説教集

主題 8: 聖霊

[8-4] (使徒 3:19) イエスの弟子たちと同じ信仰を持つ者

(使徒 3:19)
「そういうわけですから、あなたがたの罪をぬぐい去っていただくために、悔い改めて、神に立ち返りなさい。」
 
 
使徒たちはどのような信仰を持っていたのか。
彼らは、イエスのバプテスマと十字架での血との両方を信じていた。

イエス・キリストの弟子たちを見ると、彼らは内に宿る聖霊があったときの信仰の強さが、そうでなかった時の信仰とは、明らかに異なっていました。彼らの肉には何の違いも見られませんでしたが、聖霊を受けた後、イエス・キリストの光によって、彼らの生活は完全に変わりました。
私が住んでいる町には、美しい山と湖があります。そのような美しい景色を見て、私は満足感に満たされ、そのような創造物について主に感謝するしかないのだろうかと思います。太陽の下で輝く透き通った水の輝きは、私の心を満たし、私の周りの世界は金のように見えます。
しかし、そのような景色の美しさが現れない場所もあります。空が透き通っている場所もありますが、日光の下の水は沼地のように見えます。そのような光景には輝きはありません。このような湖を見て、私の罪をきよめ、内に宿る聖霊を手に入れた美しい福音を、主に感謝します。
沼地の湖の水面は光を反射できないように、私たちは神の光から遠く離れており、私たちの罪深い性質のために、無意識のうちに未知の運命に向かっているのかもしれません。しかし、聖霊が私たちの心に宿るなら、私たちは神の子どもとして明らかにされ、他の人々に福音を教えるように導かれます。私たちは、神の光を受け入れたので、光として輝くようになります。
同様に、イエスのよみがえりの後、弟子たちは聖霊を受けて、光の子、光の使徒となりました。聖霊の光は、すべての人にとって偉大な祝福であり、したがって、ほとんどの人は聖霊を受けたいと願っています。
 
