべペテロにひどく非難されました。シモンは、イエスを信じていたと言われましたが、罪の赦しを通して聖霊を受けていた人ではありませんでした。言い換えると、シモンは世俗的なものを神に与えることによって、内に宿る聖霊を受けることができると思ったのです。
シモンの外見は、イエスの信者であることを連想させましたが、彼の真の内的思考は、イエスの真のみことばとは無関係でした。代わりに、シモンは肉の欲に満ちていました。シモンの考えを知っていたペテロは、単なるお金で神の贈物である聖霊を、手に入れようとしたために、彼を非難しました。ペテロはシモンに、あなたのお金はあなたとともに滅びるだろうと告げました。
今日、悪霊に憑かれた偽預言者は、人々にあらゆる奇蹟や不思議が聖霊のみわざであると考えさせることによって、人々を欺こうとしています。私たちはしばしば、このような力に憧れ、聖霊を受けるために熱心に祈る人々を見ることができます。しかしながら、世俗的な欲からささげられた祈りを通しては、内に宿る聖霊を誰も受けることができないということを、心に留めておくべきです。
もしかして、みなさんの周りにカリスマ的な人々がいるでしょうか。みなさんは、このような人々に注意するべきです。彼らは、狂信的な信仰を持って他の人に近づきます。彼らは、悪魔を追い出すことができ、人々が按手を通して聖霊を受けることもできると言います。しかしながら、彼らは聖霊の力ではなく、悪霊の力を持っています。按手の意味によって聖霊を受けていると断言する者は、自分自身と他の人の両方に悪霊だけを受けるように導きます。
聖霊の真の宿りは、水と御霊のみことばを信じる者にもたらされます (Ⅰヨハネ 5:3-7)。水と御霊の福音は聖書に明確に記されているにもかかわらず、多くの人は心に罪があるため、トランス状態になること、異言で話すこと、千里眼、悪魔を追い払うことなどの超自然的な力と経験を通して、神に届こうとします。こういうわけで、偽預言者が非常に多くの人々を欺いて、悪魔に由来する迷信的なキリスト教を信じることができているのです。
ペテロはシモンに、次のように言って非難しました。「あなたの金は、あなたとともに滅びるがよい。あなたは金で神の賜物を手に入れようと思っているからです。あなたは、このことについては何の関係もないし、それにあずかることもできません。あなたの心が神の前に正しくないからです。あなたはまだ苦い胆汁と不義のきずなの中にいることが、私にはよくわかっています。あなたは悪魔の子です。」 このような多くの伝道師がいるという事実に、悲しみでため息をつくべきです。彼らのほとんどは、カリスマ的な人々です。彼らは、会衆にお金を要求します。私たちは、このような信仰から距離を保ち、水と御霊の真の福音を信じて、内に宿る聖霊を受けるべきです (マタイ 3:15、Ⅰペテロ 3:21、ヨハネ 1:29、ヨハネ 19:21-23)。
 
