説教集

主題 10: 黙示録

[第5章-1] (黙示録 第 5 章 1-14 節) 父なる神の代理として御座に着かれたイエス

(黙示録 第 5 章 1-14 節)
「また、私は、御座に座っておられる方の右の手に巻き物があるのを見た。それは内側にも外側にも文字が書きしるされ、七つの封印で封じられていた。また私は、ひとりの強い御使いが、大声でふれ広めて、『巻き物を開いて、封印を解くのにふさわしいのはだれか』と言っているのを見た。しかし、天にも、地にも、地の下にも、だれひとりその巻き物を開くことのできる者はなく、見ることのできる者もいなかった。巻き物を開くのにも、見るのにも、ふさわしい者がだれも見つからなかったので、私は激しく泣いていた。すると、長老の一人が、私に言った。『泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。』さらに私は、御座──そこには四つの生き物がいる。──と長老たちとの間に、ほふられたと見える子羊が立っているのを見た。これに七つの角と七つの目があった。その目は、全世界に遣わされた神の七つの御霊である。子羊は近づいて、御座にすわる方の右の手から、巻き物を受け取った。彼が巻き物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老は、おのおの、立琴と、香のいっぱいはいった金の鉢とを持って、子羊の前にひれ伏した。この香は聖徒たちの祈りである。彼らは、新しい歌を歌って言った。
『あなたは、巻き物を受け取って、 
その封印を解くのにふさわしい方です。 
あなたは、ほふられて、 
その血により、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から、 
神のために人々を贖い、 
私たちの神のためにこの人々を王国とし、祭司とされました。 
彼らは地上を治めるのです。』
また私は見た。私は、御座と生き物と長老たちとの周りに、多くの御使いたちの声を聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍であった。彼らは大声で言った。 
『ほふられた子羊は、 
力と、富と、知恵と、 
勢いと、誉れと、栄光と賛美を受けるにふさわしい方です。』
また私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、及びその中にある生き物がこう言うのを聞いた。 
『御座に座る方と、子羊とに、
賛美と誉れと栄光と力が 
永遠にあるように。』
また、四つの生き物はアーメンと言い、 長老たちはひれ伏して拝んだ。」
 
 
釈義
 
第 1 節:「また、私は、御座に座っておられる方の右の手に巻き物があるのを見た。それは内側にも外側にも文字が書きしるされ、七つの封印で封じられていた。」
ここでは、父なる神の右の手に七つの封印で封じられた巻き物があるとしています。主イエス・キリストが父なる神の右手の巻き物を取ったことは、イエスに天の権威のすべてが与えられたことを意味します。
 
第 2-4 節:「また私は、一人の強い御使いが、大声でふれ広めて、『巻き物を開いて、封印を解くのにふさわしい者はだれか。』と言っているのを見た。しかし、天にも、地にも、地の下にも、だれひとりその巻き物を開くことのできる者はなく、見ることのできる者もいなかった。巻き物を開くのにも、見るのにも、ふさわしい者がだれも見つからなかったので、私は激しく泣いていた。」
イエスを除いては、世を裁き、新たな天と地とを創り、父なる神の代理として聖徒とともにそこに生きる方は、誰ひとりおられません。
 
第 5 節:「すると、長老のひとりが、私に言った。『泣いてはいけない。見なさい。ユダ族から出たしし、ダビデの根が勝利を得たので、その巻き物を開いて、七つの封印を解くことができます。』」
ここで「ユダ族から出たしし、ダビデの根」は、イエス・キリストが万物の支配者の神、王の中の王であり、父なる神のご計画を完全に成就なさるにふさわしく、その力もあるということを強調しています。イエス・キリストはご自身が神であり、神の代理として父なる神のご計画を全うなさるのです。
 