 
使徒パウロの信仰
 
パウロには、どのような信仰があったのでしょう。パウロは、信仰の告白の中で、厳密に父たちの律法に従って、当時の最も偉大な律法の教師の一人であるガマリエルの下で教育を受け、徹底的に訓練されたと言いました。しかしパウロは、律法でさえも罪から救われることができず、実際、彼は私たちの救い主イエスの迫害者であったと告白しました。ある日、彼はダマスカスに行く途中でイエスにお会いし、福音の伝道師になりました。パウロは、イエスが世のすべての罪をきよめるために、ヨハネからバプテスマを受けたこと、そうした罪に関するすべての裁きをご自分に負うために、十字架で血を流された神の御子として、イエス・キリストへの信仰を持っていました。言い換えると、パウロは心で罪の赦しへの信仰を持っていました。
イエスの弟子たちは、ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血とが、罪をすべて赦すことであると信じていました。パウロは、弟子たちと同じ信仰を共有していたため、すべての罪から救われました。
ガラテヤ人への手紙 3:27 で、パウロは 「バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです」 と言って、自分の救いとして、イエスのバプテスマへの信仰を告白しました。また、ペテロの手紙第一 3:21 で、ペテロは 「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです」 と述べ、この節を通してイエスのバプテスマの美しい福音を示しました。イエスの弟子たちは、ヨハネによるイエスのバプテスマが世の罪をすべて清めると信じていました。彼らは自分の罪を赦され、こうして、この真理を信じることによって、もはや律法の呪いの下にはいませんでした。
彼らは、イエスのバプテスマと十字架での血の両方を信じていました。イエスの弟子たちが成功者になるために、この信仰が必要だったことは明らかです。使徒の働き 1:21-22 には、次のようにあります。「ですから、主イエスが私たちといっしょに生活された間、すなわち、ヨハネのバプテスマから始まって、私たちを離れて天に上げられた日までの間、いつも私たちと行動をともにした者の中から、だれかひとりが、私たちとともにイエスの復活の証人とならなければなりません。」 イエスの弟子になることは、ヨハネによるイエスのバプテスマへの信仰で始まりました。
罪を赦されるために必要な真理とは、イエスのバプテスマと十字架での血への信仰です。「バプテスマを受けてキリストにつく者とされたあなたがたはみな、キリストをその身に着たのです」 (ガラテヤ 3:27)。こうして、パウロはまた、ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血を信じていました。
テトスへの手紙 3:5 を見ましょう。「神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。」 ここで、「新生の洗い」 という言葉は、ヨハネがイエスにバプテスマを授けたとき、世の罪はすべて清められたという意味です。同様に、みなさんが自分の罪のために赦されたいなら、みなさんの罪はヨハネによるバプテスマを通してイエスに渡されたと告げる美しい福音を信じる必要があります。イエスが十字架につけられて血を流して死なれたのは、ヨハネから受けたイエスのバプテスマを通して、私たちの罪をすべて取り除かれたからです。この事実を信じることは、内に宿る聖霊を得るのに十分です。パウロは、ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血も信じていると告白しました。
へブル人への手紙 10:21-22 を見てみましょう。次のようにあります。「また、私たちには、神の家をつかさどる、この偉大な祭司があります。そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。」 ここで、「きよい水で洗われた」 とは、人類の罪をすべて清めたヨハネによるイエスのバプテスマを指します。
したがって、旧約聖書と新約聖書の両方において、美しい福音の核となる要素は、イエスのバプテスマと十字架での死であることがわかります。みなさんも、パウロと同じ信仰を共有しなければなりません。
今日、ほとんどのキリスト教徒は、ヨハネがイエスにバプテスマを授けたとき、世の罪がすべて清められたことを知らずに、イエスを空しく信じています。一部の神学者は、罪を赦されるためには、一般の人々が水でバプテスマを受けなければならないと主張しています。この主張は、聖書に記されているように、水と御霊の真の美しい福音を知らずになされるでしょう。私たちの罪は、私たちが水のバプテスマを受けたときの単なる儀式では赦されません。イエスのバプテスマとその血への信仰が、私たちのすべての罪を清めるのです。美しい福音を信じる者だけが罪を赦されます。そして、イエスの血を信じることによって、彼らはすべての裁きを支払いました。この信仰を持つ者だけが聖霊を受けることができます。
「そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか」 (へブル 10:22)。へブル人への手紙の著者は私たちに、全き信仰をもって、真心から神に近づくようにと教えています。みなさんはまた、美しい福音への全き信仰をもって、真心から神に近づかなければなりません。
今日、キリスト教徒は、内に宿る聖霊を手に入れたいと心から望んでいます。しかし、聖霊は罪が赦されている者の中だけに宿ります。多くの人はこれを知らず、そのため、イエスのバプテスマと血の美しい福音を信じずに、聖霊を受けたいと願っています。イエスを信じているが、イエスのバプテスマと十字架での血を信じていない者は、聖霊を受けることができません。その理由は、彼らには純粋な心がないからです。
パウロは、イエスのバプテスマと十字架での血を信じていたため、聖霊を受けました。さらに、パウロはこの確信を広め、異端者であると迫害されました。しかし、聖霊は彼の心に宿っていたので、彼は最後まで水と御霊の福音を広めることができました。「私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです」 (ピリピ 4:13)。内に宿る聖霊のおかげで、パウロは神に歩み寄るまで、神に仕え、聖霊の守りの下で生きました。パウロと同じ信仰を持つ者だけが、聖霊を受けることができます。
パウロの信仰を見てみましょう。コロサイ人への手紙 2:12 には、次のようにあります。「あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、また、キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。」 パウロは、ヨハネからバプテスマを受けたイエスを信じることによって、すべての罪を赦されました。
 
 
キリスト教は古い時代からどのように変わっているのか
 
さて、イエス・キリストにおいて聖霊を受けた後に弟子となった姉妹の告白を見てみましょう。
「私は、年をとっていましたが、子供を産むことができなかったので、祈りを通して神の祝福を受けるために、ある教会から別の教会に行きました。私が家に一人でいた時でさえ、少なくとも1、2時間は子供のために祈り、この宗教的な様式は私の日常生活の一部になりました。
自分でこのような宗教生活を送りながら、年配の女性に会いました。彼女は、もし私が子供を神に求めたいなら、私は彼女から按手の祈りを受けるようにすべきだと言いました。どこかでこの女性は神の使いであると聞いたので、私の頭に手を置くことを許しました。その瞬間、私は今まで感じたことのない経験をしました。私の舌が動き始め、私は別の言語で話していて、何か奇妙で熱いエネルギーを感じました。
聖霊を受けていたこと、それが私の祈りに対する主の答えであったことを意味するために、私はこの経験をしました。私の頭に両手を置いた女性は、聖霊からの贈物を持っているように見えたので、預言することや癒すことができました。彼女は、神のみことばにおける教育を受けたことはありませんでしたが、聖霊の力を使って、多くの牧師と教育を受けた人が按手を通して聖霊を受けるよう教育しました。
それ以来、私はそのような集会に参加し始めました。その一つは、いわゆる3更新/復活運動」です。この集会での祈りの中で、私は体全体に震えを感じ、心が神と隣人に対する愛に燃えました。これと同じことが他の人にも起こり、人々は失神し、異言で話していました。そこには悪魔に憑かれた人々がいて、この集会の指導者は悪魔を追い出しました。この更新/復活運動の目的は、震えること、預言すること、悪魔を追い出すこと、異言で話すことを通して、人々が聖霊を体験するのを助けることでした。しかし、これらすべての経験にもかかわらず、私にはまだ罪があり、心にある罪は私に恐怖と恥を感じさせました。
 