 
カリスマ的な人々は按手を通して働く
 
私たちは、このような信仰から離れるべきです。今日、一部の人々は、権力を手に入れた者から按手を受けるなら、聖霊を受けることができるという不合理な信仰を持っています。彼らは、聖書が多くの人々が使徒たちから按手を経験したときに聖霊を受けたと教えているので、自分たちもそうすることができると考えています。一部の詐欺師は、自分の按手で人々に内に宿る聖霊を与えることができるという、不合理な信仰を持っています。このような人々の存在に注意するべきです。
しかしながら、私たちは、彼らの信仰が、初代教会の時代の使徒たちの信仰とは大きく異なることを心に留めておくべきです。今日、一部のキリスト教徒の信仰に対する最も深刻な問題は、彼らが水と御霊の真の福音への信仰を持っていないということです。彼らは神を信じていると言いますが、神を敬わず、代わりに自分自身や他人を欺くのです。しかしながら、罪人は内に宿る聖霊を受けることも、他の人にそうさせることもできません。誰かが罪人に御霊が来たと言うなら、その霊は本当に聖霊ではなく、代わりに、真の御霊のふりをしたサタンの霊だったのです。
初代教会の時代の使徒たちは、イエス・キリストが、ヨハネによるバプテスマと十字架での死を通して、人類の罪をすべて取り除かれた救い主であることを知り、信じていた人々でした。彼らは、イエスのバプテスマと十字架での血の真理を信じていたため、内に宿る聖霊を受けることができました。彼らはまた、水と御霊の福音を他の人に宣べ伝え、こうして彼らに内に宿る聖霊を受けるのを助けました。
しかし、最近では、多くのキリスト教徒が狂信的な信念を間違えています。今日、罪人が別の罪深い牧師から按手を通して、聖霊を受けることは、本当に可能なのでしょうか。これはまったく無意味です。心に罪があるにもかかわらず、内に宿る聖霊を受けていると言う人々がいます。たとえ信者の目には、誰かが良い羊飼いのように見えても、心に罪があれば、だれにも内に宿る聖霊を受けさせることはできません。
それにもかかわらず、多くの人々はこのような間違った信仰を持っています。これが、非常に多くの偽預言者が人々を地獄に導くことができる理由です。このような信仰を教える者が、偽預言者であるという事実を知っておくべきです。これらはすでに悪魔に捕らえられている人々です。
人の心に罪があるなら、聖霊はその人の心に宿ることができるのでしょうか。答えは、ノーです。それでは、心に罪のある人が他の人に内に宿る聖霊を受けさせることは、可能なのでしょうか。繰り返しますが、答えはノーです。それでは、カリスマ的な人々は心に罪がありながら、今でも彼らがキリスト教に奇蹟や不思議を起こすのは、何が原因なのでしょう。悪霊がそうするのです。聖霊は、決して罪人の中に宿ることができません。聖霊は、水と御霊の福音への信仰を持つ者の中にしか宿りません。みなさんのところに来た霊は、聖霊であると確信しておられますか。
ヨハネの福音書 3:5 で、イエスはおっしゃいました。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国にはいることができません。」 そのように、内に宿る聖霊は、水と御霊の真の福音を信じることによってのみ、得られます。今日多くのキリスト教徒が犯す間違いは、罪深い牧師から按手を受けることによって、内に宿る聖霊も受けることができると信じていることです。これは非常に大きな間違いです。今日、多くのキリスト教徒や牧師は、按手を通して内に宿る聖霊が、彼らの上に臨まれるという信仰と確信を持っています。 
 
 
罪の真の赦しと按手との関係
 
「按手」とは、人の中にあるものを対象のものに移すことを意味します。このように考えてみてください。マイクに向かって話すと、音はケーブルを通して増幅器に伝わり、スピーカーから出てくるので、誰もが聞くことができます。同様に、旧約聖書では、罪人が罪のためのいけにえの頭に手を置いたとき、その人の罪は罪のためのいけにえに移されたので、こうしてその人は赦されました。同様に、神のしもべが彼らに手を置くとき、神の力が人々に移るのです。このように、按手は「渡す、移す」という意味があります。
カリスマ的な人々は、按手を通して人々に内に宿る聖霊を持たせるのではなく、悪霊を受けるようにします。私たちは、悪霊の力を持つ人が按手を通して他の人に霊を渡すのだということを覚えておかなければなりません。悪魔に憑かれた人が、他の人の頭に手を置くと、悪魔は罪人を通して働いているため、その人のうちにいる悪魔は、他の人に渡されます。この理由のため、内に宿る聖霊を受けたいのであれば、誰もが水と御霊の福音を信じなければなりません。サタンは、たとえ人々がイエスを信じていたとしても、罪の赦しを受けられなかったなら、罪のうちにいる者を支配します。
誰かが悪魔に憑かれた人から按手を受けるなら、悪魔もその人に近づき、その人もまた偽の奇蹟を行なうでしょう。私たちは、悪魔が按手を通して他の人の中に宿るようになるのであり、内に宿る聖霊は水と御霊の福音への信仰を通してのみ、可能であることを知っていなければなりません。
按手は、何かを他の人に渡すという神によって定められた方法です。しかし、サタンは多くの人々に按手を通して悪霊を受けさせます。今日、聖霊の力をお金で手に入れようとする人が大勢いるという事実は、さらに大きな問題です。
 
