דרשות

主題 10: 黙示録

[第8章-2] (黙示録 第 8 章 1-13 節) 七つのラッパの災害は文字通りのものか

(黙示録 第 8 章 1-13 節)
 
黙示録第 5 章には、イエスが手にする七つの封印をほどこされた巻き物のことが記されています。これは、イエスが神の権威と力のすべてを託され、以後、神のご計画に従って世界を導かれることを示しています。黙示録第 8 章は、「子羊が第七の封印を解いたとき、天に半時間ばかり静けさがあった。それから私は、神の御前に立つ七人の御使いを見た。彼らに七つのラッパが与えられた」と始まります。イエスは巻き物の第七の封印を解かれ、やがて起こることを示されます。
第 8 章は、七つのラッパの災害が聖徒の祈りによって始まることを告げています。この章の第 6 節以降では、この世界にもたらされる七つのラッパの災害について述べます。
 
 
第一のラッパの災害
 
第一のラッパ—第 7 節: 「第一の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、血の混じった雹と火とが現われ、地上に投げられた。そして地上の三分の一が焼け、木の三分の一も焼け、青草が全部焼けてしまった。」
第一に知るべきことは、七つのラッパの災害が地上にもたらされるときに聖徒がそこにいるのかどうかという点です。
ここでは、七人の御使いが七つのラッパを鳴らします。よろしいですか、この七つの災害のうち、第六の災害まで、聖徒はこの地上にとどまるのです。また、第七のラッパが鳴るとき、聖徒は携挙され、その後に七つの鉢の災害が続くのです。
第 7 節は、最初の御使いがラッパを鳴らすと、血の混じった雹と火が地上に降り注いで大地の三分の一と森林の三分の一を焼くとしています。つまり、世界の自然の三分の一が焼かれてしまうのです。
自然界がそのように焼かれたとき、人間は生きていけるものでしょうか? 血の混じった雹と血が降り注ぎ、森林が灰となったなら、はたして人間はそのような焼き尽くされた環境の中で生きられるのでしょうか? この血の混じった雹と火の雨に住むべき所を失い、また、くすぶる森林や山々といった荒涼とした風景を目の当たりにしては、誰ひとり生き続けたいとは思わないでしょうし、また、そうしたくともできないでしょう。
みなさんも私も、この第一の災害の中で生きなければならないのです。この恐ろしい災害を迎えようとしているのだと悟ったときには、よろしいですか、すでに反キリストはこの地上に存在しているのです。そうした災害は、反キリストが世界の絶対的支配権をつかもうと台頭する前に始まるので、世界の指導者たちは災害と戦うために共同戦線を張ろうとし、ある指導者が他の七人の支配者を集め、より大きな勢力を形成します。
すると、その過程で反キリストが、ごく自然に絶対的支配者として出現するのです。反キリストは自然破壊をとどめ、破壊された世界を再建するうえですぐれた手腕を発揮するために、多くの人々はその力に感銘を受け、彼を神と思って従うようになり、徐々に、しかし確実に、彼に追随する人々が現れます。
聖書によると、最初の御使いがラッパを鳴らすと、七つのラッパの災害の最初のものがもたらされ、それによって大地の三分の一が焼かれます。聖徒も世の人々も、いずれもこの災害が訪れるときは地上に生きています。では、世界はどうなるのでしょう? 混沌が世界を覆います。廃墟、死体、負傷者がいたるところに横たわります。空気は全世界を包んだ火の海から生じた煙と有毒ガスに満ちます。大火による世界的な砂漠化により、惑星の酸素生産能力が大幅に低下した結果、大気中に酸素が不足します。第一の災害だけでも、世界を灰にし、人間の生きる意欲を奪うだけの破壊をもたらすのです。
この災害に鑑みて、人は賢い選択をしなければなりません。今、平常の世の中に生きていると、やがて来る災害や艱難を恐れるようになります。しかし、この恐れから解放され、大胆になることができるのです。世界の自然の三分の一が燃え上がり、人々がいたるところで泣き叫ぶようになるずっと前に、聖徒はすでに災害が訪れること、さらに災害が続くことを知っているのです。聖徒には希望があるので、希望に満たされるのですが、また肉の身をもつのですから、ときには恐怖に襲われます。しかし、この世界の未来を知っているのですから、希望をこの地上にではなく神の国にかけます。そうした信仰と御霊が内に宿っていることとによって、聖徒は勇気をもち勇敢であることができます。
世の人々の泣き叫ぶ声はさらに高まり、聖徒もまた、家族が罪の赦しを受けていない人々の中にいるならば、それを嘆くことでしょう。肉親の中には、罪を贖われておらず、わずかの食物のために聖徒を反キリストに売る者さえいるでしょう。その一方、どうすれば罪の赦しを受けられるのかと尋ねに来る人々もいるでしょう。そうした人々がまだ贖いを受ける機会があることは、十分にあり得ます。聖書によると、七つのラッパの災害が訪れると、世界の三分の一が死ぬことになっています。これはまた、世界の三分の二が生き残るということでもあります。世界人口の三分の一が焼け死んだとき、殉教と主の再臨の時とはそう遠くないのです。神は、天から血の混じった雹と火とを降らせるとおっしゃいました。
神が人類の上に火と雹とをもたらされるとき、人間には避けるすべがありません。科学の進歩をもってしても、降り注ぐ火と雹とから全世界を守る防御シールドを開発し、空中に設置することは不可能でしょう。たとえそうした装置を開発できたとしても、主のもたらされる災害に抗することはできないでしょう。これらの災害は、確かに現実に訪れるものであることを心に受け入れ、神の約束のみことばのすべてを心で信じて現在の生を生きなければなりません。
最近、直径四十五センチの、人間の頭ほどもある雹が中国に降ったというニュースを聞きました。落下によって加速した人間の頭大の氷の塊は驚くべき勢いで落下し、屋根を突き破り、途中にある物すべてを破壊しました。第一の災害で落下するものは、さらに強力です。中国に降った雹よりもはるかに破壊的な、地上の三分の一を焼き尽くす大火は実際に起こるのだと心で信じておかなければなりません。この信仰を心にもつのです。また、実際に災害が訪れたとき、この信仰によって行動するのです。この世界はじきに破壊されると信じるのです。そしてまた、そうした信仰をもって災害に臨み、殉教する決意を固めるのです。七つのラッパが鳴るとき、ほんとうにこの世界に七つの災害がもたらされます。これは、その災害の第一のものなのです。
 