3真の更新は、キリスト教徒の生活の自然で必要とされる部分であり、御霊の実によって証明される霊的な成熟をもたらします。しかし、近年、一部の運動は、「更新」という用語を、聖書に記載されている霊的な成熟の過程とは類似しないように再定義しています。制御されていない感情を生み出す彼らの「更新」は、あらゆる種類の疑わしい兆候によって特徴づけられ、聖書外または非聖書的な教えや非聖書的慣行を伴います。
こうしたものは、論争の的になっている更新/復活運動の中で推進されている問題のある教えと実践の一部です。聖書よりも、カリスマ体験を極端に重視すること、偽りのしるし、偽りの教え、偽りの預言、偽りのしるしや不思議など。しかしながら、こうした運動の最も危険な側面は、多くの人々が聖霊を受けることについての真理を誤解し、美しい福音を脇に置いていることです。
 
したがって、私が祈ったときはいつでも、罪の問題を解決できるようにと真剣に祈りました。私は罪を犯したと告白しましたが、人々は私をまだ天使だと思っていました。私は良い信仰を持っていたと思いましたが、間違っていました。自分の誤りを認識していなかったなら、聖霊を受ける機会がなかったかもしれません。
その後、私は、水と御霊の福音を広める方々にお会いし、神のみことばを信じることによって、すべての罪の赦しを受けました。今、私は本当に幸せです。私は、水と御霊の福音を信じ、聖霊を受けています。神に感謝します。私は世界中のすべてのキリスト教徒が美しい福音を信じ、内に宿る聖霊を受けることを願っています。私たちの主に感謝いたします。」
ここで、私たちは聖霊を受けるためには、水と御霊の福音が必要であることを学びました。すべての罪を赦されたいのなら、ヨハネによるイエスのバプテスマを信じなければなりません。エペソ人への手紙 4:5 を見てみましょう。「主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つです。」 ここでは、私たちが信じている主は一つ、バプテスマは一つだけあると告げています。私たちはみな、内に宿る聖霊を受けるために、ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血を信じなければなりません。そうしなければ、聖霊が私たちの中に宿ることは決してありません。
かつて、神聖さと純度運動が聖霊を受けるのに役立つと教え、信じる人々がいました。しかしながら、私たちがそのような運動に加わるなら、聖霊は私たちの中に宿ると思いますか。神聖さと純度運動のために聖霊を受けたのでしょうか。それが可能であったなら、信仰を保つのが賢明でしょう。しかし、この理由で聖霊がみなさんの上に臨んだなら、イエスは来臨して私たちを罪から救う必要はなく、ヨハネからバプテスマを受ける必要も十字架につけられる必要もなかったでしょう。
内に宿る聖霊を受けることは、罪の赦しをもたらしたイエスのバプテスマと血の福音への信仰からの贈物です。内に宿る聖霊は、真の福音によって罪が清められ、赦された者に与えられる贈物なのです。
最近、更新/復活運動にふける者の中で、徹底的な悔い改めの祈りが、聖霊を受ける助けになると信じる人々がいます。人は心に罪があったとしても、悔い改めるために祈るなら、聖霊を受けると言います。
全世界に広がっているペンテコステ・カリスマ運動は、1800年代に米国で始まりました。この運動は、人々の倫理と道徳が崩壊した産業革命の後に起こりました。大恐慌のために、多くの人々の心が荒れ果てたとき、運動は全盛期に達しました。その時から、神のみことばに基づく信仰は衰え、新しい宗教運動が起こり始めました。物理的に聖霊(神)を体験することを目的としたのが、ペンテコステ・カリスマ運動でした。目で神のみわざを見、肉体と心で神のみことばの力を体験することです。