 
ほとんどのキリスト教徒は、内に宿る聖霊の真理を誤解している
 
内に宿る聖霊をどのように受けることができるのかと尋ねられると、多くの人が悔い改めの祈りや断食を通して、内に宿る聖霊が可能であると答えます。これは、本当のことではありません。みなさんが神に特別な祈りをささげると、聖霊がみなさんのところに来るのでしょうか。いいえ。内に宿る聖霊は、水と御霊の福音を信じる者の上に来られるのです。
神は真理であられるため、内に宿る聖霊を受けるための律法を定められました。聖霊は、心に罪がある人の中に宿ることができるのでしょうか。答えは、決してそうではありません。按手を通して聖霊を受けることはできません。誰かがリバイバル集会に出席し、聖霊の力を受けるかもしれないと必死に神に祈っても、聖霊がその人に臨むことができません。罪人は、明らかに内に宿る聖霊を受けることができません。罪人は、水と御霊の福音を信じて罪の赦しを受けるときにのみ、内に宿る真の聖霊を賜物として受け取ることができるのです。
水と御霊の福音を知らない者はだれでも、内に宿る聖霊を受けることができません。今日、水と御霊の福音は、世界中にキリスト教文学、教会の集会、インターネット、さらには電子書籍を通して、急速に広まっています。したがって、真の福音を求める者はだれでも、それを信じて、内に宿る聖霊を受けることができます。まだ内に宿る聖霊を受けていないなら、そうするためには、水と御霊の福音を信じなければならないことを悟るべきです。
 
 
偽りの信仰の典型的な例
 
今日、偽りの霊を受けている人々の症状を調べると、悪魔の実際の存在がわかります。「聖霊のためのリバイバル集会」とは、必死に聖霊を受けたい人々が集まる集会です。こうした集会では、人々が手を叩いて、泣いて、断食しながら、悔い改めの祈りをささげているのを見ます。宣教師は、彼らがそのようにするまで聖霊が彼らの上に来ないことを伝えて、彼らに狂信的な祈りをささげるように指示します。それから、人々は「主よ!」と叫び、熱狂的な祈りを始めます。
こうした狂信者は、このように内に宿る聖霊を受けることができるのでしょうか。いいえ。人々は、そのような集会で奇妙な音を立てながら、悲鳴を上げ、たじろぎ、震えているのが、みなさんには分かるでしょう。ある人たちは、あちこちで地面に仰向けに倒れて震え、そして悲鳴を上げて、異言で話し始めるのがわかるでしょう。集会を通して誰かが気が狂って悲鳴を上げ、群衆は感情に圧倒されます。そうした人々の中には、発作を起こし、全身をぶるぶる震わせ、異言で話し始めます。人々は、こうした現象が自分たちの上に聖霊が下った証拠であると言います。しかし、悪魔が自分の働きをするときに何が起こるかを考えてみませんか。これは聖霊のみわざなのでしょうか。絶対に違います。
 
 
サタンは多くのキリスト教徒を欺く
 
今日、多くのキリスト教徒はサタンが望んでいるような宗教的な生活を送っています。サタンは、聖霊を受けるために、有力な牧師から按手を受けなければならないと告げることによって、人々を欺きます。多くのキリスト教徒は、これを正式な教義と信じる傾向があります。サタンはまた、人々が熱狂的に祈ると、聖霊を受けるという考えを人々の頭に植えつけます。サタンは、このような信仰を持つ人々の数を二倍にし、三倍にしてきました。
したがって、多くの人は水と御霊の福音について知らず、学ぼうとさえしません。私たちは、サタンが私たちの頭に入ろうと働いている考えを避けて、水と御霊の福音を知り、信じるために戦わなければなりません。内に宿る聖霊は、水と御霊の福音を信じる者にのみもたらされます。これを信じなければなりません。
 