 
神のもたらされる第二のラッパの災害
 
第二のラッパ—第 8-9 節:「第ニの御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして海の三分の一が血となった。すると、海の中にいた、いのちのあるものの三分の一が死に、船の三分の一も打ちこわされた。」
聖徒もまたこの第二の災害の中で生きるということに注意しましょう。
ここでは、火の燃えている大きな山のようなものが海に投げ込まれ、海の三分の一が血となり、海の生物の三分の一が死ぬとしています。終わりの時が来ると、宇宙のを支配する法則が崩れ、星々の配列は乱れ、互いに衝突して壊れ、そこから多くの彗星が地球に向かって衝突コースを飛来します。それらの彗星のいくつかは大気を通り抜け、膨大なエネルギーをもって海に落ち、海の三分の一を血に変え、海の生物の三分の一を殺し、船の三分の一を破壊します。これが七つのラッパの災害のうちの第二のものなのです。
では、これが起こったとき、人類は海の魚を食べたり、ましてその中で泳いだりできるものでしょうか? もはやどちらも不可能でしょう。大きな山のような隕石が海に落ちると、海の三分の一は血に変わり、その生き物の三分の一は殺されて海をその死骸で腐らせ、津波と地震とが、船を破壊するばかりではなく、大勢の人々を殺すでしょう。
隕石が海に落ちて地球規模の大津波を起こす映画を見たことがあります。映画のプロデューサーは、その映画を作ったとき、終わりの時の様を心にはっきりと描いていたはずです。その大災害がほんとうに地球を襲うことは、不信者でさえ容易に見てとれる事実です。落下する隕石の災害によって無数の人々が殺されます。しかし、世界の三分の一だけが破壊されるので、みなさんや私は七つの鉢の災害が注がれるまでこの地上で生き続けます。
人々はかつて、携挙は大艱難が終わった後で起こると考えていました。しかし、大艱難前携挙説が現われると、多くの神学者は代わりに艱難前携挙を信じるようになります。さらに悪いことには、千年王国を否定する千年王国否定説が現在では現れています。神学者たちは黙示のみことば全体と取り組むことができず、みことばのすべてから逃れようとばかりしているのです。訪れる災害によってこの地上に希望を失う人々は、主の約束なさった千年王国と新たな天と地にだけ希望をかけてその状況に耐える新たに生まれた聖徒たちとは、実に対照的です。
終わりの時が迫っているのですから信仰を備えておかなければならないのですが、多くの人々はそうはせずに、大艱難前携挙や千年王国否定説について語ることを好み、真の信仰に向かうことを拒んでいるのです。彼らは日常の生活活動をしているときにイエスが雲の中を再臨されると信じているために、また、自分たちは災害を一つも経験することなく直接神の御国に携挙されると信じているために、信仰を大艱難のために備えることを全くしていません。
ちょっと見には、大艱難に備えずにくつろいでいる人々は、いかにも大胆に見えます。新たに生まれていない罪人が大艱難を前にしてそのように大胆であるのは、魂がすでににせ預言者の嘘に酔い、死に、もはや霊的欲求が全く残っていないためなのです。同じ理由で、つまり、魂がすでに死んでいるために、人々は水と御霊によって新たに生まれて神の国に入ることを可能にする (ヨハネ 3:5) 水と御霊の福音に耳を傾けるどころか、拒みさえするのです。
