説教集

主題 8: 聖霊

[8-9] (エペソ 2:14-22) 私たちをきよめたイエスのバプテスマの福音

(エペソ 2:14-22)
「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです。このことは、二つのものをご自身において新しいひとりの人に造り上げて、平和を実現するためであり、また、両者を一つのからだとして、十字架によって神と和解させるためなのです。敵意は十字架によって葬り去られました。それからキリストは来られて、遠くにいたあなたがたに平和を宣べ、近くにいた人たちにも平和を宣べられました。私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父のみもとに近づくことができるのです。こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。この方にあって、組み合わされた建物の全体が成長し、主にある聖なる宮となるのであり、このキリストにあって、あなたがたもともに建てられ、御霊によって神の御住まいとなるのです。」
 
 
何が人と神とを隔てているのか。
人の犯した罪
 

貧困によって養子となった子
 
朝鮮戦争の終わりから半世紀が過ぎました。しかし、韓国の人々に大きな傷跡を残しました。朝鮮戦争の影響で、多くの幼い子供たちが外国へ養子に出されました。当時、国連軍が韓国に来て、私たちを大いに助けてくれましたが、兵士たちが去った後、多くの子供たちは父親なしで残されました。
ここに妻たちと子供たちがいた国連兵士の多くは、家に帰ったときに家族を置き去りにしました。こうした子供たちの多くは、再び母親によって孤児院に捨てられ、それから外国への養子のために送られました。実際、こうした幼い人々が育ての親を見つけて、非常によく育てられたことは、とても幸運でした。
養子になった子どもたちは、年をとるにつれて親や近所の人とはかなり違って見えることに気づき、韓国という遠く離れた国から養子になったことを知りました。「両親が私を捨てたのは、なぜだろう。両親は私を嫌いだったから、この国に私を送ったのだろうか。」 彼らの若い考えで、こうした子供たちは何が起こったのか理解できませんでした。
彼らの本当の両親に対する好奇心と憎しみは、両親に会いたいという願いとともに成長し始めました。「両親は、どんな顔してるのだろう。両親は、どうして私を捨てることができるのだろうか。私のことが嫌いだったから、そうしたのだろうか。いいや、おそらくこれには理由があったに違いない。」 彼らは、おそらく多くの誤解があって、時には極端な憎しみさえ感じました。また、それ以外の場合は、それについてもう考えないことを決心した可能性があります。彼らがそれに気づく前に、時間が経ち、子供たちは大人に成長しました。彼らは結婚し、子供を持ち、自分の家族を作りました。
私は、地元のテレビネットワークの一つの番組を通じて、こうした子供たちに興味を持ちました。この番組では、テレビ記者が、ドイツに現在住んでいる養子になった女性にインタビューしました。この女性は当時20代で、神学を勉強していました。最初、女性は、自分が養子になったことを他の誰にも気づかせたくなかったので、記者と会うのを避けようとしました。記者は彼女に、会見に応じるなら外国へ養子に出す潮流を止めるのに役立つことを理解するように説得しました。女性は同意しました。
記者の質問の一つは、「本当の両親に会えるとしたら、どう思いますか。何に一番興味がありますか」というものでした。女性は答えました。「なぜ両親が私を養子に出したのか理解できません。彼らが私を憎んでいるかどうか尋ねたいのです。」 彼女の生母は、テレビで女性の会見を見て、放送局に連絡し、娘に会いたいと言いました。これが、二人が出会った方法です。
母親は非常に早く空港に行き、娘の到着を待ちました。若い女性が出口から現れたとき、彼女の母親はそこに立って泣くしかありませんでした。
こうした二人が顔を合わせたことは、一度もありませんでした。母親が大人の娘を初めて見たのは、テレビに出演したときでした。彼らは、異なる言語を話しましたが、それでも心と表情で語り合うことができました。母親が自分のしたことに対して許してほしいと言いながら、彼らはお互いの顔に触れました。母親は、泣いて、本当に申し訳なかったと繰り返すしかありませんでした。
母親は娘を家に連れて帰り、一緒に食事をしました。もちろん、娘はドイツ語しか話せず、母親は韓国語しか話せなかったので、口頭で話すことができませんでした。しかし、どういうわけか、彼らが母と娘であったという事実は、彼らにお互いを理解させることを可能にしました。彼らは言葉を使わずに、多くの意思疎通をし、しぐさで気持ちを伝え、互いの顔に触れ、目と心で語り合いました。
ドイツに帰った頃には、娘は実母が自分を愛していることを知っていました。以前のインタビューを実施したのと同じ記者が、彼女の出発前にもう一度、彼女に話しました。「母が養子縁組のために私をあきらめた理由を尋ねる必要はありませんでした。母は今でも貧しいのです。この国の裕福な人々は外国の車を運転するほど裕福ですが、母はまだ貧困状態にあります。」 彼女は続けて言いました。「母にあの質問をせず、母から返事をもらえなかったにもかかわらず、貧困から私を救うために、母が私を送ったことがわかりました。ですから私は、母にあの質問をする必要性を感じなかったし、すべての疑念と憎しみは今やなくなりました。」
 