 
内に宿る聖霊に関するキリスト教徒の誤解
 
まず第一に、カリスマ的なキリスト教に対する多くの追随者の信仰には、大きな誤解があります。彼らは、心に罪をもって聖霊を受けようとします。彼らは、心に罪があるにもかかわらず、内に宿る聖霊を受けることができると誤って信じています。しかしながら、水と御霊の福音への信仰を持たない人は、聖霊の豊かさを受けることができません。
第二に、人々の傲慢が、内に宿る聖霊を受けることを妨げると言われています。では、これは、傲慢に振舞わなければ、聖霊を受けることができるということなのでしょうか。この世に少しも傲慢ではない人がいるのでしょうか。神に赦されない傲慢な人とは、神のみことばに自分自身の考えを加える人のことです。多くの人々は、水と御霊の真の福音を無視して、独自の方法で内に宿る聖霊を受けようとします。しかしながら、内に宿る聖霊は、水と御霊の福音を信じる者にのみ、もたらされるのです。
第三に、人が神の前で自分の罪をすべて率直に告白すると、内に宿る聖霊がもたらされるのだと言われています。ですから、彼らは聖霊を受けたい時に罪を告白するように促されます。しかし、人が自分の罪を告白するだけでは、内に宿る聖霊はもたらされないことを覚えておかなければなりません。今日、ほとんどのキリスト教徒は、内に宿る聖霊とその豊かさを熱心に求めていますが、まだ心に罪があるため、内に宿る聖霊を受けることはできません。このような軽率な欲求を持つ人は、悪魔に捕らえられます。
第四に、私たちが神に祝福を与えてくださるよう真剣に求めるとき、内に宿る聖霊が与えられると言う人もいます。しかし、物乞いでは得られません。これは間違った考えです。
第五に、ある人々は霊的な力を持つことを、内に宿る聖霊と同一視します。異言を話すことは、内に宿る聖霊の一般的な証拠とみなされています。しかし、聖霊は、イエスの名によって悪霊を追い出したり、奇妙な異言を話すことができるからといって、心に宿りません。罪はサタンに属します。心に罪のある人は、奇妙な力を持っているので、内に宿る聖霊を受けているのだと、ほんとうに言うことができるのでしょうか。繰り返しますが、これは悪魔のいたずらです。
イエスが私たちに与えてくださった水と御霊の福音は、内に宿る聖霊を受けるように導くことができる唯一の真の福音です。みなさんがまだ他の方法を通して、聖霊と罪の赦しを受けることができると思うなら、みなさんは深く欺かれています。みなさんが間違った信仰から自分自身を解放し、代わりに霊的な考えと本物の信仰を持つようになることを願っています。
今日、多くのキリスト教徒が悪魔に憑かれていると言っても過言ではありません。世界中の多くのキリスト教徒は、特別なリバイバル集会を通して、または按手によって内に宿る聖霊を受けたいと願っているので、悪魔の支配下に来ます。彼らは、聖霊の力を受けたと言われている祈りの家の指導者、年長の執事、信仰復興論者、牧師などの特殊な人々のところに行きます。彼らは、按手を通して聖霊を受けることを望んで、彼らのところに行きます。しかしながら、イエスをどれほど熱心に信じていようとも、このような信仰を通して、誰も内に宿る聖霊を受けることはできません。言い換えれば、誰かに内に宿る聖霊を受けさせることができるお方は、神以外には誰もいないのです。
シモンのように、今日多くの人々が聖霊を手に入れようとしています。彼らは、福音ではなく、世俗的な教えを信じて聖霊を受けようとします。世界中のほとんどのキリスト教徒が、この考え方にこだわっています。聖霊は、聖霊を受けるために必要な資格を持っている者にだけ来るのです。聖霊を受ける唯一の決まり文句は、水と御霊の福音を信じることであり、これが真理に対する唯一の答えです (使徒 2:38)。
按手を通して聖霊を受けることは、初代教会の時代で短期間しかできませんでした。この後、水と御霊の福音を知り、信じるようになると同時に、内に宿る聖霊が人々にもたらされました。したがって、神のみことばへの信仰を通して起こる聖霊のみわざ以外は、すべて悪魔の働きです。悪魔はサタンのしもべであり、サタンは、たとえイエスを信じても、人々が罪の赦しを受けることができないように、巧妙に働いているのだと、神はおっしゃいます。サタンは、人々がイエスを信じて按手を受けると、聖霊を与えられると言って嘘をつきます。サタンは、このような策略を通して、自分の領土を世界中に拡大します。
次に、悪魔に憑かれた者の症状を見ていきます。第一に、まじない師や占い師の悪魔に憑かれた症状を調べると、彼らは震えているような発作、トランス状態、そして失神さえ経験していることがわかります。それから、彼らの舌はねじれ、自分たちの意志に反して口から意外な言葉が出てきます。彼らは、奇妙な舌で話します。
按手を通して悪魔に憑かれた魔術師とキリスト教徒の両方が、この経験の共有者です。カリスマ的な信仰復興論者がマイクを取って、「火を受けよ、火を受けよ、火を受けよ」と叫ぶと、会衆は興奮し、自制心を失います。彼から按手を受けたい人々が正面に来ます。抑えきれない震えの発作を経験し、異言で話します。こうした症状は、聖霊のみわざをするふりをしている悪魔の働きです。
あらゆる原始宗教のまじない師や占い師によって、召喚される悪霊に憑かれている人々は、按手を通して悪魔に憑かれたキリスト教徒と同じ症状を示します。しかしながら、この証拠にもかかわらず、人々はこれを誤解しています。こうしたキリスト教徒は、このような症状を経験したときに聖霊を受けていると思うため、深い混乱に陥ります。
 