しかし、新たに生まれた者は、現在の生活がどんなに快適であろうと、終わりの時の艱難に信仰を備えなければなりません。大艱難の間にできるだけ多くの魂を救うことができるよう、神に忠実であろうとする人々に福音を説く欲求をもち続け、前もって将来に備えるのです。
迫り来る大艱難の訪れを無視することは、きわめて愚かなことです。そうしたことをする人々は、朝鮮戦争のときに起こったように、災害の前に無力です。朝鮮戦争が起こる前、合衆国は北朝鮮軍の大規模な動きを察知して韓国に突然の侵略を警告しました。しかし、韓国政府と軍隊は警告を完全に無視し、軍隊を休暇に出しさえして、侵略のその日に前線の士官に週末を楽しませていたのです。
北朝鮮軍が侵攻するとの情報が与えられていたにもかかわらず戦争に備えていたなかったため、彼らは北の攻撃を斥けることができず、あっという間に南端の最後の防衛線にまで押し戻されてしまったのです。韓国側が急いで兵士たちを休暇から呼び戻し、軍を戦闘配置につけようとしたときには、前線はすでに突破され、たいへんな犠牲を出しながら後退し続けるしかありませんでした。
終わりの時について告げられた神のみことばを信じなければ、同様の災難に見舞われるです。しかし、心から信じるのなら、そうした災いを免れることができます。黙示録は大艱難中の避難場所について述べていますが、正確な位置については語っていません。それでも、聖徒は避難場所で保護され養われるとしています。この避難場所とは、教会にほかなりません。この世界のどこに避難所があるのでしょう? イスラエルに逃げれば生き残ることができると言う人々がいます。しかし、実際のところ、イスラエルではより激しい艱難に見舞われることになるのです。反キリストその人がイスラエルに本拠を置くのですから、災害はそこではいっそう激しいはずです。
艱難についてのみことばは、今は現実味がないように思われるでしょうが、それでも覚えておいて、将来に備えなければなりません。心でこれを信じ、その信仰をもって、すでに大艱難の中を生きているかのように福音を人々に宣べ伝えるのです。水と御霊の福音を宣べ伝えることによって人々の心を備え、避難所に導くのです。神が聖徒を教会にとどめられるのは、人々にやがて来ることについて説き、終わりの時のために信仰を用意する助けとなるためなのです。
私たちが現在のような、つまり、水と御霊の福音を全力で宣べ広めるという活動をしているのは、このためです。現在黙示のみことばを説いているのは、自らを誇るためではありません。これが信者にも不信者にも、今の時代にあってぜひとも必要となみことばであるためなのです。今からこの信仰を備えてはじめて、艱難と災厄がふりかかったときに揺るがない心をもつことができるのです。
もちろん、神は特別な加護をお与えくださいますが、恐ろしい厳しく困難な世界に生きているのですから、終わりの時に何が起こるかを知って艱難を乗り越える信仰を備えるならば、福音をより広く伝えることができるのです。また、神の御国により大きな確信をもって希望をかけるのですから、世の流れにさらわれたり信仰を売るようなことは決してなく、かえってより多くの信仰のわざを行なうのです。黙示のみことばを説き、信仰の数々のわざに仕えるのは、このためです。
 