 
人々は心の罪のために神から遠く離れている
 
なぜ私たちは神から遠ざけられ、なぜ神に近づくことができないのでしょうか。養子になった女性は、実母が貧困から自分を救うために彼女を送ったことを知りました。同じことが神にも当てはまるでしょうか。神は、私たちを神ご自身のかたちに似せて創造されました。何が私たちを神から遠ざけたのでしょうか。答えは、サタンが人に罪を犯させようと誘惑し、罪が人を神から遠ざけたということです。
当初、神はご自身のかたちに人を創造なさり、神の被造物を深く愛されました。人は、神の愛の対象として造られ、他のどの創造物よりも多くの気高さを持っていました。しかしながら、サタンという名の堕落した御使いは、人間を神から遠ざけるために働きました。サタンは、神のみことばを信じないように人を誘惑し、善と悪の知識の木の実を食べさせました。
こうして人は、罪のために神から遠ざけられました。人は、神に不従順でした。人は、神がお許しになった永遠のいのちを与えるいのちの木の実を食べず、代わりに、善と悪の知識を与える禁断の実を食べました。その結果、人は神から遠ざけられました。
以前は、神の愛の対象でしたが、傲慢から、人は神にそむいて離れました。人の心に宿るようになった罪のために、人は最終的に神から遠ざけられました。その後、人間は神から離れて長い間暮らし、不平を言いました。「神は私たちを造られた後、なぜ私たちをお捨てになったのですか。なぜ神は私たちに罪を犯させたのですか。なぜ私たちを弱らせた後、神は私たちを地獄に送られるのですか。神がそもそも私たちを造られなかった方がもっと良かったでしょう。」 私たちは、新しく生まれる前に、好奇心、疑念、憎しみと同様に、多くの疑問とともに生きました。
テレビ番組で養子になった女性を見たとき、私は人と神との関係は、彼女が本当の母親と持っていた関係と同じであることに気づきました。どのような苦難、誤解、呪いまたは罪も、どのような状況下でも、人を神から遠ざけることはできません。また、神と人との関係は愛に基づいていますが、それでも誤解が生じる可能性があることを理解できました。
母親が娘を憎しみから追い出さなかったように、神は憎しみからではなく、罪のために人から神ご自身を引き離しました。神が人を憎む理由はなく、人が神を憎む理由もありません。私たちはお互いを愛しています。人が神から引き離されたままになっているのは、人がサタンの策略に屈して罪人になったからです。
 