 
サタンは占い師のようなキリスト教徒を通して働く
 
サタンは、悪霊に憑かれた人々が預言の祈りをすることを可能にします。彼らは、次のように言って預言します。「あなたは貴重な指導者になるであろう。数千頭の羊があなたの前で放牧するであろう。神は将来あなたを訓練し、あなたを貴重な指導者にするであろう。」 人々が自分たちに従い、生涯を通して悪魔のしもべとして生きるよう奨励するために、彼らは他の人に対して紛らわしい言葉を言います。「あなたは神の貴重なしもべになるであろう。あなたは、神の非常に威厳のあるしもべになるであろう。」
占い師はまた、他の人々の未来について預言します。「あなたは将来、水に気をつけるべきです。」 「あなたは多くのお金を稼ぐであろう。」「高貴な人が東から現れて、あなたを助けるであろう。」 こうしたことは、彼らが言うことの実例です。悪魔に憑かれた人に現れる最初の症状は、彼らが偽の預言をすることです。
それから、彼らは自分自身で理解することもできないことを異言で話します。彼らは震えを経験し、人格障害の症状さえ示します。みなさんが、まじない師や占い師に会ったなら、彼らが健全な性格を持っていると断言できるでしょうか。彼らはしばしば、自分たちよりもずっと年上の人たちに対して無礼に話します。
しかしながら、内に宿る真の聖霊を持つ人々は、イエスがバプテスマと十字架での死を通して、世の罪をすべて清めたと告げている聖書の真理を信じることによって、聖霊を受けています。こうした人々はまた、他の人が水と御霊の福音を知り、信じるのを助け、罪の赦しと内に宿る聖霊を受けるのを助けます。彼ら自身が義人の道に生きようとし、彼らの性格は、他の人を神の祝福された信仰と神が望まれるような生活を送れるほど心地よく、健全です。彼らの心が世に戻ろうとすると、神は彼らをきよく保つために、時々彼らを非難なさいます。
すべての罪の赦しを受けている義人は、悪霊によって人格が破壊された人々とは明らかに異なっています。罪の赦しを受け、それによって内に宿る聖霊を受けるなら、真の人格が再び活気を帯びます。さらに、義人は、不利な状況下にある他者、神のみことばで本当に必要なものについて、他者が救われるように祈ること、実際に彼らを助けるために自己犠牲をささげることに深く気を遣います。
一方、悪魔に憑かれた人の人格は、ひどく破壊されているのがわかります。サタンは彼らを支配し、サタンの意志にそっと曲げます。なぜなら彼らは、震えたり、異言で話したりすることが聖霊の賜物だと思っているからです。しかしながら、こうした経験は、間違いなく聖霊の賜物ではありません。
神の名によって預言をし、多くの不思議を行ない、異言で話すことができるなどの力を誇りに思っている牧師が、非常に大勢います。しかし、彼らの心にまだ罪があるなら、彼らの力は悪魔に憑かれているという事実の決定的な証拠です。したがって、彼らは内に宿る聖霊を他の人に与えることはできず、悪魔の霊を与えることしかできません。また、サタンは欺くため、彼らが行なった奇蹟は、短時間でいとも簡単に消えます。
聖霊のみわざと悪魔の働きとの間には、明確な違いがあります。聖霊のみわざは、初めは特別な経験や素晴らしい贈物をもたらさないかのように思えるかもしれませんが、時が経つにつれて、神の力は朝の昇る太陽のように、常に義人の心の中で成長します。
 