 
第三のラッパの災害
 
第三のラッパ—第 10-11 節:「第三の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が天から落ちてきて、川々の三分の一とその水源に落ちた。この星の名は苦よもぎとよばれ、川の水の三分の一は苦よもぎのようになった。水が苦くなったので、その水のために多くの人が死んだ。」
聖徒はこの第三の災害の中をも生きます。第二のラッパの災害は海にもたらされましたが、第三のラッパは、こんどは川とその水源に災害をもたらします。天から落ちる巨大な星とは、彗星のことです。隕石の落ちた川とその水源は苦よもぎとなって、苦くなります。かつて、人々は苦よもぎを挽き、その汁を薬として用いましたが、想像もつかないほど苦いものでした。聖書は、この苦よもぎが世界中の水源に広がると、多くの人々がそれを飲んで死ぬとしています。
世界の淡水の三分の一が苦よもぎとなるので、多くの人々はそのために死にますが、主はこの災害の間ずっと、ご自分の民を守られます。大量死の原因として考えられることは、飲料水を媒介とした病気です。隕石の落下が引き金となって、水にある種の生化学的変化が起こるのです。つまり、人々はただ水が苦くなったためにではなく、他の何かのせいで死ぬのです。聖徒は、こうしたことすべては事実であり、将来必ず起こることであると知り信じます。
 
 
第四のラッパの災害
 
第四のラッパ—第 12 節:「第四の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、太陽の三分の一と、月の三分の一とが打たれたので、三分の一は暗くなり、昼の三分の一は光を失い、また夜も同じであった。」
よろしいですか、この第四の災害の間、まだ聖徒はこの地上に生きているのですよ。
昼の三分の一が暗くなると、日照時間は平均七、八時間から約四時間に減ります。月と星々もまた光の三分の一を失いますから、全世界は暗くなります。つまり、昼日中であるはずのときに闇が突然おりるのです。映画 Rapture (携挙) は大艱難前携挙説に従っていますが、その中で、昼日中に全世界が暗くなり、人々は悲鳴を上げ、恐慌状態に陥ります。考えてもみてください。午前十一時のはずなのに、いきなり太陽が消え、もう光が全くなくなります。みなさんもまた、死の天使が訪れたような恐怖に襲われるでしょう。
そのような恐ろしい時に生きなければならないことは確かですが、恐れることはありません。神はより以上に守り、恵んでくださいます。そのときまでには信仰がとても強くなっているでしょうから、神は祈りに応え、祈ったとたんにみわざをなさるでしょう。神は世の終わりまで常にともにあると約束なさったのですから、終わりの時の大艱難の中で聖徒を放っておくようなことはなさいません。神が常にともにおられることには、全く疑問がありません。ですから、神がそのようにともにおられるので、聖徒は神がお守りくださり生き残るようにしてくださると信じ、この信仰を他の人々に広めて信仰を備えるようにさせるのです。
 