第 6 節:「さらに私は、御座──そこには四つの生き物がいる。──と長老たちとの間に、ほふられたと見える子羊が立っているのを見た。これに七つの角と七つの目があった。その目は、全世界に遣わされた神の七つの御霊である。」
イエス・キリストは、天と地についての権威をすべて父なる神から受け継がれ、すべてを創られた万物の支配者の神なのです。イエスこそが、人類の罪のすべてを贖うためにこの地上に人間の形でおいでになり、世の罪のすべてを負われ、そうして負われた罪のために死なれた方なのです。
 
第 7 節:「子羊は近づいて、御座にすわる方の右の手から、巻き物を受け取った。」
イエス・キリストには神としての資格がおありなので、父なる神から巻き物を受け取ることがおできになったのです。これはつまり、このときから主が神のわざのすべてを行なわれるということなのです。
 
第 8 節:「彼が巻き物を受け取ったとき、四つの生き物と二十四人の長老は、おのおの、立琴と、香のいっぱいはいった金の鉢とを持って、子羊の前にひれ伏した。この香は聖徒たちの祈りである。」
これは、イエス・キリストが父なる神に代わってみわざを行なわれるのであり、二十四人の長老と四つの生き物から渡された最初の仕事が聖徒たちの祈りであったというのです。
 
第 9 節:「彼らは、新しい歌を歌って言った。「あなたは、巻き物を受け取って、その封印を解くのにふさわしい方です。あなたは、ほふられて、その血により、あらゆる部族、国語、民族、国民の中から、神のために人々を贖い」 
ここでイエス・キリストは、神の代理となられた後に天の聖職者たちからたたえられています。天の聖職者たちは、イエス・キリストがこの地上の罪人を世の罪からお救いになったことをたたえました。この地上におられたとき、イエスは罪人を世の罪のすべてからお救いになるためにヨハネからバプテスマをお受けになり、十字架上で死なれ、罪の報いをご自分の血で支払われて父なる神から罪人を贖われたのです。天の聖職者たちが、神となられた方の義であるわざをたたえたのは、このためです。
 
第 10 節:「私たちの神のために、この人々を王国とし、祭司とされました。彼らは地上を治めるのです。」
父なる神の代理となられたイエス・キリストは、聖徒を神の国の民と祭司となさり、その国を支配するようになさいました。ですから、イエスは天の聖職者からすべての栄光と誉れを受けるのに、よりふさわしい方なのです。
 
第  11-12 節:「また私は見た。私は、御座と生き物と長老たちとの周りに、多くの御使いたちの声を聞いた。その数は万の幾万倍、千の幾千倍であった。彼らは大声で言った。「ほふられた子羊は、力と、富と、知恵と、勢いと、誉れと、栄光と、賛美を受けるにふさわしい方です。」
イエスはヨハネから授けられたバプテスマによって世の罪をすべて被られたために、十字架上で血を流すことがおできになりました。このために、イエスは父なる神の代理として、力と富と知恵と勢いと誉れと栄光と賛美、天のすべての生き物からの賛美を受けるにふさわしいのです。天の聖職者と御使いとに囲まれて、イエスはほまれと礼拝を受けられます。ハレルヤ! 主をたたえよ! 神の御座の回りには四つの生き物と二十四人の長老がいます。すべての魂を罪から救われた神の栄光を彼らはいつまでもたたえます。
 
第 13-14 節:「また私は、天と地と、地の下と、海の上のあらゆる造られたもの、及びその中にある生き物がこう言うのを聞いた。『御座にすわる方と、子羊とに、賛美と誉れと栄光と力が永遠にあるように。』また、四つの生き物はアーメンと言い、 長老たちはひれ伏して拝んだ。」
最後に、神の代理となられたイエス・キリストは、すべての誉れと礼拝を天の聖職者からお受けになるにふさわしい地位に上げられたのです。神がこのようにふさわしい方であられることがすばらしくありがたいことなので、天の聖職者全員がイエスに賛美と誉れと栄光とを永遠にささげます。天と地の聖徒はみな、父なる神の代理として御座に着かれた主に栄光と誉れとをささげるのです。