 
悪魔に憑かれたキリスト教徒
 
なぜ聖霊を受けようとしても、非常に多くの人々が悪魔に憑かれているのか。
彼らが偽預言者から按手を通して悪魔を受けるから。

驚くべきことに、偽預言者から按手を通して悪魔を受けたため、身体と魂が台無しなっている、イエスを信じる多くの信者を見ることができます。こうした人々は、彼らの信仰が聖書のみことばに基づいていないため、神とは何の関係もありません。彼らは、自分たちの働きが多くの人々をサタンのしもべにさせていることを知らずに力を尽くしています。なぜ彼らはキリスト教で力を発揮するために、一生懸命働くのでしょう。彼らが自分のいわゆる力を使わなければ、そうした力がすぐに消えてしまうからです。そういうわけで、彼らは非常に忙しくなるのです。
彼らは絶えず祈り、イエスの名によって不思議としるしを実践しなければなりません。「私は福音を宣べ伝えるという賜物を受け取っている」と言う人々は、福音を宣べ伝えなければなりません。そうしなければ、偽りの幸福はすぐに消えてしまいます。こうした人々が異言で話したり、癒したり、預言したりする悪魔の賜物に忠実でない場合、言い換えれば、サタンの働きに忠実でない場合、サタンは特別な理由で彼らを病気にするかもしれません。それはまるで占い師やまじない師が、サタンのしもべとしての役割を怠ったときに、長引く病気になるようなものです。こういうわけで、彼らが力を使い果たした後、彼らが悲惨な状態に見捨てられないように、サタンから受け取った贈物を熱心に使わなければならないのです。
私はかつて、イエスを熱心に信じる人を知っていて、その人が神から多くの力を持っているように見えました。彼は人々に聖霊の豊かさを受けるように励まし、按手を通して悪魔を追い出すこと、異言で話すことや癒しなどの不思議を行なうリバイバル集会へと導きました。その人は、不思議の働きを通して羨望と尊敬の対象になりました。何千人もの信者が彼に従いました。しかしながら、すぐに彼は、「イエス・キリストは失敗者です。彼は、神の御子ではありません」と言って、イエスを否定し始めました。彼はイエス・キリストを呪い、自分が神であるとさえ主張しました。彼は、ついに自分の心と多くのキリスト教徒の心の中にいるイエス・キリストを殺したのです。
このような人々は、サタンが彼らの案内役であるため、水と御霊の福音を拒否します。彼らは使徒たちと同じ力を持っている、自分の能力を見て、人々を他の異言で話させるようにし、按手を通して悪魔を追い出すという幻想を抱いているので、最初から間違った信仰を持つようになります。彼らは、内に宿る聖霊が自分たちの上に来たと固い信仰を持っています。
彼らは、悔い改めの祈りをささげることによって、聖霊を受けることが可能であると考えて、聖霊を受ける方法について人々に教えます。しかしながら、こうした聖霊を受ける方法は、神のみことばに基づいていません。それにもかかわらず、彼らは、イエスを信じる人が異言で語り、預言するならば、それがその人のところに聖霊が来ている証拠だと言います。多くの人々は、内に宿る聖霊を本当に理解していないので、偽預言者の教えを学び、それに従うことによって聖霊を受けることもできると信じています。これが、サタンがキリスト教徒を悪魔の霊で満たし、こうした人々を支配することができた方法です。こうした方法はすべて、サタンの罠です。
偽預言者の教えを通して、多くの人々が悪魔に憑かれています。普通の信者は謙虚な宗教生活を送っていますが、悪霊に憑かれた人々は悪霊の力を使い、表面上は熱心な宗教生活を送っています。彼らが示す能力とは何でしょう。彼らは癒しの能力を持ち、異言で話すことができ、按手を通して悪魔に憑かれるように導きます。按手とは、何かを他の人に渡す方法であり、悪魔の王国はこの手段によって大いに拡大されたことを知っておくべきです。
 
 
悪霊は人間の貪欲を通して働く
 
サタンは、今日の聖句に登場するシモンのような人々のうちに働いています。こうした人々は、水と御霊の福音への信仰に関係なく、按手を通して聖霊を受けることができると言っています。今日、多くの人々がサタンに惑わされ、悔い改めの祈り、断食、自己犠牲、または按手を通して、聖霊を受けようとしています。しかしながら、彼らは悪魔に憑かれ、呪われた生活を送っているのです。
今日のキリスト教は、「按手」と呼ばれるこの手段を通して、悪魔がすべての人の魂の中で働きをするのを助けているということを、よく理解しておくべきです。こうしたシモンと同じ特徴を持つ人々は、神の前で偽預言者です。イエスの信者でさえ、心に罪があるなら、悪魔に憑かれます。こうした人々は、悪魔の働きを通して奇蹟を起こすことができます。サタンは、悪魔に憑かれることを容易にし、世界中にサタンの王国を建設するために、サタンのしもべから按手を受けるように導きます。今日、2ペンテコステ・カリスマ運動の教会は、世界中で正式なキリスト教の宗派として公式に認められています。
 