 
やがて起こる、さらに三つの災害
 
第13節には、「また私は見た。一羽のわしが中天を飛びながら、大声で言うのを聞いた。『わざわいが来る。わざわいが、わざわいが来る。地に住む人々に、あと三人の御使いがラッパを吹き鳴らそうとしている』」とあります。
御使いがさらに三度災いを叫ぶと、この地上にさらに三つの災害が続きます。つまり、七つのラッパの災害のうち、三つの災害がまだ残っているのです。よろしいですか、第七のラッパによって、聖徒の携挙が実現するのです。初めの六つのラッパの災害がすべて終わり、第七の御使いがラッパを鳴らすと、聖徒はただちに復活され、携挙されます。聖徒がみな携挙されて空中で主にお会いすると、七つの鉢の災害が地上に注がれます。
よろしいですか、この地球はじきに七つのラッパと七つの鉢の災害の始まりを迎えるのです。後者は神のみこころに従って、第七のラッパの災害とともに注がれます。そうしたことを心のすべてで信じ、災害のすべてを耐え忍べるほど強くなるように信仰を培わなければなりません。終わりの時について事前に知ることなく信じるならば、その人たちは大艱難が実際に起こったときに激しい衝撃を受け、棄教してしまうこともあり得ます。
ですから、終わりの時に勝利するためには、こうしたことへの信仰に終わりの時についての正確な知識が伴っていなければならないのです。今は終わりの時がごく近くまで迫っているのですから、教会をないがしろにしたり、あまりに離れたりすることは絶対にあってはなりません。聖徒の心はすべて教会に結ばれ、何が起ころうと、教会で説かれたとおりに神のみことばを信じ、生ける信仰によって互いに支え合うことが必要です。
災害が訪れたとき、家族や親類・友人の中にさえいる救われていない人々の中には、聖徒を捕えようとする人々がいるでしょう。平常のときでさえ、親類、兄弟、両親が誰であるかと尋ねられたとき、主は、父なる神のみこころに従う者だけが家族、両親、兄弟であるとおっしゃいした。艱難の世になると、新たに生まれた者は、誰が真の兄弟・姉妹・家族であるかをより明らかに知ることになるでしょう。聖徒はこの信仰によって今互いに理解し、助け合っています。また、神はすでにみなさんや私を等しくすべての災害から救ってくださっているのですから、神は私たちを見守り、災害から守り、子どもとして教会で養ってくださるでしょう。この信仰が堅く根付いていなければなりません。
終わりの時に聖徒を反キリストに売り渡す人々が血を分けた家族の中から出ることは、十分に考えられます。ですから、家族や親類であっても、水と御霊によって新たに生まれていないならば、はじめから他人とみなすだけの強い信仰をもっていなければならないのです。つまり、彼らはほんとうの他人よりはるかにひどいことをするかもしれないのです。血を分けた家族であろうと、関係ありません。救われていないのなら、家族であっても敵であると考えるべきです。この問題については、神のみことばからしばしば聞いたことに心を開き、真理として信じるのです。
神が硫黄と火を雨と降らせてソドムとゴモラを火の海に変えられたように、神はまた、終わりの時には罪人の上にそのような災害をもたらされるのです。神がソドムとゴモラを破壊なさったことは、考古学的発見によって証明された事実です。
最近、地球と小惑星との衝突による人類の破滅をテーマとする映画が数多く作られています。そうした映画は、地球に訪れる終末の災害を記した聖書のみことばに基づいて製作されています。隕石が地球に落ちる確率は、実際極めて高く、この世界にそうした災害が起こることは十分あり得ることなのです。
そのよい例が、恐竜の化石に見られる古生物学的証拠です。それによると、地球は古代に何らかの大変動を経ているのです。絶滅した生物がかつて存在したことが化石によって明らかになっています。科学者の中には、恐竜を含む古代の生物の絶滅は、地球と小惑星との激しい衝突によって説明されると語る人々がいます。ですから、黙示録第 8 章に記された隕石による災害がこの世界に起こる可能性は十分にあるのです。
 