しかし、この運動の致命的な欠陥は、信者を神のみことばからさらに遠ざけ、身体の祝福に努める宗教として存在することです。結果として、この新しい運動の追随者たちは、魔術師の代弁者になりました。今日でさえ、ペンテコステ・カリスマ運動にふける者は、イエスへの信仰があれば、その人は豊かになり、病気は治り、すべてにおいて繁栄し、聖霊を受けて異言で語り、 他人を癒す力を持つだろうと信じています。ペンテコステ・カリスマ運動は、世界中に広がっています。この運動は、美しい福音への人々の信仰と、内に宿る聖霊を得る能力に対する障壁となりました。
近代キリスト教は、約500年前にルターとカルヴィンの信仰に由来しました。しかし、キリスト教の境界線内で、内に宿る聖霊についての聖書研究は、かたく確立されていません。問題は、現代キリスト教の初めから、ほとんどのキリスト教徒が、イエスのバプテスマと十字架での死の重要性を認識することなく、イエスを信じてきたということです。さらに悪いことに、人々は誤ったキリスト教の教義を圧迫し、身体的経験だけを強調し始めたのです。すべてのキリスト教徒は、イエスが世の罪をすべて取り除くためにヨハネからバプテスマを受け、その罪のために十字架につけられたと告げる美しい福音を信じなければなりません。この信仰がみなさんに聖霊を受けるようにさせます。
今日、キリスト教があまりにも荒れ果てている理由は、人々が、イエスがヨハネから受けたバプテスマと十字架での血の真理を無視する傾向があるからです。イエスは私たちに、真理を知るようにとおっしゃいます。ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血を信じることは、水と御霊の福音を信じることを意味します。聖霊を受けたいなら、ヨハネがイエスにバプテスマを授けたとき、みなさんの罪はイエスに移り、イエスの血はみなさんのすべての罪に対する裁きと赦しであったと信じてください。すると、みなさんは聖霊を受けるでしょう。
多くのキリスト教徒は、イエスの贖いの福音として、イエスの血だけを信じています。しかし、イエスの血だけを信じる者は、罪から解放されるのでしょうか。みなさんは、できますか。もしそうだと思うなら、おそらくみなさんは、イエスのバプテスマの真の意味について漠然とした知識しか持っていないでしょう。その場合、みなさんの心にはまだ罪があります。イエスのバプテスマと血を一つの信仰として結びつけて初めて、みなさんは自分の罪から救われ、聖霊を受けることができます。聖書は、これこそ私たちが世に勝つのを助ける唯一の真の福音であると告げています。「あかしするものが三つあります。御霊と水と血です。この三つが一つとなるのです」 (Ⅰヨハネ 5:7-8)。したがって、私たちは、罪から私たちを救いたいという神のお望みのうちに、神がヨハネに、イエスにバプテスマを授けさせ、そして十字架につけられたことを知らなければなりません。
ほとんどのキリスト教徒がイエスを信じているにもかかわらず、罪の赦しを持たないのは、ヨハネによるイエスのバプテスマと十字架での血で成し遂げられた美しい福音を信じていないからです。こうした二つのものを信じる者は罪を赦され、聖霊が心に宿ります。
人々が自分の罪が清められたことを悟ると、その心は静かな水のように平和で豊かになります。聖霊が誰かの心に宿る瞬間、川のような平和がその心を出入りします。私たちは、この真理を信じ、聖霊を受ける福音を広める際に御霊とともに歩むことによって、主にお会いします。私たちの心は、このような平和を、これまで経験したことがありません。水と御霊の福音を信じ始めた時から、生活は穏やかになり、心は完全に喜ぶようになります。この美しい福音から背を向けることはできません。聖霊は、いつも私たちの心の中にあり、神のみことばを広めることを促し、みことばを信じる人々に聖霊を受けるようにさせます。
私たちは、イエスのバプテスマと十字架での血の美しい福音を信じたので、聖霊で祝福されました。今、みなさんは聖霊を受けるために、イエスのバプテスマと十字架での血を信じなければなりません。世界中の人々が、イエスは世の罪をすべて取り除くためにヨハネからバプテスマを受け、そうした罪の裁きを受けるために十字架で死なれたという、神のみことばを信じる過程を開始することが重要です。そうするとき、彼らはついに聖霊を受けるのです。