220世紀後半の物質的繁栄と大量消費に直面して、西洋キリスト教は衰退し始めました。同時に、この結果として、イエスに近づく方法を模索していた多くのキリスト教徒は、以前の教会の渇きに満足していませんでした。他の人々は、霊的成長の欠如または遅いペースに悩まされていましたが、他の人々は自分の信仰をイエスへの個人的な愛に変えることができないことに不満を感じていました。
いわゆるペンテコステ・カリスマ運動が、こうした状況下で生じたのです。この運動にふけった者は、最初のペンテコステ派の出来事をたたえ、異言での話すこと、預言をすること、奇蹟や不思議を行なうことなどの熱心な経験と実践を求めています。彼らの熱意では、彼らは喜んで、いわゆる聖霊の支配に委ねていますが、厳密に言えば、彼らの教えと実践のほとんどは、聖書に基づいていません。
発展途上国では、この運動は彼らのニーズの環境の中で途方もなく発展しました。彼らの指導者たちは、宗教的な熱意とともに富と健康の恵みで発展途上の世界のキリスト教徒を惹きつけてきました。新ペンテコステ派のような運動のいくらかのずれは、運動がニューエイジ運動と同じ教えを共有しているとさえ報告されています。
 
この世界は、徐々に終わりに近づいています。終わりの日に新しく生まれたければ、悪魔がどのように働いているかを知り、悪魔の計画にしっかりと立ち向かわなければなりません。また、私たちは罪からただ一度で救われ、水と御霊の福音を信じることによって、内に宿る聖霊を賜物として受けなければなりません。神の御霊がどのように来られるかの完全な知識をもって、真理に立ち返らなければなりません。
「わたしの民は知識がないので滅ぼされる」 (ホセア 4:6) と神がおっしゃったように、今日、真理を求める多くの人々は、彼らの無知の中でカリスマ的な人々が、彼らによって惑わされるときに滅ぼされます。人々は、いわゆるペンテコステ・カリスマ教会が砂漠に設立されたとしても、人々はそこに集まるだろうと言います。これはなぜでしょうか。カリスマ的な人々は、他の人々を偽りの力で混乱させることによって教会を拡大し、按手を通して彼らが悪魔に憑かれるように導くのです。彼らの特別な能力の一つは、人々が按手を通して悪魔に憑かれると、宗教生活を送ることに熱心になるということです。
カリスマ的な人々のもう一つの特別な特徴は、彼らが教会に大金を寄付し、無条件に狂信的な信者になることです。大勢のキリスト教徒でさえ、悪魔の力で伝道に熱心ですが、確かに自分の目的地を悟らずに地獄に行くでしょう。悪魔の力を彼らの救済の証拠として熱心に信じているこうした人々は、疑いもなく天国を楽しみにしています。しかしながら、彼らの心には罪があり、滅びる定めにあります。
彼らが「あなたは神を信じているのに、心に罪がありますか」と質問されたら、間違いなく彼らは罪を犯しているのは当然だと答えます。彼らは、たとえイエスを信じていたとしても、人の心に罪がないことは不可能だと考えます。
人々は、心に罪があったとしても、天国に入る価値があると考える傾向があります。なぜなら、彼らがイエスは偽りの力の証拠を持っていると信じて安心しているからです。
これは、なんという非常識な希望でしょう。彼らの確固たる信仰の理由は、彼らが何らかの超自然的な能力を持っているからです。彼らは異言で話し、幻想を抱き、病人を癒すことを経験しており、こうした経験が聖霊のみわざであると考え、堅く信じています。したがって、彼らはこうした経験を通じて、確実に贖いと聖霊を受けているのだと自分に言い聞かせます。
こうした人々は、救済のみことばについて不完全な知識を持っているため、目に見える能力が現れない場合、救済に自信がありません。したがって、こうした人々は、救いの目に見える保証を見つけようと非常に一生懸命努力し、後にサタンの働きで利用されることになります。こうした人々は、水と御霊の福音を信じるのではなく、悔い改めの祈りや自己犠牲を通して神の答えを見つけようとしているので、最終的には聖霊の代わりに悪霊を受けます。
悪魔は、「あなたは罪を犯しましたよね」と耳にささやくことによって人々を非難し、彼らを自責に陥るように導きます。私は、今罪の赦しと聖霊を受けている人が誰であるかを知っている人がいます。これは、彼がイエスに熱烈ではあっても、浅はかな信者であったときに、彼が新しく生まれる前に起きたことです。しかしながら、彼にできることは、心の罪を告白することだけでした。彼は、美しい福音を聞いて信じるようになるまで、サタンの告発から自分を解放することができなかったのです。
水と御霊の福音を信じない者が、悪魔の獲物になることを知っておくべきです。罪の赦しを受けていない人には、悪魔を拒否する力があると思いますか。水と御霊の真の福音を保たない者は、サタンに捕らえられ、苦しめられます。サタンを追い出すには、神の水と御霊の福音が絶対に必要です。したがって、イエスを信じるすべての人は、水と御霊の福音を信じ、それを世のすべての人々に宣べ伝えるべきです。これを聞く者は従い、信じるべきです。
 