 
そう遠くない未来に
 
そうした災害は、そう遠くない未来にこの地上に起こるのです。科学者の中には、すでに人間のクローニングを試みている人々がいますが、これは神に対する最も恐ろしい挑戦でしょう。ですから、神がこの時代にこうした災害をもたらされるだけの用意がすでにできているのです。人類は科学力に頼って神のことを忘れてはなりません。
人類は今、科学知識によって世界の災害のすべてに対応しようとしています。しかし、どんな科学的発見によっても神の災害を妨げることはできません。かつて人類が経験したどの災害よりもはるかに大規模なものだからです。今日の人工の科学的進歩をみると、人類が神のようになろうとしてその権威に挑戦していることが見てとれます。しかし、どんなに科学が進歩しようと、誰ひとり神のもたらされる災害を止めることはできません。そうした災害のすべては、ほかならぬ人類が自らその上に招いたものです。
神のもたらされる災害を免れる唯一の道は、水と御霊の福音による救済の真理を見出し、それを信じて主の腕の中に避難することです。恐ろしい神の裁きを避ける唯一の道は、水と御霊の福音への信仰であると知り信じて、災害を免れなさい。
すべての恵みと呪いとは、神の御手の中にあります。神がこの地球を保とうとお決めになれば、地球は存続します。そうでなければ、破壊されるだけです。こうした時代に生きていて、神のみことばをより純粋に信じ従い、より以上に神を恐れるならば、神はやがて来る恐ろしい災害から保護する水と御霊の福音へと導いてくださるでしょう。
たった今も、大勢の人々が世界中で地震や台風・病気で死に、恐怖に震えています。また、いたるところで戦いのやむことがなく、国と国、地域と地域が争っています。ですから、反キリストが近い将来現われてそうした混沌とした状態の緊急を要する問題を解決すると、多くの人々が彼に従います。すると、時を同じくして最も恐ろしい災害がこの地上に起こり、ついには、この世界は神のもたらされる災害によって完全に破壊されるのです。
神は新たな天と地を創られ、それを罪から救われた者たちにお与えになります。神が新たな天と地とを創られるのは、水と御霊の福音を信じて新たに生まれた者たちにお与えになるためです。じきに、神は最初の世界を破壊なさり、第二の世界を開かれます。古代の恐竜が絶滅したように、近代科学文明のこの世界も消え、聖徒はその目で神のもたらされる新たな世界の始まりを見ることになります。
ですから、今どのように生きるべきかを考えましょう。この節に記されているとおりに災害がすべて訪れると信じ、残りの生涯を神の義のために生き、信仰をもって次の世界のために備えるのです。黙示録の預言のみことばについてよく知っておきましょう。このようにお話しするのは、その時が訪れたとき、みなさんの学ばれた知識のすべてが信仰に大いに役立つはずだからです。
地球と衝突する可能性のある天体は、火星と木星の間に散らばる小惑星から周期の不明な無数の彗星まで含めて、地球近傍小天体 (NEO) と呼ばれています。NASAはかつて、太陽系だけで 893 の既知の NEO を公表してます。これらのNEOのどれひとつでも地球と衝突したなら、それによってもたらされる破壊は想像を絶するものでしょう。破壊的な衝撃は、おそらく何千もの核爆弾を合わせたより大きいでしょう。
それがこの世界に起こると考えてごらんなさい。世界の森林や水、船は当然破壊されます。ですから、すべての人類は水と御霊の福音を信じ、永遠のいのちに備えて生きるべきなのです。
主は、自然災害がこの地球に起こるとき、太陽と月と星々は光の三分の一を失うとおっしゃいました。しかし、これを知る人はほとんどなく、信じる人はさらに少ないのです。ですから、ごく少数の人々が水と御霊の福音を信じてその真理を説いています。
心を目覚めさせましょう。これらの災害は、ほんとうに起こるのです。どのような信仰と決意とをもって残りの生を生きるべきかを見出さなければなりません。みなさんと私は、今日の時代が大艱難からほんのわずかに時を隔てているだけであることを認識し、心にみじんも疑いをもつことなく、残りの生を忠実に生きなければなりません。
今この大艱難の予言のみことばを信じて生きなければ、心はうつろになり、目的は失われ、生活の煩瑣なことに妨げられることでしょう。そうなってはいけません。同時に、この世を離れることが絶対ないかのように、この世界にあまり希望をかけて生きないことです。科学的知識をいささかでももっている人々は、この世界に全く希望がないことを知っています。神は確実にこの世界を滅ぼされるのです。
神はイエスの新たな御国を創られ、義人をそこに住まわせられます。そして、水と御霊の福音を信じる人々がご自分とともに永遠に生きるようになさるのです。
神の前で自分なりの意思や考えを捨て去り、神の予言のみことばを謙虚に受け入れ、信じるのです。水と御霊の福音を宣べ広め、やがて再臨なさった主にお会いするのです。この神のみわざのために生きましょう。主がこの地上に戻られるとき、聖徒は新たないのちを受け、体は神のそれのように変化し、新たな世界ですべて神がお告げになったように生きるのです。
主の再臨の厳密な日時はわかりません。しかし、世界の徴候を見ると、神のみことばに記された災害のすべてはすぐそこまで来ていることがわかります。ですから、これらのことをすべて預言なさり、救済への道を示された神を信じるのです。