説教集

主題 10: 黙示録

[第17章-2] (黙示録 17:1-18) みこころに集中する

(黙示録 17:1-18)
 
黙示録第17章1-5は、次のように記されています。「また、七つの鉢を持つ御使いのひとりが来て、私に話して、こう言った。『ここに来なさい。大水の上にすわっている大淫婦へのさばきを見せましょう。地の王たちは、この女と不品行を行ない、地に住む人々も、この女の不品行のぶどう酒に酔ったのです。』 それから、御使いは、御霊に感じた私を荒野に連れて行った。すると私は、ひとりの女が緋色の獣に乗っているのを見た。その獣は神をけがす名で満ちており、七つの頭と十本の角を持っていた。この女は紫と緋の衣を着ていて、金と宝石と真珠とで身を飾り、憎むべきものや自分の不品行の汚れでいっぱいになった金の杯を手に持っていた。その額には、意味の秘められた名が書かれていた。すなわち、『すべての淫婦と地の憎むべきものとの母、大バビロン』という名であった。」
上の部分に登場する「淫婦」とは、この世界の宗教のことであり、ここから、それが世の物事と主のお与えくださった物質的豊かさとでほしいままに贅を尽くしたことが示されています。彼らは金のネックレスやダイヤのイヤリング等の贅沢な装飾品で身を飾り、あらゆる種類の香油を用いました。この部分では、淫婦の手には金の杯があり、それは憎むべきものや自分の不品行の汚れで満たされていたとされています。これが、神がヨハネにお見せになったものです。
この部分から、サタンが人々の魂の中でたくらみをし、世の物事に酔わせて自分に屈服させようとしていることがわかります。世界の王もまた、サタンによって世の物事に酔わされています。ですから、この地上の誰もが世の不品行のぶどう酒を飲まされているのです。
人々がこの世の波、快楽と物質的欲望に酔ったとき、サタンは目標を達成するのです。実のところ、彼の目標は人々が神を仰ぐことを妨げることにありました。そのためにサタンは、人々の魂を世の物質的な物事に酔わせたのです。このことを心しておきましょう。
この世界には、物質的な罠にはまらない人は誰ひとりいません。誰もが物質主義に陥ります。この世界の流行はみな、サタンによって操作され、導かれています。誰もが、自分には個性的なスタイルがあると思っています。しかし、その陰には操作者がおり、その操作者とは、サタンにほかなりません。物質主義に浸って生きることなく、みことばを摂取して神のわざを行なって生きなければならないのは、このためなのです。
神が使徒ヨハネを通して明かされた黙示のみことばは、真理です。では、このみことばによって、神は何をおっしゃろうとしているのでしょう。主は、人はこの世のことにおぼれることなく、それに敵対しなければならないとおっしゃっているのです。つまり、私たち聖徒に、心で神のことを考え信じるようにとおっしゃっているのです。
ヨハネの手紙第一第 2 章 15 節には、「世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません」とあります。人間の心が世の物質的なものを愛するなら、神は人の心に住むことができません。しかし、心が世の物事を投げ捨てるなら、神が心に宿られます。世の物質的な物事に浸りきって生きてはなりません。主のみことばと主の目的にのみ心をいたしてはじめて、主の導きに従うことができるのです。
考えを変えることは、いつでもできます。世の物事が心に入り込もうとした時には、必ず拒絶するのです。そうすると、世の汚らわしい物事を心から締め出すことができ、そこで、主の御心に心を合わせることができるのです。主は聖徒に何を求められるでしょう? そして、何をせよとおっしゃるでしょう? そうした聖い考えが心に生じるためには、心から世俗的な事柄を消し去る必要があります。
神は実に多くの恵みをくださいました。ですから、聖徒は残された日々を通して、水と御霊の福音を全世界の人々に宣べ伝えなければならないのです。そのためには、防御を緩めることなく、みこころに集中するのです。霊的わざのことを考えれば、心の中にある世の物事を閉め出すことができます。
私たち聖徒は、世の物事を払いのけます。主が再臨されるまで、信仰をもってキリスト教徒としての生活を送るのです。残りの生涯を、主の御前に立つ時まで、主から託されたことを行なって生きるのです。主を愛し、主がそうせよとおっしゃる仕事は何でもし、信仰をもって生きるのです。