 
不法の秘密はすでに世で働いている
 
現在、全世界が悪魔の活動で覆われています。人々に聖霊を受けるように導く福音を宣べ伝えたいなら、内に宿る聖霊について深い誤解を取り除かなければなりません。
まず第一に、聖霊が按手を通して来るというのは、嘘であるということを明確にしなければなりません。「按手を受けた後、他の異言で話し、悔い改めと断食を通して何らかの熱を感じ、イエスから直接メッセージを聞く」などの経験が、悪魔の働きであることをはっきりとあかしするべきです。水と御霊の福音への信仰を通してのみ、人々は悪魔の策略から救われることができます。信仰によってのみ、水と御霊の福音を通して罪から救われることができるのです。
「嘘つきの父」である悪魔を、水と御霊の福音で打ち負かさなければなりません。サタンは、世界中のすべての人々を自責の束縛で結びつけているので、誤った経験や感情がサタンの策略であることを認識させることによって、こうした人々を真理に立ち返らせなければなりません。
最近、お金で聖霊を手に入れようとしたサマリヤ人シモンのような人々が、教会で仕事をしています。彼らは盲人を手引きする盲人です。水と御霊の福音を知らず、心に罪があるので、人々は完全な救済への道を示すことができません。ですから、彼らは終夜の祈りの会議を開催し、悔い改めの祈りのために呼び、按手を使って、サタンを信者の心に住まわせます。こうした人々は、実際に悪魔に憑かれています。もし神のみことばに立ち返らせたいなら、水と御霊の完全な知識を与えることによって、サタンの働きを破壊しなければなりません。人々がサタンの戦略を知らなければ、彼らは無力に苦しむしかありません。
使徒たちの信仰と使徒の働き第 8 章の今日の聖句で、按手を受けた人々の信仰は、両方ともイエス・キリストの水と御霊の福音について知っていたため、同じ分類に置かれました。しかし、使徒の信仰は、按手だけで聖霊を受けるようになると信じる今日のほとんどのキリスト教徒の信仰とは、全く異なっていました。
人は、罪の赦しを受けている人から按手を通して聖霊を受けるのでしょうか。いいえ。聖書は、神の霊は水の上を動いていたとあります (創世記 1:2)。これは、罪の赦しと聖霊を受けるためには、水と御霊の福音を聞いて信じなければならないことを意味します。神は、水と御霊の福音を信じる新しく生まれたキリスト教徒への賜物として、聖霊を遣わされます。
聖霊を受けるために按手を求めるように人々に教えたなら、神が私たちを罪から救おうとなさった水と御霊の福音に対立するようなものであることを、心に留めておくべきです。人が聖霊を他の誰かに与えることができると考えることは、神に挑戦するようなものであり、このような信仰を持つ人は、サタンの罠に簡単に陥ります。これは、決して許されるべきではありません。
水と御霊の福音を信じるとき、私たちの罪はすべて赦され、聖霊はこれをあかしします。水と御霊の福音を信じる人は、もはや心に罪がありません。これは、その人が罪を犯していないからではなく、水と御霊の福音の力を信じているからです。水と御霊の福音が、その心に罪がないことをあかしし、聖霊もそれをあかししています。人は、内に神の霊を持たなければ、イエスを救い主と呼ぶことはできません。
悪魔に憑かれた人々は、水と御霊の福音について知らず、それを議論の対象にすることすらしません。彼らは水と御霊の福音さえ知らず、さらに真理を識別することもできません。彼らは、按手をしたり、按手を受けたりすることによってのみ、聖霊が来るのだと考えています。しかしながら、聖霊は按手を通して決して来るのではありません。みなさんは、悪魔の働きが、その誤った教えで世界中の教会の人々に大きな影響を及ぼしていることを認識すべきです。このため、水と御霊の福音を信じることによって、内に宿る真の聖霊を受けることが不可欠です。