 
神はイエスを通して私たちを受け入れておられる
 
「しかし、以前は遠く離れていたあなたがたも、今ではキリスト・イエスの中にあることにより、キリストの血によって近い者とされたのです。キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし、ご自分の肉において、敵意を廃棄された方です。敵意とは、さまざまの規定から成り立っている戒めの律法なのです」 (エペソ 2:13-15)。主は、ヨハネからバプテスマを受け、戒めの律法を廃棄されるために、世の罪をすべて取り除かれました。主はその後、人を罪から救われ、神に受け入れられるように、十字架で血を流されました。神は今、ご自分によって清められた者を受け入れておられます。
みなさんは、水のない世界を想像したことがありますか。少し前、私は韓国最大の港の一つである仁川市での聖書集会に出席しました。そこでは水道水が数日間機能しなかったので、「人々は、水なしでは生きられない」と思いました。
神がこの世界を一ヶ月間、水なしになさったなら、悪臭、汚物、および広範囲にわたる渇きのために、都市に住むことは不可能だったでしょう。神が与えてくださった水の価値を理解するべきです。水が人間にとって絶対に必要であるように、イエスがヨルダン川でヨハネから受けたバプテスマも同様に必要不可欠です。
イエスがヨハネからバプテスマを受けるために、この世に来られなかったなら、イエスの信者たちはどのようにして、罪の赦しを受けることができたでしょう。人々が水なしでは生きられないのと同じように、ヨハネがイエスにバプテスマを授けなかったなら、この世界の誰もが自分の罪で死んでいたでしょう。
しかしながら、イエスのバプテスマがすべての罪を取り除いたので、私たちは今、心が清められ、救いに祝福されているという知識に確信を持つことができます。イエスのバプテスマは、私たちの信仰にとって重要です。さらに、私たちが内に宿る聖霊を受けるためには、イエスのバプテスマが絶対に必要です。
イエスの弟子の一人であるペテロは、「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは......イエス・キリストの復活によるものです」 (Ⅰペテロ 3:21)。ペテロの述べたことによると、イエスは私たちを罪から救うために、バプテスマのヨハネからバプテスマを受け、血を流されました。世の罪をすべて洗い流したイエスのバプテスマは、真の福音です。
それでは、出エジプト記 30:17-21 に記されている青銅の洗盤についての聖句を見てみましょう。「主はまたモーセに告げて仰せられた。『洗いのための青銅の洗盤と青銅の台を作ったなら、それを会見の天幕と祭壇の間に置き、その中に水を入れよ。アロンとその子らは、そこで手と足を洗う。彼らが会見の天幕にはいるときには、水を浴びなければならない。彼らが死なないためである。また、彼らが、主への火によるささげ物を焼いて煙にする務めのために祭壇に近づくときにも、その手、その足を洗う。彼らが死なないためである。これは、彼とその子孫の代々にわたる永遠のおきてである。』」
幕屋には青銅の洗盤があり、それは会見の天幕と祭壇の間に置かれ、洗うための水が入っていました。この洗盤が天幕になかったなら、いけにえをささげる祭司たちは、どれほど汚れていたでしょう。
毎日、人々のために非常に多くのいけにえをささげ、罪のためのいけにえに両手を置いて、ささげ物を殺す祭司たちは、血と泥でどれほど汚れていたでしょう。天幕に洗盤がなかったなら、祭司は非常に汚れていたことでしょう。
こういうわけで、祭司たちがきよい手で神に近づくことができるように、神は彼らのために洗盤を備えてくださいました。罪人は、罪のためのいけにえの頭に手を置いて罪を移し、それから祭司たちは、彼らのために神にいけにえをささげました。祭司が聖所に入ることができるように、そして、死なないように祭司たちが水で洗うことができるように、神は青銅の洗盤を備えてくださいました。祭司でさえ、動物の血で染まっている間は、聖所に入ることができませんでした。そういうわけで、祭司は、人々のためにいけにえをささげた後、神に近づくために、洗盤の水ですべての汚れを洗い流しました。
 
 
イエスのバプテスマは世の罪をすべて洗い流した
 
ヨルダン川でのヨハネによるイエスのバプテスマを通して、世の罪はすべてイエスに移されました。そして、イエスが水の中に全身を浸したことは、イエスの死を象徴し、イエスが水から出られたことは、イエスの復活を象徴していました。言い換えれば、イエスは世の罪をすべて取り除くために、ヨハネからバプテスマを受け、罪の報酬を支払い、十字架で死なれました。イエスの死は私たちの罪の代価を払うことであり、イエスの復活は私たちに永遠のいのちを与えたのです。
イエスがバプテスマを通して罪をすべて取り除かれたと、私たちが信じていなかったなら、私たちの心は罪に満ちているでしょう。その場合、どうすれば神に近づくことができるでしょうか。罪の赦しの福音は、一つの宗派の教義ではなく、神の真理です。
私たちは、正確な知識なしに信仰を導くことはできません。言い換えると、イエスがヨハネからバプテスマを受けたかどうかを本当に気にしないと、世に勝つことができません。すべての生き物がいのちを維持するために水を必要とするように、信仰によって生きて天の御国に入るためには、罪の赦しとイエスのバプテスマの水が必要です。イエスは、私たちを罪から救うために、バプテスマを受けなければならず、十字架で死に、復活しなければなりませんでした。これは、私たちが心で信じなければならない水と御霊の福音です。
イエスは、十字架につけられて死なれましたが、そのような罰に値することは何もしていませんでした。イエスは、私たちの罪を洗い流すために、この世の中に来られ、30歳のときにバプテスマを受け、33歳のときに十字架で死ぬことによって、救い主になられました。神は、私たちがどれほど弱く罪深い人であったとしても、人類をご自分の子どもとなさりたかったのです。そういうわけで、イエスがバプテスマを受けられました。神は、私たちに罪の赦しと聖霊の賜物を同時にお与えになりました。
人は、水と御霊によって新しく生まれなければ、神の国を見ることも入ることもできません (ヨハネ 3:3-5)。
私たちの罪をすべて洗い流すために、イエスがバプテスマを受けたことを知り、信じなければなりません。新しく生まれたキリスト教徒であっても、イエス・キリストがバプテスマを通して、世の罪をすべて取り除かれたという真理を深く考えなければ、その人の心はすぐに汚れてしまいます。私たちは肉体であるため、日常生活でさえ、罪によって汚されやすいのです。そういうわけで、私たちは常に信仰によって生き、イエスのバプテスマと血、そして復活について深く考えなければなりません。この信仰が、天の御国に入る日まで私たちを支えます。
イエスは、私たちの罪のためにバプテスマを受けて死なざるを得なかったので、そうすることによってイエスは私たちに救いをもたらしたと信じなければなりません。世のすべての罪から救われるために、この美しい福音を信じる以上に、しなければならないことは何もありません。
水と御霊の福音をくださった主に感謝いたします。神が私たちに与えてくださった最大の贈物は、イエスのバプテスマと血を通して、すべての罪から私たちを救うために、神のひとり子をお遣わしになることでした。
神に近づくことができず、神から離れることを余儀なくされたのは、私たちの心に罪があったからです。イエスは、世の罪をすべて取り除くために、ヨハネからバプテスマを受け、神と人との隔ての壁を打ちこわすために、十字架で死なれました。神と人間との関係は、バプテスマと血によって元どおりになりました。こうした賜物を神に感謝します。子どもに対する肉親の愛は素晴らしいですが、それは神の愛とは比べ物にならず、その神の愛によって、イエスは私たち罪人をお救いくださったのです。
イエスのバプテスマと血は、どちらも重要です。この世に水がなかったら、生物は生きていけるでしょうか。イエスのバプテスマがなければ、心に罪のない人はいないでしょう。イエスがバプテスマを受けておらず、そして十字架で死なれなかったなら、だれも罪の赦しを受けなかったでしょう。幸いなことに、イエスはバプテスマを受け、私たちのために究極の犠牲を払われました。たとえ私たちに欠点があり、間違いがあるとしても、イエスのバプテスマと十字架での血を信じることによって、聖霊を受けることができます。
イエス・キリストのバプテスマと十字架での死を信じる人々は、神に近づき、神に祈り、神をたたえることができます。私たちは、神の子どもになっているので、今では主をたたえ、主を礼拝することができます。これは神の恵みと祝福です。イエスのバプテスマと十字架での血の福音は、本当にすばらしいものです。私たちはみな、この美しい福音を信じることによって、救済と内に宿る聖霊を受けることができるのです。